GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション >
  3. 防災ソリューション >
  4. 災害フォトシステム「AlertStation MP」

災害フォトシステム 「AlertStation MP(アラートステーション エムピー)」

災害フォトシステム「AlertStation MP」は、携帯電話やスマートフォンに搭載された「カメラ」「GPS」「メール」の3つの基本機能を利用して、道路のひび割れや建物の倒壊といった災害時の被災状況などを収集し見える化する、自治体様向けのパッケージシステムです。

  • 災害時の情報の収集や共有を簡単に行えるツールが欲しい。
  • 避難場所の状況などを画像と位置情報で正確に把握し、迅速な意思決定を行いたい。
  • 災害時はもちろん、平時にも業務で利用できるシステムの導入を検討している。

災害フォトシステム「AlertStation MP」の特長

  • 携帯電話やスマートフォンの3つの基本機能(カメラ・GPS・メール)を利用するため、携帯キャリアを問いません。また、普段利用している携帯電話やスマートフォンをそのまま活用するため、導入時の操作訓練が要りません。
  • パッケージシステムのため、個別に開発するよりも「早く」、「安価」に導入することが可能な上、お客様の業務に応じてカスタマイズすることも可能です。
  • 災害時の情報共有や意思決定の支援という利用用途のほか、災害時以外の様々な業務で適用が可能です。
  • 橋や学校などの公共施設の点検作業に
  • 市有地への不法投棄の調査などに
  • 河川や森林などの地域の植生調査に
  • 衛生関連の許認可業務の立ち入り検査に

災害フォトシステム「AlertStation MP」の運用イメージ

AlertStation MPの災害シーンでの運用例の図


災害フォトシステム「AlertStation MP」の機能

機能 内容
情報の収集 メールを受信し、送信者やメールの内容の有効性をチェックします。収集した画像情報・位置情報・撮影日時などをデータベースに登録し、その結果をメールで送信者に返信します。
情報の表示・確認 地図上に写真を表示します。日付などを指定して、収集した情報の詳細を表示したり、一覧形式で表示します。また、収集した情報をCSV形式で出力することが可能です。
情報の修正 データベースへ登録した情報の修正・削除や、パソコンからデータベースへ画像をアップロードすることが可能です。
管理機能 利用者情報の登録・修正・削除や、パスワード管理を行います。その他各種情報の設定を行います。

災害フォトシステム「AlertStation MP」の主な利用シーン

事前対策時

  1. 災害備蓄品の備蓄状況、および市内倉庫施設の配置確認などに利用できます。
  2. 水防、消防及び救助に関する施設、設備の定期点検作業などに利用できます。
  3. 災害時において危険な区域の調査、災害危険区域の指定など、災害予防上必要な措置に関する計画作成時に利用できます。

初動対策時

  1. 避難場所の状況や、医療機関などへ来ている負傷者の状況把握等に利用できます。
  2. 道路の陥没状況や河川の洪水等の状況把握によって、適切な避難経路を職員や住民へ連絡できます。
  3. 収集した位置情報付き被害状況を評価・分析し、迅速に関係部署や団体(企業)へ報告したい場合に利用できます。

復旧・復興時

  1. 市内災害復旧状況(住宅建設状況、ボランティア受入状況など)の把握に利用できます。

災害フォトシステム「AlertStation MP」の画面例

情報検索画面

情報表示画面


災害フォトシステム「AlertStation MP」の動作環境

摘要 Webサーバ APPサーバ DBサーバ
CPU Intel Xeon 2.0GHz以上(4コア)
HDD 600GB以上
メモリ 8GB以上
OS Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 もしくは
RedHat Enterprise Linux 5(64ビット) もしくは
RedHat Enterprise Linux 6(64ビット)
その他
Apache 2.2
Apache Tomcat 6.0
Apache James 2.3
PostgreSQL 9.1
摘要 クライアント
CPU Intel Core 2 Duo 2.2GHz以上
HDD 100GB以上
メモリ 2GB以上
OS Microsoft Windows 7 SP1(32ビット/64ビット)
ブラウザ InternetExplorer7以降
その他
電子国土Webシステムプラグイン
MSXML4.0 もしくは 6.0

災害フォトシステム「AlertStation MP」の価格

ソフトウェア・サービス 標準販売価格(税別)
AlertStation MP 基本システム 1,500,000円
保守サポート 450,000円/年

(注1)導入作業、機器等の費用が別途必要です。詳しくは、お問い合わせください。


災害フォトシステム「AlertStation MP」の関連システム

地理情報システム「AlertStation GI(アラートステーション ジーアイ)」

AlertStation GIの利用イメージの図

地理情報システム「AlertStation GI」は、「AlertStation MP」にて収集したデータを総合的に管理・加工、表示するGISパッケージシステムです。中縮尺から小縮尺地図を対象とし、行政界や地形図を背景図として、道路・河川・公園などの図形データの表示、人口の色分け表示、地盤沈下や大気汚染などの分布表示を行います。高度な分析や迅速な判断を可能にすることで、災害時における意思決定を支援します。

ソフトウェア・サービス 標準販売価格(税別)
AlertStation GI 基本システム 1,500,000円

(注2)商品詳細に関しては別途、お問い合わせください。


災害フォトシステム「AlertStation MP」の関連情報


災害フォトシステム「AlertStation MP」のカタログダウンロード

ダウンロードフォームに必要事項をご入力後、災害フォトシステム「AlertStation MP」のカタログをダウンロードいただけます。

カタログダウンロード

 


災害フォトシステム「AlertStation MP」のお問い合わせ

災害フォトシステム「AlertStation MP」の導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者より折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせ

富士通エフ・アイ・ピーの災害フォトシステム「AlertStation MP」

災害フォトシステム「AlertStation MP」は、携帯電話やスマートフォンに搭載された「カメラ」「GPS」「メール」の3つの基本機能を利用して、道路のひび割れや建物の倒壊といった災害時の被災状況等を収集し見える化する、自治体様向けのパッケージシステムです。

GTM-KRVVZD