GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ICTのmikata >
  3. システム選び >
  4. 賢い会計システム選びのポイント

賢い会計システム選びのポイント

「財務諸表」が作れればいいという切り口だけで会計システムを選定していませんか?

会計システムは企業の経営成績を見る”器”です。今、経営に求められるのはスピーディーな判断と意思決定、全社レベルでの情報共有です。財務会計の情報だけでなく管理会計の情報も全社で共通した数字として認識し、経営の意思決定につながるような活用をしていくことが求められます。そのためには、会計システムを単なる「経理専用システム」から「全社経営管理システム」へ認識を改めることが必要となります。迅速にデータ収集・分析を行い、情報の共有化、社員に気づきを与える体制づくりの実現、会計システムを経理部門だけでなく全社レベルで活用できる仕組み作りが重要です。

人事給与システムの選定において、これだけはチェックするべき5つのポイント
ポイント1 スピーディーにデータ入力できるか
ポイント2 様々な切り口の分析や帳票作成ができるか
ポイント3 「経理視点」ではなく「経営視点」で活用できるか
ポイント4 企業の変化に合わせ、柔軟に対応できるか
ポイント5 業務停止を防ぐことができるか

システム選定における5つのポイントの解説

ポイント1 スピーディーにデータ入力ができるか 解決策はこちら

会計データの分析は、情報システム部門の力を借りず、経理部門自身で簡単に分析視点の変更や追加ができ、データをすぐに取り出して分析できることが求められます。また、会計データを用いた自社のオリジナル管理資料を、コストをかけず随時作成・変更ができることも、経営環境の変化に対応する上で必要とされる機能です。

ポイント2 様々な切り口の分析や帳票作成ができるか 解決策はこちら

毎年必ず対応が必要となる年末調整、度重なる制度改正について確実に対応できることがパッケージソフトを導入した際のメリットになります。また、法改正・制度改正の時期が到来した際に、いかに負荷なくスピーディーに対応できるかチェックしておく必要があります。

ポイント3 「経理視点」ではなく「経営視点」で活用できるか 解決策はこちら

経営管理に重要なことは、全社一貫した同じ経営数値を把握し、ビジネスの評価や判断、対策をとることです。管理会計のスタートアップとして、部門別損益、予算実績比較、前年同期比の評価については、多くの会社で実践されています。更にステップアップして、業態や製品などのセグメント分析や、見込情報を含めた着地点分析などにより、より精度を高めた情報を経営の舵取りとして活用していくことが重要です。

ポイント4 企業の変化に合わせ、柔軟に対応できるか 解決策はこちら

企業の変化に対して、稼働後でも柔軟に対応できること、将来の拡張性を前提とした永続的に利用できるシステムを選定する必要があります。例えば、拠点や部門の増加、子会社やM&Aなどの組織再編が起きた場合も即座に対応できることが重要なポイントとなります。さらにグループ会社展開の場合、各社の情報をリアルタイムに把握することでグループ全体の経営強化にもつながります。

ポイント5 業務停止を防ぐことができるか 解決策はこちら

会計情報は企業の根幹にあたるものです。システム停止やデータ消失などは決してあってはなりません。そのため、災害や事故といった不慮の事態が起こっても、必要な業務を継続できるBCP(事業継続)対策や、ハードトラブルによるシステム停止等を未然に防止する対策を検討しておく必要があります。手動ではなく自動で定期的に遠隔地にバックアップできるか、トラブル発生時に、原因究明から解決まで対応できる窓口はあるかといった点もチェックしておく必要があります。

関連情報

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。