GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例 >
  3. 特定医療法人ダイワ会 様

「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE Cloud Chart」導入事例

患者様情報をクラウドで安全・確実に管理し救急指定病院として医療の継続を実現

受付風景

特定医療法人ダイワ会 様


大阪府の大和(だいわ)中央病院と大和病院を中核とした特定医療法人ダイワ会様(以下、同グループ)。介護老人保健施設やデイサービスセンターも運営し、医療と介護の包括的なケアに取り組んでいます。2病院とも24時間救急対応しており、どんな時にも医療の継続性を確保できる基盤を構築することが不可欠でした。同グループでは、クラウド型電子カルテシステム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE Cloud Chart(ホープ クラウドチャート)」を導入。クラウド上で患者様情報をはじめとする医療情報を一元管理することで、医療の継続性を確保。2病院間での情報共有の精度が向上し、システム運用負担も軽減しました。導入の経緯とその効果について、大和病院 事務部 医療情報室 室長の西村 晴彦氏と大和中央病院 看護部長の仲光 瞳氏に伺いました。

[2016年9月15日 掲載]


 導入の背景 | 導入の経緯 | 導入の効果 | 将来の展望お客様情報 

導入の背景

24時間救急対応の病院として医療の継続性確保が重要

同グループは、大和中央病院と大和病院を中核に、「優しさと思いやりの心をもって、いつでも、だれにでも最高の医療を提供できるよう努力いたします」という医療理念のもと、地域医療・介護の改善に取り組んでいます。1980年には、大和病院に医事会計システムを導入し、その後、検査や処方、投薬など診察中の依頼(オーダー)を院内の各部署に伝達するオーダリングシステムも導入。2病院間で患者様の情報をはじめ医療情報を共有するなど、ICT化を積極的に進め、患者様に対し、より適切な医療を提供できる環境を整えてきました。

西村氏
特定医療法人ダイワ会
大和病院
事務部 医療情報室
室長

にしむら はるひこ
西村 晴彦 氏

従来はそれぞれの院内にサーバを設置し、2病院間を専用回線で接続して重要な医療情報を共有・管理していました。大和病院 事務部 医療情報室 室長の西村 晴彦氏は「大和中央病院、大和病院ともに24時間救急指定の病院です。どのような時にも医療の継続性を確保し患者様に対し適切な治療をするには、ICTシステムの冗長化を図るなど情報管理の安全性・確実性のさらなる向上が求められていました」と語ります。

また、従来のシステムでは、医療情報を入力する際に担当者が大和中央病院か大和病院を選択する仕組みでした。そのため、「選択を誤ってしまうと大和中央病院の医療情報が大和病院に登録されてしまい、情報が混在してしまうこともありました。情報共有の精度向上も課題となっていました」(西村氏)。

導入の経緯

患者様情報を含む重要な医療情報を安全・確実に管理するためにクラウドを選択

同グループでは、医療の継続性の確保と情報管理の精度向上を目的にICTシステムのリプレースを検討しました。2014年9月にベンダーの選定を開始し、まずは4社を選定。「従来と同様に院内にサーバを設置するオンプレミスでの提案が2社、クラウド型システムでの提案が2社でした」(西村氏)。

従来のICTシステムをクラウドに移行すれば、重要な医療情報を院内のサーバではなく、安全性の高いデータセンターで管理することになります。情報管理の安全性がさらに向上し、医療の継続性を確保できる環境が整います。また2病院間を専用回線で接続する必要もなくなり、その分のコストを削減できます。そうした判断からクラウドでの提案に絞り込み、最終的に富士通マーケティングを選定。クラウド型電子カルテシステム「HOPE Cloud Chart(ホープ クラウドチャート)」を導入しました。

「選定の過程で、各ベンダーからオーダリングシステムや医事会計システムを実際に使用する薬局やリハビリテーション、検査などを行う部門の担当者に、システムについての詳細な説明をしてもらいました。その結果、画面の見やすさ、使いやすさなどに対する現場の評価が高かった富士通マーケティングを選定しました」(西村氏)。

同時に、それまで院内のサーバで管理していた患者様情報を含む重要な医療情報を、クラウド上のサーバに確実に移行できるかどうかも重要な選定のポイントでした。「既存データをバックアップし、そのデータをクラウドに移行する工程を慎重に検討しました。その結果、医療機関のICTシステム構築で実績のある富士通マーケティングが『もっとも安全・確実に実施できる』と判断しました」(西村氏)。

導入の効果

ICTシステムの機能向上を図りながら運用全体の負担を約30%軽減

同グループでは、現在「HOPE Cloud Chart」のオーダリングシステムと医事会計システムを活用しています。西村氏は、「患者様情報を含む重要な医療情報をデータセンターで一元管理することで、安心・安全なシステムが構築できた」とクラウドに移行した効果を語ります。また、従来の医事会計システムでは、診療報酬の改定などがあった場合には、計算するプログラムを書き換えるなどの対処が必要でした。「それがクラウドサービスではデータセンター側で変更プログラムが自動更新されるので、医事会計システムが陳腐化することなく使い続けられます。それも導入効果の一つです」(西村氏)。

仲光氏
特定医療法人ダイワ会 大和中央病院
看護部長
なかみつ ひとみ
仲光 瞳 氏

オーダリングシステムや医事会計システムを実際に使用する現場でも、リプレースによる効果を感じているようです。大和中央病院 看護部長 仲光 瞳氏は、「たとえば、従来システムと比べて、入院している患者様の部屋やベッドをシステム上で移動させる時の操作がしやすくなった、ワークシートが一覧表示され見やすく、忙しい際も入力しやすくなった、といった声が聞かれています」と語ります。同グループでは、ICTシステム導入の過程で、仲光氏を中心に実際にシステムを使う各部門の担当者と富士通マーケティングの担当者との間でワークショップを開きました。「自分たちが使いたい機能などの要望を伝えたところ、できる限りシステムに盛り込んでもらえたと感じています。オーダリングシステムも機能が拡張され、医事会計システムも以前よりも使いやすくなりました」(仲光氏)。

システム使用風景

一方、クラウドに移行したことで、システム運用の負荷も軽減できました。「2つの病院間を接続していた専用線の使用料、院内のサーバの保守費用など運用に関わる負担が毎月30%程度は軽減できました。システムの機能向上と運用負荷軽減をともに実現できたのが大きな効果です」(西村氏)。

特定医療法人ダイワ会様システム概要

将来の展望

電子カルテシステムの活用で地域医療へさらなる貢献を

同グループでは、「今回のリプレースには将来的な電子カルテシステム活用に向けた基盤の構築という目的もありました」(西村氏)と語ります。医療情報をクラウド上で安全・確実に管理できる態勢を整えたことで、今後「HOPE Cloud Chart」の電子カルテシステムの機能を活用する時にも、その情報管理を安全・確実に行えるようになります。「今後は、地域医療へのさらなる貢献を視野に入れたICTシステムの活用が重要になります。そこでも富士通マーケティングからの具体的な提案に期待しています」(西村氏)。見据えているのは、同グループが掲げる「いつでも、だれにでも、最高の医療を提供できるように努力いたします」という医療理念の実現です。

お客様情報

お客様名

特定医療法人ダイワ会
大和中央病院

特定医療法人ダイワ会大和中央病院

所在地 大阪府大阪市西成区長橋1-2-7
開設者 理事長 南 克昌
院長 田中 一穗
設立 1969年
病床数 一般 143床
療養 84床
診療内容 内科・外科・整形外科・心臓血管外科・脳神経外科・リハビリテーション科・放射線科
お客様名

特定医療法人ダイワ会
大和病院

特定医療法人ダイワ会大和病院

所在地 大阪府吹田市垂水町3-22-1
開設者 理事長 南 克昌
院長 谷浦 武仁
設立 1980年
病床数 一般 131床
療養 44床
診療内容 内科・循環器内科・外科・整形外科・脳神経外科・眼科・リハビリテーション科・放射線科・健康診断・人間ドック

(注)記載されているお役職等の情報につきましては、2016年9月15日現在のものです。
(注)記載されている製品名は各社の商標または登録商標です。

担当営業の声

森山SA 株式会社富士通マーケティング
ヘルスケア事業本部
ヘルスケア統括営業部
関西第二営業部
森山 太郎

特定医療法人ダイワ会様とは、ICTを通じて長年信頼関係を築いてきました。 「HOPE Cloud Chart」の導入では、現場の方々に役立つシステムを目指し、多くの方のご意見を取り入れました。将来的には、地域包括ケアにも本システムを活用いただけるようなご提案もしていきたいと考えています。今後もお客様の発展を、ICTでご支援して参ります。

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-835-554 お客様総合センター

受付時間 9時から17時30分まで
(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
[注] お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。