会社概要

会社概要

社名富士通ITマネジメントパートナー株式会社
(Fujitsu IT Management Partner Co., Ltd.)
所在地
本社
〒530-0042
大阪府大阪市北区天満橋一丁目8番30号(OAPタワー30階)  MAP
Tel: 06-6809-6650(代表)
 横浜佐江戸オフィス
〒224-8539
神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地
Tel: 045-939-1037(代表)
群馬オフィス
〒370-0596
群馬県邑楽郡大泉町坂田1丁目1番1号
Tel: 0276-61-7929(代表)
代表者代表取締役社長 長谷川 哲也
役員執行役員副社長 森本 一司(ソリューション担当)
執行役員 村山 裕史(第一ソリューション本部担当)
執行役員 新井 章寿(第三ソリューション本部・ITMS事業支援担当)
執行役員 鶴田 清文(経営企画・ビジネス支援・共通技術・Qfinity担当)
監査役(非常勤) 小野 俊彦
設立2014年7月1日
資本金1億円
従業員数500名(2020年4月1日現在)
主な取引先パナソニック株式会社、富士通グループ各社など

社長挨拶

【かけがえのないパートナーを目指して】

富士通ITマネジメントパートナー(株)を代表してご挨拶申し上げます。
当社は、パナソニックグループ様の業務アプリケーションの企画から運用までの包括的サービス提供を事業の柱とする会社として、2014年7月1日に富士通グループの一員として誕生しました。
お客様の現場業務とシステムについての豊富な知識・経験・技術によって、お客様にとってかけがえのないパートナーになること、これは前身となる松下システムソフト(株)創業1990年より続く私たちの思いであり、原点です。

現在当社は、この目覚ましく変化する社会およびビジネス環境において、これまで培ってきた業務知見とデジタル活用技術をさらに強化・駆使し、ライフサイクル視点での持続的なソリューションをご提供することにより、お客様のビジネス成果創出に貢献、お客様とともに未来を創造することにチャレンジしています。

これは、「イノベーションによって社会に信頼をもたらし世界をより持続可能にする」という富士通グループ全体のパーパス(注1)実現にもつながる取り組みであり、One Fujitsuの一員として、またお客様ならびにすべてのステークホルダーの皆さまとの協調を大事にして尽力してまいります。

お客様にとってかけがえのないパートナーとなることを常に意識し、お客様の変革と成長に貢献すると同時に社員自らも変革し成長し続ける企業を目指して参ります。
引き続き格別のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

富士通ITマネジメントパートナー株式会社
代表取締役社長  長谷川 哲也

注1パーパス:企業の存在意義や果たすべき役割を意味します。Fujitsu Wayでは、
富士通グループが「イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくこと」を「パーパス」と定めています。

沿革

1990年4月松下電器産業株式会社100%出資会社として
松下システムソフト株式会社設立
1998年2月東京支社開設
2006年10月中国大連市オフショアオフィス開設
2007年1月西門真オフィス開設
2008年3月ISO27001 認証取得
2008年10月松下システムソフト株式会社から
パナソニックITソリューションズ株式会社に社名変更
2010年4月パナソニック ビジネスシステムズ株式会社と合併
2014年7月パナソニック株式会社から富士通株式会社への
株式譲渡により富士通100%出資会社となる
2014年7月富士通ITマネジメントパートナー株式会社へ社名変更
2014年8月西門真から大阪市北区へ本社を移転
2016年2月ISO14001 に準拠した環境マネジメントシステムの
富士通グループグローバル統合認証を取得
2016年7月北京富士通系統工程有限公司配下に
中国大連オフショアオフィス開設

社会分野の取り組み

当社のCSR活動の一環として、持続可能な社会の発展へ貢献することを目的に社会貢献活動を推進しています。

授産品の社内販売

障がい者の就労支援の活動として、授産製品の販売会を2か月に1回のペースで開催し、授産品の購入を通して、福祉施設や障がい者の就労支援に貢献しています。

当社では、福祉施設の中間支援を行っている認定NPO法人トゥギャザー社と連携しています。
そして、大阪市内の福祉事業所「シルフ」で障がい者の方々が作った「焼きたてパン」や、全国各地の福祉事業所で作られたレトルト食品やお菓子などの販売会を、本社OAPタワーの自社居室内で、社員やOAP入居の富士通グループ社員を対象に実施しています。

地域貢献

OAP本社は日本三大祭の「天神祭」の行われる大阪天満宮のすぐそばに立地しています。
毎年7月24-25日は天神祭が開催され、25日の奉納花火は当社の入居するビルの目の前で上がり、ビル周辺は多くの人でにぎわいます。

街や夜空は祭の灯で華やかですが、足元を見ると、会場やその周辺には大量のゴミが散乱しており、地域住民とっては、祭のゴミ問題は毎年の課題になっています。

当社は地域貢献として、2016年度から「天神祭ごみゼロを考える会」の取組みに賛同。
2017年度は、「天神祭ごみゼロ大作戦」にボランティア参加し、会場内のクリーン活動やリユース食器の回収ステーション運営に協力し、地域との共生を図っています。

次世代育成支援

持続可能な社会の発展に貢献するため、次世代育成について以下の計画を掲げて推進しています。

2018年10月1日
富士通ITマネジメントパートナー株式会社

行動計画

社員の仕事と育児の両立を引き続き支援すると共に、働き方改革に前向きに取りくむことで、社員全員が、心身共に健康に、かついきいきと働くことができるよう、次の通り行動計画を策定する。

1. 計画期間

2018年10月1日から2021年3月31日までの2年6か月間

2. 内容

目標1 : 多様なライフプランを受け入れることのできる組織風土への改革

<対策>
  • 2018年10月 テレワーク勤務や各種制度の社員への周知
  • 2019年10月 勤務や制度運用に関する改善の検討、見直し

目標2 : 仕事と育児の両立支援に関する制度運用のさらなる充実/一層の利用促進

<対策>
  • 2018年10月 企業主導型保育施設の契約、案内
  • 2018年10月 各種制度の利用促進を目指した情報提供の検討と社員への周知
  • 2019年4月 育児関連制度の拡充検討

目標3 : 月平均時間外労働時間について40時間以下を維持する

<対策>
  • 2018年10月 多様で柔軟な働き方や効率的な働き方を実現する環境整備

以上

女性活躍推進

女性活躍推進法に基づき、社内の雇用環境の整備を以下の通り推進しています。

行動計画

行動計画

2016年3月22日
富士通ITマネジメントパートナー株式会社

 女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する

  1. 計画期間
    2016年4月1日~2021年3月31日
  2. 当社の課題
    1. 女性比率が低く、事務職に比べ、システムエンジニア職の比率が少ない
    2. 女性管理職が少ない
  3. 目標と取り組み内容・実施時期

目標1 : 全従業員に占める女性社員比率を20%以上とする

<取り組み内容>
  • 2016年6月~:WGによる現状課題、働き方の在り方検討
  • 2017年4月~:新・就業制度のトライアル
  • 2018年4月~:新・就業制度の本格運用

目標2 : 新任幹部社員の女性社員比率を延べ20%とする

<取り組み内容>
  • 2016年6月~:ダイバーシティ推進WGによる現状課題検討
  • 2016年8月~:意識実態調査
  • 2016年9月~:次世代女性リーダー育成プログラムの検討
  • 2017年4月~:施策トライアル

以上

ページの先頭へ