GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例 >
  3. 株式会社ふくや 様

将来の販路拡大を見据えた物流システムの刷新事例

出荷業務の可視化によるプロセス改善により約30%効率化

「味の明太子」
ふくや 「味の明太子」

株式会社ふくや 様


“博多の食”を代表する定番商品「味の明太子」を中心に、各種食料品を製造・販売する株式会社ふくや様(以下、同社)。2013年は創業者・川原俊夫氏の生誕100年に当たり、新商品の発売や“福岡・博多の食と文化の博物館”を発信する観光施設「ハクハク」をオープンするなど、新たな試みも展開しています。福岡県内外合わせて42の直営店舗を運営する他、全国のお客さま向けに展開する通信販売事業も行っています。

同社の展開する配送業務は、年々拡大しており、今では年間約150万個を出荷するようになりました。2013年4月、事業の大きな柱となった通信販売の物流システムを刷新、作業効率のアップとコスト低減を目指しました。
富士通マーケティング(以下、FJM)は、ふくや様のITパートナーとして、2004年からシステム全般のアウトソーシングを請け負っています。経営課題の分析や解決のために、システムの企画・提案から導入、運用までをトータルサポート。店舗でのPOS導入やECサイトの構築などで、ふくや様が掲げる“お客さま第一主義”の強化を幅広く支援しています。

[2013年9月13日 掲載]


↓ 導入の背景 | 導入の経緯 | 導入の効果 | 今後の展開 | お客様情報 

導入の背景

1日最大4万件に上る出荷業務の効率化が課題

店内の様子ふくや様の配送業務は、150万個もの年間出荷数のうち、お歳暮の時期1ヵ月間で約60万個、お中元の時期に約30万個という明確なピーク期間があります。1日あたりでは最大4万個に上ることもあり、この出荷作業をいかに早く処理ができるか、効率を上げていくかが物流システムの課題となっていました。また、ピーク期間だけ就労する短期従業員のためにも、システムは扱いやすいものにする必要がありました。

西川 氏
株式会社ふくや
製造・物流部
執行役員部長
西川 忠秀 氏

商品出荷業務の流れは、店舗及び通販のコンタクトセンターで受けた注文データ(出荷指示書)をもとに出荷伝票を印刷、明太子などの商品を準備し、梱包して伝票を貼る仕分け作業に入ります。その際、「のし紙」の添付、「メッセージカード」の封入、請求書と伝票の突合せといった多くの人手に頼る作業が発生していました。それが完了してから運送会社に依頼をするという工程になります。 「出荷工程の中に、システムが行ってくれる部分と人が行う部分があるのですが、それらが複雑に混在していたところに問題がありました。」と製造・物流部 執行役員部長の西川忠秀氏は振り返ります。そこで、効率化と使いやすさを重視した「現場本位」をコンセプトに、2011年からFJMと協同で出荷プロセスそのものの見直しに入りました。

導入の経緯

出荷工程の業務すべてを可視化し、課題を明確化

新システム構築は、従来の出荷工程を細かく分析し、「システムに任せられる作業」と「人的な作業」の洗い出しから始めました。その結果、たとえ50%しかコンピュータに任せられない作業工程であってもシステム化を検討する、という徹底した協議が両社で行われました。「50%でもシステム化できれば、残りの作業は従来の半分の人手で済むわけですから、ピーク期間であればさらに大きな成果につながります。本当に細かく洗い出したので、FJMさんには相当無理を言ったかも知れません。」と西川氏は語ります。

佐野 氏
株式会社ふくや
経営サポート室
IT戦略担当
佐野 公俊 氏

FJMの担当者も12月の繁忙期の現場を見て、工程の洗い出しとシステム化の検討を重ねました。「最も効率を上げたいピーク時の状況を見ないと、提案も難しいだろうと思い、一番忙しい日の前後2~3日現場を見ていただきました。これにより、一層の親近感を持って開発にあたっていただけたと思います。」と西川氏。また、経営サポート室 IT戦略担当の佐野公俊氏は「マイナス20度の冷凍庫に一緒に入り、商品棚をどのように区分けすれば、ディスプレイ上で分かりやすく表現できるか、といった細部まで協力して新システムの検討を行ないました。」と語ります。

効率化のカギは、伝票の出力作業

業務の洗い出しの結果、最も効率化の余地があるのは、出荷伝票の出力工程にあることが判明しました。従来はラインプリンタを利用して連続帳票で伝票を印刷し、印字完了後に用紙を一件ずつ切り離すという作業があったのです。新システムでは、単票タイプのプリンタと用紙を採用、伝票のカットという一工程を全て削減することができました。さらに、のし紙も出荷伝票と一体化させることで、仕分け作業でも効率化が実現したのです。「現場のノウハウとシステムの可能性を徹底的に検討したことで、目に見える効率化が達成できました。また、旧システムに比べて導入コストが約半分に収まったことも、FJMさんとしっかり検討を重ねてきたことが奏功したと感じています。」と西川氏。

導入の効果

顧客サービス向上に加え、社員のモチベーションアップも

新システム稼働後、初のピーク期間となった2013年のお中元シーズンでは、前年と比較して業務効率が約30%アップしたそうです。また、課題だった出荷伝票に関する作業はパート従業員が担当していますが、従来は4名だったところ、今年は2名で対応でき、人的作業が必要な工程に人員を配置することができました。「繁忙期に常態化していた早朝出勤や残業も、今年のお中元シーズンは一度もありませんでした。」と西川氏はその効果の大きさを実感しています。

また、鮮度が大切な食品を扱っているため、万単位の注文があってもすべて当日に出荷しなければならず、残業も当たり前でした。最初の工程となる伝票ができないことには、次工程へ進めないのが出荷業務。伝票作業の効率化は、運送会社への受け渡し早期化につながり、「トータル的には、お客さまのもとへ早く届けるための原動力になっています。」と西川氏は、顧客サービスの向上につながっていることも語ってくれました。

業務効率化のメリットは、従業員の皆さんにも大きなものがあります。「所定時間内に終われば、社員も気分的に楽ですよね。荷造りという単純作業では、ミスも起こりがちです。新システムにしてからは、その心配もなくなりました。」と西川氏。単なる効率化だけではなく、就労環境の改善やモチベーション向上につながっていることも大きな効果となっているのです。出荷数がさらに多くなるお歳暮シーズンには、今以上の効果が上がると期待されています。

株式会社ふくや様全体構成イメージ

今後の展開

若い世代の需要喚起につながる提案に期待

今では通信販売が事業の柱のひとつとなっているため、販売チャネルの変化にいち早く対応することが今後の課題となっています。若者から年配の方まで利用してもらうために、通販関連システムを常に見直していく考えです。「若い世代の中には、電車の中で見た広告からすぐに注文する、という方もいます。そのような状況も踏まえ、スマートフォンやタブレット端末をはじめアンテナを広げていきたい。」というのが佐野氏の考えです。

通販関連に限らず、あらゆるITソリューションに関する情報提供が、ふくや様からFJMへ寄せられた期待です。「システムを発展させていくためには、グローバルな視点での情報をもっと提供してほしいと思っています。新たなシステムの開発はもちろんですが、こういうアプリケーションを活用したらどうか、というきめ細かな提案も期待しています。」と西川氏。両社の信頼関係は1980年代のオフコン導入から続いています。これからも安心して任せられるビジネスパートナーとして、FJMに寄せられる期待はより大きなものになっているのです。

お客様情報

お客様名
  ふくや 中洲本店
ふくや 中洲本店
所在地 福岡市博多区中洲2丁目6番10号
代表者 代表取締役社長  川原 正孝
創業 1948年10月5日
資本金 3,000万円
売上高 150億円 (2013年3月期)
従業員数 581名(正社員218名)(2013年6月1日現在)
拠点 47
事業内容 味の明太子の製造・販売  各種食料品の卸・小売

(注)記載されているお役職等の情報につきましては、2013年9月現在のものです。
(注)記載されている製品名は各社の商標または登録商標です。

担当営業のメッセージ

鴛海 株式会社富士通マーケティング
西日本営業本部 九州支社
流通・サービス営業部
鴛海 量尋(おしうみ かずひろ)

「味の明太子」でお馴染みのふくや様は、本業の品質とお客様サービスに専念するため、業務システムのトータルサービスを採用されており、FJMとして長期に渡りご支援させていただけたことを光栄に思っております。今回の物流システムは、出荷作業をいかに早く処理でき、効率を上げていくかが課題でした。また投資対効果も意識しながら出荷プロセスそのものの見直しを共同で図り、ご採用頂くことができました。今後も長年培った信頼関係をもとに、さらにお客様の発展に貢献ができるよう、ご提案およびご支援させていただきたいと思います。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。