GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 業種別ソリューション >
  4. ヘルスケアソリューション >
  5. 成長型電子カルテシステム 「HOPE EGMAIN-GX」 >
  6. 成長型電子カルテシステム FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE EGMAIN-GX(ホープ/イージーメイン-ジーエックス)特長

成長型電子カルテシステム FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE EGMAIN-GX(ホープ/イージーメイン-ジーエックス)特長

ユーザビリティ -さらなる使いやすさの追求-

必要な情報を、効率よく検索するための機能を充実しました。

ユーザビリティ -さらなる使いやすさの追求-

患者基本情報バー

画面上に現在開いている患者情報を常時表示します。

最近使ったツールの自動登録

最近使ったツールが自動的に登録されます。

ナビゲーター機能

患者様の状態を直感的に見つけだせるよう、カルテ記載の履歴がツリー表示されます。ページをすばやく開くインデックスとしても活用できます。

文字修飾機能

文字単位での修飾機能や、自由なコピー&ペーストなどの機能を充実させ表現力を大幅に向上させました。

付箋機能

カルテに「付箋」でマーキングすることで、検索をスピーディーに行うことができます。重要な情報をすばやく表示できるので、カンファレンス等に有効です。

お気に入りアイコン

利用者ごとによく使うツールを、自由に編集して登録することができます。

文書管理

同意書や診療情報提供書などの文書は、電子カルテに入力したデータを自動展開し、保存することが可能です。

テンプレート

カルテに記載する内容を雛形化し、チェックや数値入力などで簡単に入力することができます。

予約カレンダー

診察予約や検査予約など、一度に複数の空き状況を確認しながら同時に予約調整を行えます。

予約カレンダー

患者掲示板

患者様に関してチームの間で共有したい情報は、カルテ画面を開く前に掲示板に表示します。

患者掲⽰板

オーダーツール

オーダーの特性に合わせた各種ツールをご用意しています。

オーダーツール

画像レポート参照

カルテ画面から検査レポートと画像を同時に参照することができます。

画像レポート参照

診療情報の共有

データベースの一元化

統合型電⼦カルテシステム患者様に関する診療情報を医療チーム全員が共有し、チーム医療の推進を図るためには、カルテ・オーダ・看護の機能一体化とひとつのデータベースによる情報の統合管理が不可欠です。

診療情報の一元管理

様々な職種の方の記載内容が、リアルタイムでひとつのカルテに反映されます。全ての情報を時系列で表示したり、診療記録・看護記録・オーダ・レポート単位に絞り込んで必要な情報を表示できます。

リアルタイムの情報共有

患者様のカルテやクリティカルパスを複数の場所で、複数のスタッフがいつでも利用(記録・参照・追加・修正)可能です。

チーム医療

NSTやICT・褥創対策チームといった、医師・看護師などの、職種を超えたチーム医療に対する取り組みを実現するために、電子カルテシステム上にチーム医療専用のツールをご用意しています。

チーム医療

安⼼安全な医療の推進

セーフティマネジメント

セーフティマネジメントバーコードを活用して、患者様や、診療行為、利用者などの認証を行います。表示された照合結果を確認すると同時に、実施入力した内容が電子カルテシステムに記載されます。

情報セキュリティ

電子カルテシステムを安心してお使いいただくために、利用者認証、アクセスの記録/制御、情報漏洩の防止にシステム面からの対策を講じ、プライバシー保護に努めております。

版数管理方式

真正性の確保
誰がいつ(入力/参照/訂正/追記)したのか

利用者の操作(追記、更新、参照、削除など)情報を版数で管理出来るのでアクセスログをもとにした操作行為の追跡、解析が可能です。修正、削除は紙カルテと同様に消し線にて画面表示を行います。

版数管理⽅式

個人認証

ID・パスワードの他に、ICカードやバイオメトリクス認証の採用により、アプリケーションログオン時の利用者認証を強化します。

患者パスワード機能

特別な患者様や病院職員のカルテ情報をパスワードで保護・管理します。参照の必要の無い利用者が、著名人や病院職員の方の情報を閲覧することを防ぎます。

アクセスログ管理

誰が、いつ何を入力・参照・訂正・追記したか、などのアクセスログを管理し、解析することができます。

業務の標準化

クリティカルパス

診療カレンダー

クリティカルパスをポータルサイトとして位置付け、全ての診療情報を俯瞰しながら、オーダーの発行、実施、削除をはじめ、診療の記録や検査結果の参照を行うことができます。また、パスの計画から実施、バリアンスの入力と分析・評価まで、パスの一連のワークフローをサポートします。

診療カレンダー

患者パスシート

⼊院経過説明⽤にパスシートを印刷することができます。インフォームドコンセントの推進により、患者サービスの向上を⽀援します。

DPCオーダー連携

パスとDPCコードの連動が可能なので、診療カレンダー上で入院日を起点にした、DPC別の入院期間・包括点数を表示することができます。

患者プロセスパス

患者の状態変化に合わせて、次のプロセスを選択することができます。従来のオーバービュー型のパスに比べ、治療パターンをプロセス化して組み合わせることで、パス適用率が向上し、更なる医療の標準化を推進します。

日めくりパス

オーバービュー形式で、計画したオーダ・看護指示などを一日単位に一画面で表現します。達成目標(アウトカム)を意識して当日行う内容を時系列で表示し、同一画面で指示内容の実施入力や観察項目の入力ができます。
これにより、患者の介入状況などを管理し、業務の効率化や請求漏れを防ぐことができます。

病棟業務

看護過程

看護支援システムは、看護過程全般をサポートし、看護業務の効率化と標準化を推進します。NANDA・NOC-NICによる看護計画の立案にも対応しています。

別途マスタの購入が必要です。

看護過程

経過表

看護師さんのワークフローを経過表中心に考え、指示受け、指示確認、実施入力、日々の記録が可能になりました。経過表ひとつで実施~記録まで全ての看護プロセスに対応できます。また、必要な情報をすぐに参照できるように、観察項目などを利用者ごとに設定できます。

経過表

病棟マップ

病棟患者マップを⼊り⼝にして担当患者を選択しワークシート出⼒、経過表⼊⼒ができます。また、ドラッグ&ドロップでのベッドシミュレーションや移動オーダーの実施もできます。

指示受け

インチャージシートから観察項目、クリティカルパス、経過表などの各種ツールを起動して、処方や看護指示の確認ができます。

レベルアップする成長型システム

医療制度の変化、医学の進歩に柔軟に対応し、医療サービスの質を向上するために、稼働後もシステムを評価、改善しながら、常に進化していく成⻑型のシステムです。

レベルアップする成⻑型システム

GTM-KRVVZD