GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 業種別ソリューション >
  4. ライフサイエンスソリューション

ライフサイエンスソリューション

近年の製薬業界は、海外における「企業再編成によるグローバルレベルでの競争激化」、国内における「薬価の引き下げ」「ジェネリック医薬品の台頭」「各種規制の強化」など、より激しい変革の時代を迎えています。

このような環境変化の時代における製薬企業の重要な課題の一つが、新薬開発のスピードアップです。そのため医薬品の価値を左右する有効性・安全性に関する情報の迅速な収集および効率的な管理が必要とされています。

富士通エフ・アイ・ピーは、この課題に対し1990年代より安全管理業務支援パッケージ「パーシヴ」シリーズを提供してまいりました。また、国内初のインターネットを利用した製造販売後調査支援サービス「PostMa」シリーズにより、製造販売後調査業務のスピードアップとクオリティ向上を実現するなど、常に製薬企業の課題に対して先進のソリューションをご提案し続けております。


製造販売後調査進捗管理システム「PostMaWatch」 製造販売後調査データ収集システム「PostMaNet」 安全性情報管理システム「パーシヴAce/PV」 安全性情報一報・詳細報収集支援サービス FUJITSU ライフサイエンスソリューション tsClinical Colle-Spo(コレスポ)

安全性情報一報・詳細報収集支援サービス「tsClinical Colle-Spo」

tsClinical Colle-Spoは、製薬企業が従来、紙や人力で収集していた医薬品の副作用情報に関する自発報告の収集業務を電子化するSaaS型サービスです。MR入力による連絡票(一報)から医師入力による詳細調査(詳細報)までをインターネットを介して収集することで情報一元管理と作業負荷軽減を強力にサポートします。

※2019年7月に一報の収集業務機能をリリースしました。
   詳細報の収集業務機能についても順次リリース予定です。

安全性情報管理システム「tsClinical パーシヴAce/PV」

tsClinical パーシヴAce/PVは医薬品安全性情報の収集から報告、保管までの一元管理を実現します。各種機能により、安全性情報管理業務の規制を遵守(GVP)、業務効率化を強力サポートします。

製造販売後調査データ収集システム「tsClinical PostMaNet」

tsClinical PostMaNetは、医薬品の製造販売後調査における症例データを、インターネットを介して医療機関から製薬企業に送信し、データの収集・管理をするASPサービスです。製造販売後調査業務の効率化・迅速化を図ります。

製造販売後調査進捗管理システム「tsClinical PostMaWatch」

tsClinical PostMaWatchは、製造販売後医薬品の有効性や安全性に関わる調査(PMS)の情報データと進捗を管理するASPサービスです。管理部門を中心として行われてきたPMS業務について、現場の最前線であるMRからの入力、およびCROからの利用を可能にし、業務の効率化・迅速化を図ります。

データセンター(IDC)紹介

ASPサービス(tsClinical PostMaNet/tsClinical PostMaWatch)は、国際的な標準規格であるISO27001などの各種認証を取得しており、IDC機能を備えたハイレベルセキュリティセンターにて実施しています。 データセンター(IDC)の紹介はこちらから arrow-double


関連情報

【導入事例】

パーシヴユーザ専用ページ移行のお知らせ

2013年5月31日パーシヴユーザ専用ページ(http://perceive.fip.fujitsu.com/)を移行しました。今後のお客さまへのお知らせや修正パッチの公開等については、WORK RANGERにてご提供します。

GTM-KRVVZD