GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. ダウンロード

SecureBOX V2.1 L20 アップデートプログラム

[登録日:2008年10月10日]

「SecureBOX V2.1 L20 アップデートプログラム」は、Windows Vista SP1、および、Windows Server 2008に対応すると共に、セキュリティ改善、利用者機能の累積修正をご提供するプログラムです。以下の内容をご一読の上、ご適用ください。

目次:

なお、問題点の詳細等についてはREADMEをご参照ください。
アップデートプログラムが解決する問題:
SecureBOX V2.1 L20では、以下の修正を実施します。

[新OS対応]
  • 対応OSにWindows Vista SP1、Windows Server 2008を追加
[セキュリティ改善]
  • 暗号化してメールで送信時に自己復号ファイルを選択した場合に警告を表示
  • 自己復号ファイルの暗号化アルゴリズムをTriple-DESからAESに強化
[利用者機能の累積修正]

  • ドメインにログオンするとWindowsログオンのパスワードと連携できない現象の修正
  • UPN形式でユーザ名を指定してログオンするとWindowsログオンのパスワードと連携できない現象の修正
  • 書庫内のファイルをドラッグ&ドロップで解凍できない現象の修正
ご使用方法:

  1. アップデートプログラムをダウンロードするための作業用フォルダを用意してください。
  2. 用意した作業用フォルダにアップデートプログラムをダウンロードします。
  3. すべてのSecureBOXのプログラムが起動されていないことを確認してください。
  4. ダウンロードした"sbu2120u.exe"を実行して、指示に従って操作してください。
  5. 完了すると、コンピュータの再起動が要求されますので、再起動を行ってください。
アップデートプログラムの適用が完了すれば、作業フォルダは不要となるので、削除してください。
ファイル名 ファイル内容 公開日
icon-download sbu2120u.exe (5,141,736Byte) SecureBOX V2.1 L20 アップデートプログラム 2008年10月10日

【注意事項】

  • アップデートを実施するには、SecureBOX V2.1 L10もしくはV2.1 L10Aが予めインストールされている必要があります。
  • SecureBOX Administrator は管理者機能でありアップデート対象ではありません。
  • インストールは、システムの管理者が行う必要があります。管理者権限を持つユーザについては、各オペレーティングシステムのマニュアルで確認してください。
  • アップデート中に InstallShieldウィザードによって『ロックされたファイルの検出』というタイトルのメッセージが表示される場合があります。 その場合には、必ず [再起動] ボタンを選択し、システムの再起動時にアップデートされるようにしてください。
  • その他の詳細事項につきましては、インストールガイドに記載されておりますので、ご一読ください。