GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. 留意事項

留意事項

 製品トップ |  ニュース |  製品概要 |  製品体系・価格 |  動作環境 |  留意事項 | ダウンロード |  よくあるご質問 |  お問い合わせ |


スルーPASSでの運用において、以下の留意事項があります。

  • スルーPASS以外の方法でパスワード変更をする運用は実施しないで下さい。
    OS機能で提供されている一般的な方法(例えば、Solarisで/usr/bin/passwdコマンドを使用しての変更)でパスワードを変更した場合、WindowsとSolaris、Linux間でパスワードが不一致となります。スルーPASSはスルーPASS以外の手段でパスワードを変更された場合、システム間のパスワードの違いを同一化する機能はサポートしてません。
  • クラスタ構成でドメイン管理を実施していても、スルーPASSでの待機(バックアップ)運用はできません。
  • ターミナルサービス及びそれに準じるサービス内でのスルーPASSの利用はできません。
  • ユーザパスワードの初期値としてパスワード無しは登録できません。
  • ユーザ名として、英大文字・小文字を混在させたものは登録しないで下さい。
  • NIS(Network Information Service)環境およびNIS+(Network Information Service Plus)環境では、同一ユーザのパスワード変更を短時間内に連続して行ってはいけません。
    NIS環境およびNIS+環境では、パスワード情報がデータベース反映されるまでに時間がかかります。このデータベースへの反映前に、再度パスワード変更を実施すると、旧パスワードが一致しない旨のエラーが発生する場合があります。
  • NIS,NIS+クライアントマシンでは、システム管理者(root)権限によるパスワード強制変更は利用できません。
    NIS,NIS+クライアントマシンでは、一般ユーザのパスワード変更のみ利用できます。システム管理者(root)権限によるパスワード強制変更は、NIS環境およびNIS+環境においてはそれぞれNIS、NIS+サーバマシン上でのみ実施できます。
  • 移動プロファイル環境にて運用する場合は、移動プロファイルのユーザがログオンするWindowsNTワークステーション、Windows 2000 Professional、Windows XP ProfessionalすべてにスルーPASS Clientをインストールする必要があります。
  • 移動プロファイル環境でプロキシサーバを利用する場合は、移動プロファイルのユーザがログオンするコンピュータのWebブラウザでローカルアドレスにはプロキシサーバを使用しない設定を行う必要があります。
    自動設定スクリプトでプロキシサーバの設定を行う場合にもローカルアドレスにはプロキシサーバを使用しない設定を組み込んでください。
  • NIS環境及びNIS+環境ではNISサーバ、NIS+サーバへのローカルログインを制限しないで下さい。
  • Windowsではパスワードの制限を設定しないで下さい。
  • OSで設定したパスワードの有効期間・変更禁止期間等は、スルーPASS側では考慮されません。
    設定したパスワードの有効期間・変更禁止期間が直接スルーPASSに反映することはありません。
    ただし、その期間設定により、スルーPASSがOSに依頼したパスワード変更が失敗した場合は、パスワード変更が正常に処理できません。
  • 各ターゲットシステムのOSにおいて、ユーザ管理に関する適切なパッチが適用されていない場合、パスワード変更が失敗する可能性があります。