GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2011年 >
  4. プレスリリース

 『DBマイグレーション for Oracle~Powered by Oracle GoldenGate~』を提供開始

~数分の業務停止でデータベース移行を実現~

株式会社富士通北陸システムズ(代表取締役社長:山崎 勝則、本社:石川県金沢市 以下、FJH)は、データ連携・統合ツール製品の最新版であるOracle GoldenGate 11gの機能を活用し、データベース移行時の業務停止時間を大幅に短縮するソリューションとして強化した「DBマイグレーション for Oracle ~Powered by Oracle GoldenGate~」を本日よりご提供いたします。本ソリューションの適用により、最小限の業務影響で既存データベース資産を最新のOracle Database 11g Release 2に移行することが可能となります。
本サービスは、オラクル認定資格の最高峰であるORACLE MASTER Platinum資格取得者数3年連続国内第一位(*1)の認定技術者によるプロフェッショナルサービスとしてご提供いたします。
(*1) 2010年8月発表 : 2011年5月現在ORACLE MASTER Platinum取得数 :71

2011年6月23日

当社は、長年のオラクルへの取り組みにより培った特化ノウハウを基に、オラクル・データベース・システムにおける「移行に伴う早期のリスク見極め」、「移行手順の明確化」、「短時間かつ安全・確実な移行」について、お客様に応じた最適な移行を実現するソリューションとして「DBマイグレーション for Oracle」を2008年12月より提供してまいりました。
今般、データ連携・統合ツール製品の最新版であるOracle GoldenGate 11gの機能を活用し、データベース移行時の業務停止時間を大幅に短縮するソリューションとして「DBマイグレーション for Oracle ~Powered by Oracle GoldenGate~」を本日よりご提供いたします。日本国内No.1のORACLE MASTER Platinum資格取得数に裏づけされた高い技術力と数多くのデータベース移行経験をもとに、Oracle GoldenGateを活用してお客様に最適で先進的なデータベース移行をご提案いたします。
本ソリューションの適用により、最小限の業務影響でお客様の既存データベース資産を最新のOracle Database 11g Release 2に移行することが可能となります。これによりコスト削減とパフォーマンス向上を両立し、高い事業継続性をもつ次世代データベース基盤を実現できます。


Oracle GoldenGate を活用したデータベース移行について

Oracle GoldenGateは、独自のデータ取得/配信機能により、高速なデータ連携を実現しているため、システム負荷影響を最小限に抑えながら新データベースへのデータ同期を実現します。これにより、移行当日は新データベースへの切り替えのみを実施することでシステム停止時間を大幅に短縮することが可能です(*2)。例えば、従来のExport/Import方式では12時間以上必要としていたデータベース移行時の業務停止時間を数分程度(従来比:1/80)に短縮することが可能になります(*3)。
また、Oracle GoldenGateは、異なるオペレーティングシステム間、異なるオラクル・データベースバージョン間、異種データベース間で利用できるため、様々なシステムからOracle Database 11g Release 2への移行が可能となります。

(*2)移行ステップの概要
・大容量のデータコピーはオンライン中に実施
・差分データを新旧データベース間でリアルタイム同期(Oracle GoldenGate機能)
・移行当日は新データベースへの切り替えのみを実施
(*3)Oracle 9i Database(9.2)からOracle Database 11g(11.2)への移行検証結果(データ容量:約600GB)

※Oracle Golden Gate 11gの詳細は、日本オラクル様ニュースリリース
「日本オラクル、「Oracle GoldenGate 11g」の提供を発表」をご参照下さい。


※「DBマイグレーション for Oracle~Powered by Oracle GoldenGate~」サービス概要(イメージ)

※「DBマイグレーション for Oracle ~Powered by Oracle GoldenGate~」サービス概要(イメージ)

本サービスの特長

~安全・確実・迅速なDB移行を実現いたします~

1.DB移行アセスメントサービス
移行時のリスクを早期段階で、且つ高い精度で見極め、システム毎の最適な移行方式を提案します。DB移行の企画・検討段階で、実現性の高い移行計画の早期立案が可能となります。

2.DB移行ソリューション
事前検証済みの高品質な移行を実施し、移行期間の短縮化、移行時リスクの排除を実現します。お客様のデータベース資産の短時間、且つ安全・確実な移行により業務影響の最小化が可能となります。

3.DB移行コンサルティング
ORACLE MASTER Platinum資格保持者が、専門特化ノウハウを基にDBシステム移行に関する技術コンサルティングを実施します。
数十件以上の移行実績に基づくノウハウにより移行プロジェクトの円滑な進行が可能となります。

本サービスの適用対象

移行元、移行先のOS、オラクル・データベースバージョンは問いません。全ての環境に対応いたします。

販売開始日

即日

販売価格

① DB移行アセスメントサービス 33万円 (1データベースあたり)

② DB移行ソリューション 120万円~ (*)

③ DB移行コンサルティングサービス 個別見積り (*)
              (*)データベース規模に応じた個別の御見積りとなります。

販売目標

今後1年間で3億円の売上を計画しています。

当社のオラクルへの取組みについて

当社は、1991年にオラクル製品の評価作業からデータベース製品への開発・サポートに携わり、長年に渡り継続的なノウハウの蓄積に努め、オラクルデータベースに特化した様々な独自のソリューションサービスを創出して参りました。また、データベース本体のみならず、周辺ツールやITインフラに至るまでのすべてについて設計/構築が可能な体制を有し、富士通グループのオラクルビジネスの中心的役割を担っております。
また、オラクルデータベース認定資格制度ORACLE MASTERの最高峰である「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g」、「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g」の資格取得数が3年連続国内No.1となり、日本オラクル様より「ORACLE MASTER Platinum Award」を受賞しました。(2011年5月現在、Platinum資格取得数:71) このORACLE MASTER Platinum資格取得者のノウハウを最大限に活かし、今後、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。
       ORACLE MASTER Platinum Award 3年連続第一位を受賞!(当社プレスリリース)
       発表!ORACLE CERTIFIED CONSULTANT AWARD 2010 (日本オラクル社様HP)

日本オラクル様からのエンドースメント

日本オラクルは富士通北陸システムズのデータベース・移行/アップグレードサービス「DBマイグレーショ ン for Oracle ~Powered by Oracle GoldenGate~」の「Oracle GoldenGate 11g」対応版の提供を歓迎いたします。
今回、データベースの移行に豊富な実績を持つ富士通北陸システムズが「DBマイグレーションfor Oracle」を強化するため、オラクルのデータ統合技術「Oracle GoldenGate 11g」の活用を開始いただきました。これにより、ミッション・クリティカルな大規模データベースの移行において課題であったデータベースのダウンタイムを最小限に留めることが可能となった他、異なるOSやハードウェアからの円滑な移行も可能になります。さらに、移行後のディザスタ・リカバリー用途やリアルタイムなマルチマスターレプリケーションの実現等、強固なシステム基盤の実現を支援します。
本ソリューションの提供を通じて、より多くのお客様がオラクルの最新データベース「Oracle Database11g Release 2」を採用し、最新機能の活用やサーバ統合によるメリットをご享受いただけることを期待しています。

日本オラクル株式会社
専務執行役員 製品事業統括 兼 テクノロジー製品事業統括本部長
三澤智光 様

当社が提供するオラクルデータベースソリューション

様々なオラクルデータベースソリューションにおいて、ORACLE MASTER Platinum資格取得者による付加価値の高いサービスをご提供いたします。

※当社が提供するオラクルデータベースソリューション

詳細については、下記URLをご参照ください。(FJH 製品&サービス ホームページ)
http://jp.fujitsu.com/fjh/services/

株式会社富士通北陸システムズ

本社所在地: 石川県金沢市増泉3-4-30
代表者: 代表取締役社長 山崎 勝則
設立: 1983年9月
URL: http://jp.fujitsu.com/fjh/
事業所: 東京、金沢、富山、福井
事業内容: ・基本ソフトウェア研究、開発
・システムインテグレーション、コンサルティング
・アプリケーションソフトウェアの開発、販売
・データベース関連事業
     - Oracle製品のサポートビジネス
     - データベース設計・データベース環境構築
     - データベース運用監視およびバックアップ・リカバリー製品などの開発
     - 富士通および富士通グループ各社が構築する多くの大規模ミッションクリティ
        カルシステムにおけるデータベース適用業務

商標について

ORACLEおよびOracleは、米国Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の登録商標です。その他、記載されている社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース ID: FJH2011-0601
日付: 2011年6月23日
会社名: 株式会社富士通北陸システムズ,

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通北陸システムズ
データベースソリューション事業本部 沼田
icon-telephone 電話: 076-244-9700
icon-mail E-mail: fjh-dbsupport@ml.jp.fujitsu.com