GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

健康経営

健康経営宣言

   「富士通グループ健康宣言」に基づき、富士通マーケティングは、以下の基本的な考え方で健康経営を進めます。

   富士通マーケティングは、社員一人ひとりが誇りを持って、活き活きと働く会社、そしてお客様の期待を超えたソリューションと新しい価値を創出することで自ら市場を創り、お客様の成長と共に、社会に貢献する会社を目指します。

   その実現に向けて、ダイバーシティ&インクルージョンの推進、働き方改革を進めるとともに、社員およびその家族の心身の健康保持・増進を重要な経営課題の一つとしてとらえ、働きやすく、活き活きとした職場づくりを進めていきます。

取り組み方針と目標

   富士通マーケティングでは特に以下の項目について具体的な施策を進め、5年後の目標値等も設定し、社員と会社で計画的に取り組みます。

  • 社員のヘルスリテラシーの向上
  • 生活習慣病対策として、肥満・喫煙・健康診断における有所見の改善
  • 長時間労働による健康被害の低減(働き方改革と連携)
  • メンタルヘルスのセルフケア・ラインケアの充実
  • 社員の健康にむけた家族の協力や家族自身の健康保持・増進を推進
  • 生活習慣病健診における5年後(2021年度)の目標
  •    ①BMI25以上の割合:4人に1人以下へ
       ②喫煙率:現状の半減

  • 年次休暇の平均取得日数の目標(毎年設定)
  • 2016年度実績 2017年度実績 2018年度目標
    13.5日 13.1日 16日以上

独自の「健康ポイント制度」の導入

   社員が意欲的に取り組むための一つとして、健康ポイント制度を導入します。ICTツールを利用し、健康増進につながる日々の活動、例えばウォーキングや日々の健康チェック、計画休暇の取得などにポイントを付与し、貯めたポイントを還元するものです。この取り組みにより、社員(その家族含む)の心身の健康保持・増進を促すと共に、生産性向上を図ります。

健康経営に関する認定・認証

  • 「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定(2017年2月~)
  • 経済産業省および日本健康会議より、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む法人として「健康経営優良法人~ホワイト500~」に2017年から3年連続で認定されました。
    健康経営優良法人の認定基準適合状況について

  • health1_2019.gif

  • 「健康いきいき職場認定制度~スターター認証~」を取得(2016年12月)
  • 課題に対して戦略的に対応している点と褒めるというコンセプトをいきいき施策の中心にしている点が評価され、認証されました。

  • health_2.jpg