FUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaS バックアップ

現行システムの障害・事業継続対策を簡単に実現

簡単かつ信頼性の高いクラウド型バックアップサービス

AZCLOUD IaaS バックアップ(以下、AZCLOUDバックアップ)は、Microsoft Azure Backupに富士通Japanの独自サービスを付加したサービスです。
クラウドのストレージ環境の仕置き設定や導入後のサービスデスクなどを富士通Japanの独自サービスとして提供しており、お客様が便利でかつ、安心してご利用できるクラウド型バックアップサービスを実現しています。

AZCLOUD バックアップとは

現在のバックアップ運用をほぼそのままに、「機械故障によるデータ喪失」「自然災害に伴う拠点喪失」などの不安を簡単・安価に解決します。
バックアップ対象のシステムにエージェントを導入するだけで、重要なデータをクラウドへバックアップします。

(注1) バックアップエージェントのインストール・設定はお客様にて実施いただきます。
(注2) インターネット接続環境についてはお客様にてご用意いただきます。

特長

AZCLOUDバックアップは、MicrosoftのAzure Backupを使用しており、以下の特長があります。

ストレージを3重に冗長

Azureストレージに書き込まれたデータは、常に3つの異なるラックに複製されます。

  • BLOBストレージを使い、3つのラックへ同時に書込みを行います。すべてのラックで書込みが完了して初めて「書き込み成功」とみなします。
  • 3本のディスクをミラーリングした場合と同等の堅牢性を持ちます。

Microsoft Azureストレージ(BLOB)

ハードウェア不要

バックアップサーバを用意する必要がなく、ネットワーク経由でクラウドへ簡単にバックアップを取る事が可能です。

簡単なバックアップ

無駄のないバックアップ方法

増分バックアップでは、前回のバックアップ以降で変更されたデータのみが格納されるため、高い効率性を実現します。
データ移動が少ないため、ストレージとネットワークへの負荷を軽減し運用可能です。

バックアップ方法

初期セットアップ

初期セットアップサービスは、富士通Japanがクラウド環境にバックアップストレージを準備します。
そのため、お客様はクラウド環境にストレージを用意する必要がありません。
サービスデスクを提供しており、不明点は問い合わせ可能なため、
安心してサービスをお使いいただけます。

作業内容の切り分け

適用例

LTOやDATなどのテープ媒体に2次バックアップを保管している場合にご活用いただけます。

テープ保管や保管先の用意等が不要に

以下の管理作業が不要となりとなり、運用負荷が軽減されます。

  • バックアップ媒体交換および媒体管理作業
  • バックアップ媒体を保管用の外部倉庫への移送作業
AZCLOUDバックアップの適用例

料金プラン

AZCLOUDバックアップは、Azure Backupをベースに富士通Japanのサービスを付加して提供するバックアップサービスです。
バックアップ対象サーバのデータ容量と、バックアップデータを保存しているストレージ容量に応じて課金されます。
以下の価格と見積り例をご参照ください。

AZCLOUDバックアップのサービス

価格

明細 推奨販売価格(税別)
初期費 初期基本費用 ¥25,000
月額費 月額基本費用 ¥8,400
クラウド環境
(従量課金)
バックアップ対象サーバのデータ容量 500GB未満 ¥1,750
(注) 以降、500GBごとに +¥1,750
クラウドのストレージ容量 ¥9/GB

月額費用 クラウド環境(従量課金)部分 見積り例

価格と見積り例

FUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaS バックアップに関するお問い合わせ

ページの先頭へ