GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通北陸システムズ

Japan

  1. ホーム >
  2. 社長挨拶

社長挨拶

代表取締役社長 坂根 徹

富士通北陸システムズは、1983年に設立されて以来、北陸を起点として富士通のソフトプロダクトの中核を担い、また、全業種のお客様をサポートするためのスキル・ノウハウの蓄積に努めながら富士通のソリューション・サービスの提供に携わってまいりました。

当社は、富士通グループの中でもソフトウェア開発事業部門とソリューション・サービス事業部門の双方を有する特色を持った会社です。

事業活動は「アプリビジネス」、「基盤ビジネス」、「ソフトプロダクトビジネス」の3つのコア事業(※)で構成し、ソフトウェア開発からシステムインテグレーションまで、幅広く多岐にわたる領域で活動しています。

このソフトウェア開発部門とソリューション・サービス事業部門は、それぞれのビジネスを展開しながらも、双方の有する技術力やインテグレーション力、プロデュ―ス力を結集し、融合させることで、お客様ニーズを高い次元で実現可能にします。

当社の企業理念には、

  • 「ビジネスパートナーとして、すべてのお客様と取引先に信頼され、評価され、お役に立つ」こと、
  • 「社員一人ひとりがこのことを実感しつつ仕事のやりがいを持てる、活力のある組織集団であり続ける」ことを掲げています。

富士通北陸システムズは、企業活動を通して社員一人ひとりの人間力を高めるとともに、ビジネスと技術を融合させ、ITシステムでお客様ビジネスと富士通グループに貢献しながら、持続的に成長するサービス企業を目指してまいります。


株式会社 富士通北陸システムズ
代表取締役社長 坂根 徹



(※)3つのコア事業

  • アプリビジネス
    全業種をカバーできるスキルやノウハウの蓄積に努め、北陸三県のお客様へのICTサポートやソリューションをご提供するとともに、富士通グループにおける首都圏重要プロジェクト群の一躍を担っています。
  • 基盤ビジネス
    多数のオラクル社認定資格(ORACLE MASTER PlatinumやORACLE MASTER Cloudなど)保有者による技術とIT基盤技術を組み合わせ、先駆的で高難度のシステム基盤構築やサポートを高品質で提供しています。
  • ソフトプロダクトビジネス
    富士通のソフトウェア製品の開発、サービス、サポートを支える中核的なグループ企業として、広範囲な製品群をカバーしています。