GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

維持管理・診断・補修・補強

コンクリート構造物を長期間にわたり良好な状態で使用するために、品質的に優れた施工を行うとともに周辺条件や劣化状況に応じて正しい維持補修を行う必要があります。当社では、(財)鉄道総合技術研究所「変状トンネル対策工設計マニュアル」および、日本道路公団「設計要領 第三集(トンネル)」に基づき、はり・ばねモデルによる骨組解析手法を用いたひび割れ進展解析を行うシステムとコンクリート構造物の塩害および中性化による浸透予測を行い、補修工法ごとのLCC(ライフサイクルコスト)を評価するシステムを皆様にご提供しています。

コンクリート構造物の劣化診断とLCC(Life Cycle Cost)を評価するシステム「DIALLC(ディアルエルシー)」をご紹介いたします。 鉄筋の腐食の進行が早く早期発見が重要な塩害と、十分な鉄筋のかぶりが取れずに問題が再認識されている中性化の劣化予測を行います。また、鉄筋の腐食による曲げ耐力およびせん断耐力の低下を評価します。さらに、各種補修工法を用いた場合の構造物の供用期間中におけるLCCを評価することにより適切な維持管理計画の立案を支援致します。

(財)鉄道総合技術研究所「変状トンネル対策工設計マニュアル」および、日本道路公団「設計要領第三集(トンネル)」に基づき、はり・ばねモデルによる骨組解析手法を用いたひび割れ進展解析を行うシステム「DEFTRACK(デフトラック)」をご紹介いたします。地圧による変状トンネルの対策工検討にひび割れ進展解析を適用することにより、対策効果の定量的評価が可能となります。

関連情報

GTM-KRVVZD