GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

環境情報管理システム「e-FEINS」

特長 | システム概要図 | 主な機能 | 動作環境 | 価格 | 導入事例 | お問い合わせ

各工場の環境負荷情報を自動的にかつリアルタイムに集中管理する事が可能です!
環境情報管理システム「e-FEINS」は、大気・水質・土壌・電力など様々な環境負荷情報を各拠点ごとでなく、本社集中でリアルタイムに収集、監視するシステムです。企業における環境負荷情報をわかりやすく「見える化」し、リスクの分析に役立つデータを管理することで、環境負荷の低減と環境経営の的確な運用をご支援します。

  • 全国にある各工場・事業所での環境汚染物質の排出状況を本社で把握したい。

環境情報管理システム「e-FEINS」の特長

  • 汚染物質のデータを一元管理。測定値データをそのまま確認できます。
    各工場の測定データを直接収集。修正前の生データを本社で確認できます。
  • 測定データをリアルタイムに確認可能。高濃度値や異常値をメールで通知します。
    高濃度時や設備の故障などの緊急時には、すばやい対策が可能となります。
  • データの蓄積、分析が可能。環境負荷低減対策に役立ちます。
    時報、日報、月報、年報等の帳票が作成可能です。また、経時グラフ、経日グラフ、経月グラフ、経年変化グラフ、風向、風速図が出力できます
システムの特長の図


環境情報管理システム「e-FEINS」の概要図

システム概要図


環境情報管理システム「e-FEINS」の主な機能

基本機能

子局機能 計測機器からデータをサンプリングしてデータ収集サーバに送信します。
データ収集 子局装置から測定データを本社に収集します。
データ監視 高濃度の発生を監視するために測定データを表示します。(自動更新表示)
緊急時通報 汚染物質が高濃度となった場合、工場や本社の関係各社にEメール、携帯メールで通知します。(通信異常などの障害情報も含む)
データ管理 維持管理のために測定データを処理します。(修正・確定など)
データ処理 測定データから集計などを行いファイル・帳票・グラフを出力します。

オプション機能

情報公開 測定データをインターネット上で公開します。

環境情報管理システム「e-FEINS」の動作環境


サーバ クライアント
CPU Xeon 2GHz 以上(4コア) Intel Core 2 Duo 2.2GHz 以上
ハードディスク 導入時50GB以上の空き容量(注1) -
メモリサイズ 8GB以上 2GB以上
OS Microsoft Windows 2008 R2、Microsoft Windows Server2003 以降 Microsoft Windows 7
必須ソフト
  • Microsoft SQLServer 2012 以降
  • Microsoft Excel2010以降 以降
Internet Explorer8.0 以降
その他 CD-ROMドライブ -

(注1) 使用時のデータ量によりさらに必要となる場合があります。


環境情報管理システム「e-FEINS」の価格

個別見積もりとなりますので、お問合せください。


環境情報管理システム「e-FEINS」の導入事例

A社様では、2007年度からe-FEINSをご活用していただき、各工場からの窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)の排出濃度情報を、本社集中でリアルタイムに収集しております。従来、各工場の汚染物質の報告は月1回程度であり、環境汚染物質の排出状況が本社では詳細に把握できませんでした。e-FEINS導入により、汚染物質の排出状況をリアルタイムに収集、排出濃度が社内基準値を超えた場合に関係者へ即座に知らせることが可能となり、法定基準値超過を未然に防ぐことができるようになりました。また、副次的な効果として各工場でも状況が把握できるようになった為、各工場の環境に対する意識が高まったと高評価を頂いています。

概要

お客様業種 製造業A社様
対象業務 大気汚染物質のデータ収集
サービス
内容
国内の各工場からの窒素酸化物や硫黄酸化物の排出濃度情報を本社でリアルタイムに収集する。社内規定値などを超過した場合は関係各社に警告メールが自動送信される。

国内:13拠点75施設

導入背景と効果

背景   効果
  • 各工場の汚染物質の報告は月1回程度であり、環境汚染物質の排出状況が本社では詳細に把握できない。
  • 排出濃度が社内規定値を超えた場合は環境ISOに則して関係各社に報告することとなっているが、報告作業を自動化し、継続的・効果的な環境管理を行っていきたい。
  • 汚染物質の排出状況の報告を自動化したことで、本社から排出状況をリアルタイムに把握することができた。
  • 排出濃度が社内基準値を超えた場合にいち早く関係各社に知らせる事ができ、法定基準値超過を未然に抑えられた。
  • 自動的に本社にデータが送信されるため、工場長をはじめとした関係各者の環境に対する意識が格段に高くなった。

環境情報管理システム「e-FEINS」のお問い合わせ

環境ソリューションの導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせ

富士通エフ・アイ・ピーの環境情報管理システム「e-FEINS」

富士通エフ・アイ・ピーの環境情報管理システム「e-FEINS」は、大気・水質・土壌・電力など様々な環境負荷情報を各拠点ごとでなく、本社集中でリアルタイムに収集、監視するシステムです。企業における環境負荷情報をわかりやすく「見える化」し、リスクの分析に役立つデータを管理することで、環境負荷の低減と環境経営の的確な運用をご支援します。

GTM-KRVVZD