GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

土木設計計算

土構造物やコンクリート構造物を対象とした「斜面安定計算」、「圧密沈下計算」、「液状化判定計算」、「土留め工の設計計算」、「擁壁設計計算」等、17種類の設計計算パッケージをご提供しております。

盛土および切土斜面の安定性を円弧または複合すべり面で計算します。
監督官庁・公団が制定する33種類の設計基準に対応し、サンドコンパクションパイル、グランドアンカー、ジオテキスタイル、切土補強土工法などの対策工の検討に対応した「フル機能版」。また、道路、ダム、宅地造成、港湾・鉄道等の作成時における計算に必要な設計基準を限定した「基準限定版」をご用意しています。

入力した縦断面および横断面データより3次元地形データを生成し、DEMデータ作成機能により等間隔に分割した土柱モデルを作成し、極限平衡法による3次元斜面安定計算を行うシステムです。谷埋め盛土や複雑な地すべり形状の検討、3次元形状を考慮した対策工のコストダウンの検討等に有効です。

粘性層・砂質層・泥炭層の圧密沈下計算をサポートするWindows版設計システムです。
Δe法・Mv法・Cc法の多種の計算機能を網羅するとともに、わかりやすい操作性と自由度の高い出力機能により、高品質で効率的な設計が可能です。

重複反射理論による水平地盤の地震応答解析から地盤の液状化判定までを一連で計算できるWindows版液状化判定システムです。豊富な設計基準・計算機能を網羅するとともに、わかりやすい操作性と自由度の高い出力機能により、高品質で効率的な設計が可能です。また地震応答解析と液状化判定を独自に計算することもできます。

高架橋、地下構造物、建物などの梁モデルの変形計算を行います。分布荷重、温度荷重、節点集中荷重、集中モーメントをはじめとした各種 荷重条件に対応するとともにパターン入力、CAD入力機能により、データ作成を大幅に短縮することができます。また、Version 13から面外荷重の取り扱いが可能になりました。

限界状態設計法および許容応力度法によりRC断面照査を行うWindows版設計システムです。7種類の断面形状の照査が可能であり、多段鉄筋、側方鉄筋、交互配筋を考慮した計算を行うことができます。また、わかりやすい操作性および報告書形式の出力機能の強化により高品質で効率的な設計が可能です。

土木技術者向け簡易計算ツールは、構造力学および土質力学のExcelツールです。基本的な応力値や係数の公式を網羅し、セルへの入力だけで簡単に解を表示できます。

関連情報

GTM-KRVVZD