GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2013年 >
  4. プレスリリース

『統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systems』を提供開始 

~オラクルのエンジニアド・システムズに対応したソリューションを体系化~

株式会社富士通北陸システムズ(代表取締役社長:山崎 勝則、本社:石川県金沢市 以下、FJH)は、オラクルのエンジニアド・システムズに対応した「統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systems」を本日よりご提供いたします。 本ソリューションは、オラクル認定資格の最高峰であるORACLE MASTER Platinum資格取得者数5年連続国内第一位(*1)の認定技術者によるプロフェッショナルサービスとしてご提供し、企業内のデータを経営に有効活用するためのITシステム構築と運用の容易化を可能とします。
                 (*1) 2013年4月現在ORACLE MASTER Platinum11g 取得数 :34

2013年5月28日

当社は、長年のオラクル製品への取り組みにより培った特化ノウハウと、日本国内ORACLE MASTER Platinum取得者数No.1に裏づけされた高い技術力に基づき、『統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systems』を本日より提供開始いたします。

近年、企業内システムの高度化に伴い様々な種類のデータが蓄積されるようになり、企業が管理するデータ量は飛躍的に増大しています。 一方、競争力を強化するため、これらのデータを迅速に処理し、経営に活用することがますます求められてきています。 このような状況において、多種・大量のデータを処理するITシステムを迅速かつ効率的に導入するために、ハードウェア、OS、データベースからアプリケーションまでを統合した垂直統合型システムが注目を集めています。

当社は、長年に渡る日本オラクルとの技術連携により、「Oracle Exalytics In-Memory Machine」を対象とした超高速分析ソリューション for Exalytics、および、「Oracle Exalogic Elastic Cloud」を対象としたAPサーバ(*2)最適化ソリューション for Exalogicを新たに提供いたします。 すでに提供済の「超高速データベースソリューション for Exadata」(*3)と合わせ、ITシステムの構築・運用の容易化を実現する「統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systems」として体系化しました。
            (*2)  APサーバ:アプリケーションサーバ
            (*3)  『超高速データベースソリューション for Exadata』 を提供開始 をご参照ください。

【Oracle Engineered Systems】

「ハードウェアとソフトウェアが一体となって最適に動くように設計、実装されている」をコンセプトに開発された製品群。

【Oracle Exalytics In-Memory Machine】

高速アナリティクス専用マシンとして、インメモリのビジネス・インテリジェンス(BI)のソフトウェアとハードウェアで構成されたエンジニアド・システム。

【Oracle Exalogic Elastic Cloud】

「Javaベースのアプリケーションをはじめとする多数のアプリケーションを集約し、クラウド環境で超高速に実行できるように設計されたエンジニアド・システム。

サービスの概要・特長

統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systemsでは、新たに4つのサービスを提供します。
名称 特長
1 超高速分析ソリューション
for Exalytics
専用設計・カスタマイズ
サービス
Oracle Exalytics In-Memory Machine用の設計項目、カスタマイズ作業をオラクルのスペシャリスト専任要員が実施することにより、短納期で安全・確実にお客様要件に適合した環境を迅速に稼働・活用が可能
2 超高速分析ソリューション
for Exalytics
運用監視サービス
Oracle Exalytics In-Memory Machineを構成する内部サーバからのメッセージを統合し、お客様環境の統合監視製品とのスムースな連携を当社独自技術適用により実現
3 APサーバ最適化 ソリューション
for Exalogic
専用設計・カスタマイズ
サービス
Oracle Exalogic Elastic Cloud用の設計項目、カスタマイズ作業をオラクルのスペシャリスト専任要員が実施することにより短納期で安全・確実にお客様要件に適合した環境を迅速に稼働・活用が可能
4 APサーバ最適化
ソリューション for Exalogic
運用監視サービス
Oracle Exalogic Elastic Cloudを構成する内部サーバからのメッセージを統合し、お客様環境の統合監視製品とのスムースな連携を当社独自技術適用により実現

販売開始日

即日

販売価格

① 超高速分析ソリューション for Exalytics 専用設計・カスタマイズサービス 300万円~ (個別見積もり)
② 超高速分析ソリューション for Exalytics 運用監視サービス 200万円~ (個別見積もり)
③ APサーバ最適化ソリューション for Exalogic 専用設計・カスタマイズサービス 200万円~ (個別見積もり)
④ APサーバ最適化ソリューション for Exalogic運用監視サービス 200万円~ (個別見積もり)

販売目標

今後3年間で5億円の売上を計画しています。

当社のオラクルへの取組みについて

当社は、1991年にオラクル製品の評価作業からデータベース製品への開発・サポートに携わり、長年に渡り継続 的なノウハウの蓄積に努め、オラクルデータベースに特化した様々な独自のソリューションサービスを創出して参り ました。 また、データベース本体のみならず、周辺ツールやITインフラに至るまでのすべてについて設計/構築が 可能な体制を有し、富士通グループのオラクルビジネスの中心的役割を担っております。
また、オラクルデータベース認定資格制度ORACLE MASTERの最高峰である「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g」の資格取得数が5年連続国内No.1となり、日本オラクルより「ORACLE MASTER Platinum Award」を受賞しました。(2013年4月現在、Platinum資格取得数:34)
このORACLE MASTER Platinum資格取得者のノウハウを最大限に活かし、今後、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。

日本オラクルからのエンドースメント

     
日本オラクルは、富士通北陸システムズの「『統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systems』を提供開始」を歓迎します。
オラクルは、企業システムにおける高い信頼性・可用性・拡張性・パフォーマンスへの要求に応え、ITコストの削減やセキュリティ、さらに事業継続を支える堅牢なITシステムをシンプルに実現するための製品群としてエンジニアド・システムズを提供しています。 富士通北陸システムズ様はこれまで、多くの大規模システムでのオラクルのプロジェクトに参画され、その高いスキルと経験により成功を収めてこられました。 昨今多くのお客様で「Oracle Exadata」、「Oracle Exalogic」、「Oracle Exalytics」をはじめとしたエンジニアド・システムズの複合導入が進んでいます。このたびの同社の『統合プラットフォームソリューション for Oracle Engineered Systems』 により、お客様の大規模情報系システムやミッション・クリティカル・システムの最適化をご支援するものと確信しております。

日本オラクル株式会社 専務執行役員 製品事業統括 三澤 智光様

当社が提供するオラクルデータベースソリューション

様々なオラクルデータベースソリューションにおいて、ORACLE MASTER Platinum資格取得者による付加価値の高いサービスをご提供いたします。

FJHが提供するオラクルデータベースソリューション

詳細については、下記URLをご参照ください。(FJH 製品&サービス ホームページ)
http://jp.fujitsu.com/fjh/services/

株式会社富士通北陸システムズ

所在地 本社:石川県金沢市増泉3-4-30
代表者: 代表取締役社長 山崎 勝則
設立: 1983年9月
URL: http://jp.fujitsu.com/fjh/
事業所: 東京、金沢、富山、福井
事業内容: ・基本ソフトウェア研究、開発
・システムインテグレーション、コンサルティング
・アプリケーションソフトウェアの開発、販売
・データベース関連事業
     - Oracle製品のサポートビジネス
     - データベース設計・データベース環境構築
     - データベース運用監視およびバックアップ・リカバリー製品などの開発
     - 富士通および富士通グループ各社が構築する多くの大規模ミッションクリティ
        カルシステムにおけるデータベース適用業務

商標について

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 その他、記載されている社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース ID: FJH2013-0528
日付: 2013年5月28日
会社名: 株式会社富士通北陸システムズ,

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通北陸システムズ
データベースソリューション事業本部 長柄
icon-telephone 電話: 03-5782-7311
icon-mail E-mail: fjh-dbsupport@ml.jp.fujitsu.com