GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. システム選び >
  4. 賢い人事給与システム選びのポイント

賢い人事給与システム選びのポイント

『給与計算ができる』という切り口だけで人事給与システムを選定していませんか?

人事給与システムは頻繁に買い替えをするものではないため、選定の際には慎重な検討が必要とされます。給与業務の効率化はもちろん、度重なる制度改正への対応や企業合併・M&Aなどをきっかけとした人事制度の見直しなど、将来を見据えた柔軟な対応力が求められます。また、勤怠管理との連携や、経歴や職務、資格情報など様々な履歴情報を一元管理し、人事配置・人材開発を行うこと、すなわち”戦略的人事管理“への基盤作りができることも重要なポイントです。人事部門として、会社の組織力を向上させることは重要な使命であり、それをサポートできるシステムであるかを選定基準に持つ必要があります。

人事給与システムの選定において、これだけはチェックするべき5つのポイント
ポイント1 定型業務の高速化・効率化を図ることができるか
ポイント2 法改正・制度改正に「確実かつスピーディー」に対応できるか
ポイント3 企業の成長・変化に合わせ、柔軟に対応できるか
ポイント4 経営資源としての人材管理ができるか
ポイント5 大切な個人情報を守ることができるか

システム選定における5つのポイントの解説

ポイント1 定型業務の高速化・効率化を図ることができるか 解決策はこちら

給与業務は定期的・定型的なルーチンワークです。給与情報の入力準備→入力→計算→チェック→帳票出力までの一連の作業の流れを、いかに負荷分散し簡素化するかで業務の効率化、作業工数の削減が可能となります。ただし、システムは導入したもののExcelや原票を見ながらシステムに手入力していたのでは入力ミスも発生し、作業負荷の軽減にもつながりません。実業務の流れに沿って、具体的にどの作業の効率化とスピードアップが実現するのかを確認しておく必要があります。

ポイント2 法改正・制度改正に「確実かつスピーディー」に対応できるか 解決策はこちら

毎年必ず対応が必要となる年末調整、度重なる制度改正について確実に対応できることがパッケージソフトを導入した際のメリットになります。
また、法改正・制度改正の時期が到来した際に、いかに負荷なくスピーディーに対応できるかチェックしておく必要があります。

ポイント3 企業の成長・変化に合わせ、柔軟に対応できるか 解決策はこちら

企業が成長していくとともに、人事制度も見直しが行われ、管理する内容や給与処理に変化が生じるケースがあります。また、子会社化やM&Aなどの組織再編に伴い、システム対応を迫られることも考えられます。企業の変化に対して、システム導入時だけでなくシステム稼働後も柔軟に対応できることが重要です。将来の拡張性を前提とした永続的に利用できるシステムを選定してこそ価値を生み出す投資と言えます。

ポイント4 経営資源としての人材管理ができるか 解決策はこちら

人材情報を活用した分析は、経営者・人事部・部門長のそれぞれの立場が変われば視点も変わります。戦略的な人材活用として、スキルや資格、職歴、プロジェクト履歴、人事考課など、様々な視点に対応できる人材情報をタイムリーに蓄積し、検索・集計することで、現状把握から課題を導き出し、次のアクションをそれぞれの立場で検討していくことが重要とされています。

ポイント5 大切な個人情報を守ることができるか 解決策はこちら

人事給与システムの社員情報は、大切な個人情報にあたります。そのため、誰でも簡単にアクセスできないよう、万全なセキュリティ対策が求められます。また、適切な人事情報の開示として、権限の付与により閲覧できる組織範囲、情報レベルを制御できることも求められます。

人事労務管理ソリューション 導入メリットを分かりやすくまとめた資料の無料ダウンロードはこちら

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。