GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

暗号鍵管理システム FUJITSU セキュリティソリューション KeyMeister(キーマイスター)

暗号鍵管理システム「KeyMeister」は、データの暗号鍵(共通鍵)管理を支援するシステムです。取引先や業務毎に暗号鍵の有効期間管理、世代管理、鍵として使える文字の制限など暗号鍵の運用ポリシーを設定し、それに従った運用が可能のため、よりセキュアな暗号鍵管理を実現します。

こんな企業様におすすめ!

  • 扱う暗号鍵が多すぎる
    取引先と暗号化したデータファイルや媒体をやり取りしているが、扱う暗号鍵が多くて、暗号鍵の作成や定期的な更新、暗号化データの送付先に連絡する通知書の作成などの業務が煩雑で大変だ。
  • 複数の暗号ツールを使い分けている
    取引先や業務に応じて複数の暗号ツールを使い分けているが、数が多くて台帳で管理するも煩雑でしかたがない。
  • 鍵の世代管理が煩雑
    会社の重要データを暗号化して媒体で外部倉庫に定期的に保管しているが、業務の数も多く、新しい鍵を付与したり、鍵の世代管理が煩雑だ、何とか自動化できないか。

暗号鍵管理システム「KeyMeister」の特長

  • 暗号鍵の一元管理が可能
    業務名・取引先情報などとともに、暗号鍵を一括管理します。
    マルチプラットフォーム対応 暗号化ツール「COMPLOCKII」およびそれ以外の暗号ツールの鍵もあわせて管理が可能です。
  • 暗号鍵の有効期限・世代管理
    暗号鍵に有効期限を設定し、鍵の世代管理を行います。暗号鍵を定期的に変更することで、より安全なデータ交換を実現します。
  • COMPLOCKII連携(オプション)
    COMPLOCKII 簡易鍵オプションを合わせてお使いいただくことで、暗号鍵を人の目に触れさせることなく安全にデータファイルの暗号化・復号処理を行うことが可能です。また 業務名(コード)により自動的に暗号鍵を検索して処理を行うため、従来のように暗号鍵の変更を実行文に反映させる手間がなくなり、運用コストと暗号鍵漏洩 のリスクを低減できます。

暗号鍵管理システム「KeyMeister」のサービス体系

導入支援サービス 基本インストール(必須)
サーバ構築支援サービス
保守サービス サポートサービス(必須)
オプション COMPLOCKII鍵管理連携

暗号鍵管理システム「KeyMeister」の主な機能

「暗号鍵管理システム「KeyMeister」」は、 COMPLOCKIIの暗号鍵(暗号鍵とIV:イニシャルベクトル)および他の暗号ツールの暗号鍵文字列(64文字以内の、数字・アルファベット・記号からなる文字列)を一括で管理可能。

鍵情報管理

鍵情報登録機能 取引先、業務毎に暗号鍵を登録できます。(CSVファイルからの一括登録も可能)
鍵情報暗号機能 DB登録時に暗号鍵の暗号化を行います。
鍵情報有効期限
管理機能
有効期限間近な暗号鍵の存在をチェックし、事前の設定によりアラーム通知または一括自動更新を行います。

ユーザ認証

ユーザ認証機能 ユーザID、パスワードによる認証を行います。
権限別機能 システム管理者、暗号鍵(業務)管理者の2段階の権限を管理します。暗号鍵管理者は関係する業務に関する情報のみアクセス可能です。

運用支援

各種情報管理機能 暗号化/復号処理にかかわる業務名・取引先名などの管理、鍵管理者の権限設定、鍵管理者と業務の関連付けなど、運用にかかわる情報管理を支援します。
帳票出力機能 暗号鍵通知書、業務一覧表等の帳票を出力します。

COMPLOCKII連携

COMPLOCKII
簡易鍵オプション
(別途有償)
鍵管理システムで管理している暗号鍵情報をCOMPLOCKIIに橋渡しします。当オプションの利用により、COMPLOCKIIによるデータファイルの暗号化/復号処理業務が、より効率的・安全に運用できます。
(暗号鍵管理システム「KeyMeister」とCOMPLOCKIIとの連携を行う際には当オプションが必要となります。)

暗号鍵管理システム「KeyMeister」の利用概念図

利用概念図

(注1)担当業務に関する情報のみアクセス可。許可される参照・更新のアクセスパターンは、事前に2種類設定出来ます。


暗号鍵管理システム「KeyMeister」の画面例

画面例


暗号鍵管理システム「KeyMeister」のお客様サポート

Q&A対応 電話、メールにより対応
平日10時~17時(祝祭日、年末年始は除く)
レベルアップ対応 障害対応版、同一バージョン内のレベルアップ版の提供

暗号鍵管理システム「KeyMeister」の動作環境

ハードウェア要件

  サーバ クライアント
CPU Intel Pentium III600 MHz 以上または同等の互換プロセッサ (1GHz 以上を推奨)
メモリ 1GB以上(4GB以上を推奨) 512MB 以上のメモリ (1GB以上を推奨)
ディスク 約300MB(KeyMeisterの
コンテンツ使用分のみ)(注2)
-
ディスプレイ Super VGA (最小で 1,024x768 ピクセル) 以上の解像度の ビデオ アダプターおよびモニタ
ドライブ CD-ROM または DVD-ROM ドライブ -

(注2)ミドルウェア及びミドルウェアソフトが使用するデータ領域は含まれません。

ソフトウェア要件

  サーバ クライアント
OS Microsoft Windows Server 2012/2012 R2
Standard/Datacenter Edition
Microsoft Windows Server 2016
Standard/Datacenter Edition
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
Web
サーバ
ソフト
Microsoft IIS 8.0サーバ (Windows Server 2012用)
Microsoft IIS 8.5サーバ (Windows Server 2012 R2用)
Microsoft IIS 10.0サーバ (Windows Server 2016用)
-
データ
ベース
SQL Server 2016 Enterprise/Standard/Express(無償版) -
ブラウザ 各OSにおいて最新のIEのみがサポート対象となります。(注3) 各OSにおいて最新のIEのみがサポート対象となります。(Edgeは対象外)
PDF
リーダ
Acrobat Reader DC(注3) Acrobat Reader DC
その他 .NET Framework 4.x -

(注3)サーバ上でKeyMeisterを操作しない場合は、サーバにブラウザ、PDFリーダの導入の必要はありません。


暗号鍵管理システム「KeyMeister」の標準販売価格

システム名 標準販売価格
鍵管理システム 基本システム 本体価格 詳細はお問合せください。
導入費用
オプションシステム

暗号鍵管理システム「KeyMeister」の導入事例

導入事例 株式会社横浜銀行様


暗号鍵管理システム「KeyMeister」の関連情報


お問い合わせ

暗号鍵管理システム「KeyMeister」の導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者より折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせ


環境配慮ソリューション

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。
KeyMeisterは、富士通の「環境配慮ソリューション」登録製品です。


富士通エフ・アイ・ピーの暗号鍵管理システム「KeyMeister(キーマイスター)」

富士通エフ・アイ・ピーの暗号鍵管理システム「KeyMeister」は、データの暗号鍵(共通鍵)管理を支援するシステムです。取引先や業務毎に暗号鍵の有効期間管理、世代管理、鍵として使える文字の制限など暗号鍵の運用ポリシーを設定し、それに従った運用が可能のため、よりセキュアな暗号鍵管理を実現します。

GTM-KRVVZD