Skip to main content

Japan

カロリーで選ぶ/コンビニで調達するおすすめ夜食

丸の内とら 氏

2016年04月01日更新

イメージ世界的な不景気により残業は相対的に減少傾向にありますが、そんな世間の事情を横目に、なかなか残業が減らないのが情報システム部。そんな情シス部員の楽しみといえば、残業の合間にとるちょっとした夜食……いわゆる「残業飯」。しかし、なにぶん遅い時間に食べるものだけに、美容や健康への影響も気になるところです。そこでこの記事では、コンビニで手軽に調達できるおすすめの夜食をカロリー別にご紹介します。

ちょっと口さみしいときに:100~200kcalで満足度◎の夜食

おにぎり:160~180kcal

まずは定番のおにぎり。片手で手軽に食べられるため、仕事をしながらでも簡単にとることができます。コンパクトな外見の割に、「食べた!」という満足感がある優秀な夜食です。白米は血糖値をゆるやかに上昇させる働きがあるため、満足感が長続きするというメリットもあります。
カロリーが低いのはおかかや昆布で、平均160kcal台。逆に高いのがツナマヨネーズや鮭マヨネーズ、焼肉系で、こちらは200kcalを超えるものも。カロリーを抑えたいなら、油っぽい具は避けてサッパリ系を選びましょう。

ヨーグルト:100~120kcal

ヘルシーな食品の代表格ヨーグルトは、乳酸菌やカルシウムなどが豊富に含まれ、ダイエットフードとしても人気の高い食品です。カロリーは、砂糖やジャム、フルーツなどが入ったカップ入りのタイプで、平均70~100kcal。最近流行りのギリシャ風ヨーグルトのような食べ味のしっかりしたものを選ぶと満足感が得られます。

栄養機能食品:150~200kcal

夜食の王道といえばバータイプの栄養機能食品。1パックあたり150~200kcalと低めのカロリーで、それなりに満足度があり、小腹が空いたときに重宝します。栄養バランスにもすぐれているので、手軽にきちんと栄養補給したいときにぴったり。

残業1~2時間コースに:200~400kcalで小腹を満たせ!

サンドイッチ:300~400kcal

「きちんと食べた」感を重視するなら、サンドイッチがお勧め。マヨネーズが塗られているためボリュームを感じさせますが、意外にカロリーは低めです。
シンプルなハムサンドで250kcal前後、ボリュームたっぷりのたまごサンドでも300kcal前後。野菜中心の具をチョイスすれば、バターやクリームたっぷりの甘い菓子パンよりもずっと低カロリーです。

スナック菓子:350~400kcal

健康に良くないとわかっていてもつい手が出てしまう、ポテトチップスや煎餅などのスナック菓子。ちょっとずつつまみながら長時間楽しめて、なんとなく口さみしいときの強い味方ですね。ポテトチップスは一般的なサイズで、1袋おおむね350~400kcalというところ。あられや煎餅は比較的カロリーが低めですが、油で揚げたものも多く出回っているので注意が必要です。

スナック菓子は高カロリーで脂肪や塩分も多く、その割に栄養価は低め。気分転換には重宝しますが、食べ過ぎには注意しましょう。

遅くまで頑張りたいときに:夕飯代わりに500kcal以上でがっつり

お弁当:500~800kcal

夕飯代わりにがっつり食べるなら、やはりお弁当です。最近のコンビニ弁当はいろいろと工夫が凝らされていて、購入時にも目移りしてしまいますね。
お弁当のカロリーは、おかずやご飯の量によってまちまち。女性向けの小ぶりでヘルシーなものは300kcal台からありますが、揚げ物やお肉中心のものだと1000kcalに届く場合も。

夕飯代わりとはいうものの、度を越して食べ過ぎれば胃もたれや眠気の懸念も生じます。お腹の空き具合と相談しつつ、適度な分量に抑えましょう。

カップ麺:500~700kcal

ラーメンや焼きそばなどのカップ麺は、手軽に食べられて満足度大。ただし、焼きそば類はオフィス内にニオイが充満しますので、ほかにも残業者がいる場合は配慮が必要です。

カロリーは製品によりまちまちですが、平均値は600kcal前後というところ。脂こってり系のラーメンや焼きそばは、大盛りのものだと700kcalを超えるものもあるようです。ラーメンのスープは脂肪分が多いので、すべて飲み干すのはお勧めできません。

夜食をとるなら早めの時間

以上、コンビニで買える夜食をカロリー別にご紹介しました。
残業時はとかくお腹が空くものですが、一般に、美容と健康のためには就寝前3時間は飲食を控えた方が良いといわれています。また、最近の研究によれば、体内に脂肪をため込む酵素を増やす働きをする「BMAL1(ビーマルワン)」というたんぱく質は、午後10時~午前2時の間にもっとも増えるのだとか(※)。つまり、この時間帯に飲食すると体に脂肪がつきやすいと考えられます。

夜食を食べるならできるだけ早い時間帯に。そして、くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

※ハイテク・リサーチ・センター整備事業インタビュー | 日本大学薬学部

著者プロフィール

丸の内とら氏

丸の内とら 氏

フリーライター歴20年。IT関連を中心に執筆活動を展開し、20冊を超える著書を出版。
ソフトウェアハウス、独立系SIerを経て、現在はIT系サービス企業の経営戦略部に所属。
マーケティング、プロダクトマネジメント、開発などに幅広く関与しています。
システム開発は上流から下流までほぼ一通り経験しましたが、もっとも得意とするのは品質検証。
「三度の飯よりテストが好き!」で、独学でJSTQBを取得した変わりものでもあります。

関連情報

参考リンク

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。