GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. トピックス>
  3. 「テレワーク・デイズ」に参加

当社の「テレワーク・デイズ2019」に対する取り組み

2019年7月22日

当社は、2019年7月22日(月)~9月6日(金)に行われる「テレワーク・デイズ2019」に実施団体として参加します。


2019テレワーク・デイズロゴ

「テレワーク・デイズ」とは

総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び関係団体と連携し、2017年より、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、働き方改革の国民運動を展開しています。
2019年は、2020年東京大会前の本番テストとして、7月22日(月)から9月6日(金)の約1ヶ月間をテレワーク・デイズ2019実施期間と設定し、テレワークの一斉実施を呼びかけます。

参加の背景

当社は、「多様な人材がそれぞれの個性を最大限に発揮して活躍できる組織」を目指しており、これまで、休暇取得の推進や短時間勤務制度などの社内制度充実化に取り組んでまいりましたが、2018年4月より、更なる制度充実化に向け、テレワーク勤務制度を本格導入しました。

このテレワーク制度は、育児や介護事情での働きやすさだけでなく、個別事情がなくても社員一人ひとりの生産性を向上させ、さらには災害時の事業継続性確保などを実現可能にするなど、社員と会社が共にメリットを享受することができる仕組みです。
私たちは、この取り組みをさらに推進し、広く社会へ貢献していくことを目的に「テレワーク・デイズ」へ参加します。

当社の取り組み

以下の期間を「テレワーク・デイズ2019」とし、テレワーク勤務の実施を推奨します。
・「テレワーク・デイズ」対象期間:2019年7月22日(月)~9月6日(金)

テレワーク・デイズ 富士通北陸システムズ