GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ものづくり >
  3. ものづくり >
  4. 3Dプリンタ造形サービス

3Dプリンタ造形サービス

3Dプリンタ造形サービス

3Dプリンター造形により、PCのディスプレイ上だけでは判り難かった実物のイメージ(サイズ、感触等)が感覚的に判る/伝わるようになり、製品の開発上流(デザインモック、機能検証モック、実装構造検証試験)における検証期間の短縮とローコスト化を実現し、また量産段階での手戻り抑制が期待できます。

更に、2次加工や塗装などのオプションサービスにより、作業の検証確度が高まります。

造形サービスの流れ

造形サービスの流れ

造形サービス例

造形サービス例 微細部品 造形サービス例 骨盤モデル 造形サービス例 手モデル


3Dプリンタシステムの概要

設備名称 Connex500(ストラタシス社)
造形サイズ 490 x 390 x 200mm(MAX) タブレットPC、ノートPCの外形サイズをカバー
造形方式 インクジェット+UV硬化
積層ピッチ 0.016mm(Z軸)
※高精密積層No.1(2013年7月現在)
造形精度 ±0.1mm(X-Y軸)
対応材料 UV硬化性アクリル樹脂
透明硬化樹脂/ABS相当/PP相当/ゴム系軟質樹脂/高耐熱樹脂