GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. コラム >
  4. 第01回 日本発の技術でサイバー攻撃から守る!

第01回 日本発の技術でサイバー攻撃から守る!

サイバーセキュリティの勘所

株式会社FFRI

2016年04月05日更新

株式会社FFRI ここ数年サイバー攻撃に関する報道が非常に増えています。
日々高度・巧妙化しているサイバー攻撃の実態やどんな対策があるのかなど、今後の連載でお伝えしていきたいと思います。

本題に入る前に今回は私の所属する会社に関してお伝えしたいと思います。

社名は「株式会社FFRI」と言います。日本の企業としては珍しいサイバーセキュリティに特化した会社です。
日本はこれまでサイバーセキュリティ分野の基礎技術やコア技術、製品やサービスのほとんどを北米企業に握られているのが現状でした。
そこで、日本の技術で日本をサイバー脅威から守るために設立されたのが「株式会社FFRI」です。

「株式会社FFRI」は、海外の技術を日本国内で流用・展開するのでは無く、基礎的な研究から取り組み、その成果を国際的なセキュリティカンファレンス等で発表するような取り込みも行っています。(注1)
研究の成果は特許を取得したり、製品やサービスに活用されたりしています。(注2)

法人向けのエンドポイント型セキュリティ製品である「FFR yarai」はミック経済研究所調べ(注3)によるエンドポイント型標的型攻撃対策分野における出荷金額においてNo.1を獲得しております。

また、これまで法人向けのサイバーセキュリティ対策の製品やサービスを提供してきましたが、2015年には個人向けの製品をリリースしています。(注4)

サイバーセキュリティの分野で上記でご紹介をしたような取り組みを行っている日本企業があるという事をこの連載を通じてご認識いただければ幸いです。

冒頭にも述べましたが、昨今サイバー攻撃に関する報道が増えています。それも攻撃を受けて情報漏えい等の具体的な被害が発生しています。
被害を受けた企業や団体はセキュリティ対策を怠っていたのでしょうか?ある意味ではそういう指摘を受けてしまう側面もあるかと思いますが、むしろ一定レベルのつまりは従来常識とされてきたようなセキュリティ対策は講じていたケースが多いようです。
ではなぜサイバー攻撃を受けて被害が発生してしまっているのか、次回からその辺りをもう少し掘り下げていきたいと思います。

(注1)
株式会社FFRI プレスリリース 2015/11/10
FFRI代表・鵜飼が韓国発・セキュリティ国際会議「POC2015」で研究発表Open a new window

株式会社FFRI プレスリリース 2015/09/08
FFRIのエンジニアが情報セキュリティ国際会議 「CODE BLUE」で研究発表 ~攻撃リスクが高まるiOS端末に今後懸念される新たなマルウェアの脅威を解説~Open a new window

(注2)
株式会社FFRI プレスリリース 2015/09/16
ZDPエンジンに関する米国特許査定のお知らせ~ゼロデイ脆弱性攻撃にも対応するヒューリスティック技術で未知のサイバー脅威に対抗~Open a new window

@IT連載 コラム(CODE BLUE関連) 2015/01/22
自動車、ホームルーター、チケット発券機――脅威からどう守る?Open a new window

富士通マーケティング ICTのmikata
最小限の投資で、最大限の効果を上げられる標的型攻撃対策とは?

(注3)
出典:「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2015【外部攻撃防御型ソリューション編】」

(注4)
FFRI yarai Home and Business EditionOpen a new window

最小限の投資で最大限の効果を上げられる標的型攻撃対策とは?

著者プロフィール

株式会社FFRI

株式会社FFRI

株式会社FFRIは日本においてトップレベルのセキュリティリサーチチームを作り、IT社会に貢献すべく2007年に設立。日々進化しているサイバー攻撃技術を独自の視点で分析し、日本国内で対策技術の研究開発に取り組んでいる。
その研究内容は国際的なセキュリティカンファレンスで継続的に発表し、海外でも高い評価を受けており、これらの研究から得た知見やノウハウを製品やサービスとして提供している。

情報セキュリティポータル AZSECURITY Channel 詳細はこちら

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。