Skip to main content

Japan

名刺管理はクラウドで!売り上げにつなげるコツ紹介

マケナ雅美 氏

2017年09月20日更新

イメージ 外出先で「S社のAさんに聞きたい情報が……」と思ったとき、あなたはすぐにその人の情報にたどり着くことができますか? その瞬間にさっとスマホでコンタクトに必要な情報へたどり着けるのか、それとも会社に一旦戻って机の中に保管してある名刺ファイルから情報を引き出す必要があるのか。そんな差が、実は売り上げの明暗を分けているかもしれません。今回はクラウドを活用した名刺管理で周りに差をつける情報を紹介します。

どうしてクラウドがオススメなの?

インターネットを介して手元の情報をサーバーに移し、他の端末や場所からでもその情報にアクセスできるようになるのがクラウドのメリット。従来は情報が保存された媒体がなければアクセスすることのできなかった情報に、スマホやタブレットさえあればいつでもどこでもアクセスできるようになります。

このクラウドの効果が期待できる分野のひとつが「名刺管理」です。名刺を交換し、その人と別れたらすぐにクラウド型の名刺管理アプリにその情報を取り込んでおけば、そのあとは実際の名刺が手元になくても必要なときにその人に関する情報を素早く得ることが可能になります。もちろん通常の名刺管理アプリでも情報の取り込みは可能ですが、クラウド型の名刺管理アプリを使うことでより幅広いアクセスを得ることができるようになります。

情報共有でさらにリード

企業が売り上げを伸ばすための大切なポイントのひとつに、企業内での効率良い情報シェアが挙げられます。各社員が集めてきたさまざまな企業や役職の人々の名刺を、企業の財産として一つの場所に集結させることで、マーケティングやセールスを実施していくうえでのさまざまなメリットを生み出します。

社員たちが名刺交換を行ったすべての人々の名刺情報を社内全体で共有することで、例えば部署や勤務地が重ならないために普段は直接出会うことがない人の情報にもアクセスが可能になります。また、一つの企業に対してより多くの名刺を集めることができれば、その企業内部の部門構成や、セールスをかけるべき人物の割り出し、決定権を持つ人はだれかの把握などが行いやすくなります。そうすることで無駄の少ないマーケティングやセールスが実施でき、それを売り上げの向上や企業の成長につなげることができます。

メモ機能をフル活用

名刺管理から得られるメリットを増やす方法としてぜひ取り入れたいのが、メモ機能を備えた名刺管理アプリを選ぶということです。はじめて名刺交換をした日にはその人の特徴を、また、商談や会議を重ねていくごとに、話の中で発見したちょっとしたこと(食べ物の好みや趣味など)があればそれらの情報を追加していくと、次に会うときに話のネタを準備できたり、同じことを再び聞いてしまって相手に不快感を与えてしまったりするハプニングを減らすことができます。

また、会合終了後はメモ機能に「最後に連絡を取ったのは何月何日か」という情報を入力する習慣をつけておくことで、空き時間に「最近あいさつをしていない顧客はいないか」「話が宙ぶらりんのまま放置してしまっている顧客がいないか」などを簡単にチェックできるようになります。クラウドで管理を行っておけば、いつでもどこでも情報の追加や内容確認ができるので、メモ機能のメリットがさらに大きくなります。

こまめな名刺管理で、売り上げの向上を

名刺は、仕事を覚え、出会った人々と交換する機会が増えれば増えるほど、その管理が大切になります。ほんの少し管理を怠るだけでも、せっかく手に入れた大切な情報源を無駄にしてしまうかもしれません。個人での管理はもちろん、企業として最も効率の高い管理法や活用法を見つけ出して、それを売り上げの向上につなげていける管理法をしっかりと編み出して行きましょう。

著者プロフィール

マケナ雅美氏

マケナ雅美 氏

Texas A&M University、経済学部卒。福岡出身、現テキサス在住。大卒後、化粧品や医薬品の臨床試験を行う米国の会社のアジア部門にて、翻訳・通訳業務、日本やヨーロッパの顧客へのマーケティング業務を主に新しい分野で働く楽しみを覚える。経済のみでなく、テクノロジー、スポーツ、料理、アンティークなど幅広い興味を持つ。

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。