GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata>
  3. 第15回 有事に威力を発揮する!転ばぬ先のBCM

第15回 有事に威力を発揮する!転ばぬ先のBCM

ものづくり最新動向

丸の内とら 氏

2017年03月03日更新

イメージ 東日本大震災、熊本地震など相次ぐ震災の発生を受け、企業における災害対策の重要性が改めて見直されています。

災害の発生に際して被害を最小限にとどめるとともに、一日も早く事業の復旧を図れるようあらかじめ対策を立てておくことは、長期に渡って企業を存続させていくうえで、非常に重要な姿勢だといえるでしょう。この記事では、災害対策の見直しに伴って昨今広く注目を集めている「BCM」について解説します。

有事のリスク低減に効果!BCMとは?

BCMは「Business Continuity Management」の頭文字を並べたもので、日本語では「事業継続管理」と呼ばれています。いわゆるリスクマネジメントの一種であり、災害発生時などに被害を最小限にとどめ、企業が事業を継続させていくために種々の活動をマネジメントするのがBCMの役割だといえるでしょう。

ちなみに、BCMというのは管理するプロセスを指して使われる用語です。事業継続管理の取り組みを行う際にはまずBCP(Business Continuity Planning/事業継続計画)を作成し、この計画に基づいてBCMの運用を行います。また、BCMの検証や改善を組織的に実施するための体制を構築していく活動、およびそのプロセス・システムは、BCMS(Business Continuity Management/事業継続管理システム)と呼ばれます。

BCM導入に向けた取り組みのプロセス

BCM導入にあたってはさまざまな作業を行う必要がありますが、大まかには次のようなプロセスを経て進められます。

①リスク分析

はじめに、自社のビジネスを継続する上で意識すべきリスクと、実際にそのリスクが発生した場合にどの業務に影響が出るかといった事項について分析し、その結果をもとにリスクシナリオを策定します。

②ビジネス影響分析

次に、想定したリスクが現実のものとなって現実に業務が停止してしまった場合に、自社のビジネスにどのようなインパクトがあるのか、停止した業務を復旧するためにどのようなリソースがどの程度必要で、どんな手順に従ってどのくらいの期間で復旧することができるのかを、各部門担当者へのヒアリング結果などをもとに分析します。

③戦略の策定

前述の①のリスク分析、②のビジネス影響分析の結果がまとまったところで、BCM戦略を策定します。BCM戦略の策定では、どのような要素をどのような方針で管理していくかを明らかにします。ここで作成されたBCM戦略が、実際の運用に指針となるBCP策定の土台となります。

製造業における災害対策の2本柱

BCMを策定することで災害等の有事に備えることができますが、製造業においては自社におけるBCM策定の取り組みとあわせて、社外リソースに関するリスクマネジメントを行うことも重要となります。というのも、ご存じのとおり製造業のビジネスは、自社単体で成り立つものではないためです。製造業のビジネスは材料の供給元(サプライヤー)、製造機器のメンテナンス業者、倉庫や配送など、多くの協業パートナーとの連携によって動いています。こうした社外の協業パートナーとのサプライチェーンをいかに迅速に復旧させ、業務の再開につなげるのかをあらかじめ明確にしたうえで、BCMと合わせて管理していく必要があります。この対策は、SCM(Supply Chain Management/サプライチェーン・マネジメント)の一環として行われます。

本稿ではサプライチェーンの管理については割愛させていただきますが、両者を共に視野に入れて対策に取り組んでいくことが重要です。

BCMの導入は有事の命運を分ける

以上、BCMの基本概念と導入のためのプロセス、および製造業における災害対策の二本柱について解説しました。多数の設備を利用し、原料や製品などの現物を多く保有する製造業にとって、BCMへの取り組みはまさに命綱ともなりうるものです。東海大地震の発生が懸念される今、一日も早くBCM導入への検討に着手することをお勧めします。

著者プロフィール

丸の内とら氏

丸の内とら 氏

フリーライター歴20年。IT関連を中心に執筆活動を展開し、20冊を超える著書を出版。
ソフトウェアハウス、独立系SIerを経て、現在はIT系サービス企業の経営戦略部に所属。
マーケティング、プロダクトマネジメント、開発などに幅広く関与しています。
システム開発は上流から下流までほぼ一通り経験しましたが、もっとも得意とするのは品質検証。
「三度の飯よりテストが好き!」で、独学でJSTQBを取得した変わりものでもあります。

関連情報

参考リンク

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。