GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

暗号化ファイル伝送ツール
FUJITSU セキュリティソリューション Confidential Posting(コンフィデンシャル ポスティング)

概要 | 課題解決 | 機能 | 動作環境 | 価格・見積 | デモ動画 | FAQ | コラム

ファイル送受信に関わる課題を解決

Confidential Postingによるファイル送受信に関する「6つの課題」解決策

【1】重要なファイル誤送信の課題を解決

Confidential Postingは、送信先のメールアドレスを制限できる宛先制御や、送信前に上長(第三者)の確認を必要とする承認ワークフロー、送信後でも取り消しできる機能など、複数のセキュリティ機能を備えています。利便性を向上させながら、“うっかりミス”による誤送信を防ぎ、情報漏洩を限りなくゼロに近づけることが可能です。

宛先制御

宛先をグループ化し、特定のグループ以外の宛先を選択できないよう制限することで、宛先ミスによる誤送信を防ぎます。また、Active Directoryや社内認証サーバと連携し、社内の宛先を簡単かつ間違いなく検索できます。

宛先制御

承認ワークフロー

重要なデータは送信前に上長に回付。上長の承認を必要とすることで、誤送信を未然に防止します。

承認ワークフロー

データの自動暗号化・送信後取消

AES256で強力に暗号化された状態でファイルを送信し、復元時にサーバ認証を行います。万一誤送信した場合、ファイルの復元を取り消すことが可能です。

データの自動暗号化・送信後取消

ネットワーク制御・MACアドレス認証

やり取りする相手が決まっている場合は、送信者や受信者の端末を特定のIPアドレスやMACアドレスに限定。万一誤送信しても、許可されていない端末ではファイルを取得することができません。

送受信環境を制限

メールチェッカー連携

Confidential Postingとメール誤送信対策ソフト「SHieldMailChecker 誤送信防止」の連携により、メールにファイルを添付し、送信するだけで、セキュアなファイル送信が行なえます。送信前に宛先や添付ファイルなどの「確認」をユーザーに促すことで、誤送信を未然に防止。添付ファイルは自動で分離・暗号化され、セキュアな富士通データセンターに保管されます。

メールチェッカー連携

返信機能

返信機能を使うことで、自社だけでなく取引先の誤送信を防ぐこともできます。

返信機能

【2】大量データ送受信の業務負荷などの課題を解決

Confidential Postingには、複数の取引先企業やグループ会社との定期的なファイル送受信を自動化する機能があります。手作業による送信業務の負荷や、「誤送信は許されない」という担当者の心理的なプレッシャーなどの課題を解決します。

システム連携・自動化

  • 自動送信(暗号化・圧縮~自動アップロード~配信)
    お客様の社内システムにConfidential PostingのAPIを組み込むことで、あらかじめ設定された取引先企業へファイルの自動送信が行えます。
    自動送信(暗号化・圧縮~自動アップロード~配信)
  • 自動受信(自動ダウンロード~復元)
    取引先企業からのファイル受信と自社システムへの取込みも自動化できます。
    自動受信(自動ダウンロード~復元)

宛先制御による手動送信

手作業でのファイル送信の場合も、送信する宛先のみを表示する宛先制御機能により、担当者の負担と誤送信のリスクを軽減します。

自動受信(自動ダウンロード~復元)

【3】USBメモリや紙書類紛失の課題を解決

Confidential Postingは、USBメモリなどの記憶メディアや紙の書類を使ったファイルの受け渡しの代替手段として利用することができ、情報漏洩リスクの課題を解決します。ファイル自動暗号化や上長承認ワークフロー、一定期間後のファイル自動削除機能、そしてファイルの送信・ダウンロード・復元・返信等の履歴すべてを自動で記録する証跡ログ機能を搭載。ユーザーの業務負荷を軽減しながら、情報漏洩対策の強化とコンプライアンスの徹底が図れます。

ファイル自動削除

送信されたファイルは、一定期間後にサーバから自動で削除されます。USBメモリのように、不必要なファイルが残ったままになってしまうというリスクがありません。

証跡ログ

ファイル受け渡しのログを記録し、自動で授受履歴台帳を作成。台帳を管理する手間が不要です。

USBメモリや紙書類紛失の課題を解決

【4】大容量ファイル送信の課題を解決

Confidential Postingでは、クラウド版で最大2GBの大容量ファイルを送ることができます。メールに添付できない大容量ファイルの受け渡しに、無料のファイル転送サービスを利用する企業も少なくありませんが、本当に大丈夫でしょうか?無料サービスの場合、ファイルのウイルスチェックがされない、サーバ内ではファイルが暗号化されていない、証跡ログが残らないなど、セキュリティ面に大きな不安があります。
Confidential Postingは、ファイルの自動暗号化やウイルスチェック、送信後取消といった複数のセキュリティ機能を搭載。お客様のファイルは堅牢でセキュアな富士通データセンターに保管され、一定期間後には削除されます。大容量ファイル送信の課題を解決し、同時にセキュリティ対策を実現します。

大容量ファイル送信の課題を解決

【5】自社のセキュリティ対策をさらに強化したいという課題を解決

経営層の指示や取引先の要請で「セキュリティ強化」が課題になるものの、具体的に何をすべきか、お悩みのケースは多いのではないでしょうか。
セキュリティ対策には、外部からの不正侵入を防ぐ「入口対策」、組織内部に侵入した攻撃や内部の不正行為などを検出する「内部対策」、そして情報流出を防ぐ「出口対策」があります。Confidential Postingは、この出口対策の1つとして有効なサービスです。

誤送信による情報漏洩を防止

Confidential Postingには、宛先制御や承認ワークフロー、送信後取消など、ファイルの誤送信を防ぐさまざまな機能があります。利便性を向上させながら、"うっかりミス"から起こる情報漏洩を防ぎます。

誤送信による情報漏洩を防止

送受信環境を制限

  • ネットワーク制御・MACアドレス認証
    インターネット経由でアクセスするクラウドサービスは、社外からも利用できるのがメリットですが、セキュリティ対策の観点ではリスクにもなります。例えば、従業員が自宅のパソコンでファイルを送受信すると、そこから情報漏洩につながることも。送信者や受信者の端末をIPアドレスやMACアドレスで制限する、Confidential Postingのネットワーク制御・MACアドレス認証は、誤送信対策だけでなく、従業員の不正防止対策としても有効です。

送受信環境を制限

USBメモリの代替

ファイルの受け渡しに、情報漏洩リスクのあるUSBメモリをまだ使用していませんか?また、使用を禁止していても、適切な代替手段は用意されているでしょうか?Confidential PostingをUSBメモリの代替手段として利用することで、ユーザーの業務負荷を軽減しながら、情報漏洩対策の強化とコンプライアンスの徹底が図れます。

運用方法を大きく変えない仕組み

  • メールチェッカー連携
    Confidential Postingでのファイル送受信をルール化することで、セキュリティ対策を強化することができます。しかしその一方で、特に利用対象を全従業員に拡大した場合、「新しい運用方法には慣れない、面倒だ」といった従業員からの反発も予想されます。以前と同様の方法を続ける従業員が少なからず出てきてしまうと、せっかくのセキュリティ対策も無意味になってしまいます。
    Confidential Postingは、メール誤送信対策ソフト「SHieldMailChecker 誤送信防止」との連携により、メールにファイルを添付して送信するだけで、セキュアなファイル送信を実現することが可能です。メールという運用方法を大きく変えず、利用者に負担を与えないことで、確実なセキュリティ対策を促します。

メールチェッカー連携

【6】ネットワーク分離環境におけるファイル受け渡しの課題を解決

ホワイトペーパーダウンロード

高度化が進むサイバーセキュリティの脅威に対し、ネットワーク分離やメール無害化などが有効な対策として注目されています。しかし、ネットワーク分離環境では、セグメント間でのネットワークを介したファイルのやり取りができません。そのため、USBメモリ・DVDなどの記憶メディアが代替策として利用されますが、上長承認や授受履歴を台帳で管理する手間がかかり、盗難・紛失による情報漏洩リスクも心配です。また、メール無害化においては、添付ファイルを安全・簡単に取り込む方法が必要になります。
Confidential Postingは、こうした課題を解決します。

セグメント間のファイル交換

  • セキュアストレージ

    サーバを経由し、異なるセグメント間でファイルの受け渡しを行います。外部から取得したファイルは、アップロード時にウイルスチェックや無害化処理を行うことで、安全に内部へ持ち込むことができ、内部で作成したファイルの外部への持ち出しも管理します。端末間の通信は遮断し、セキュアストレージサーバを経由した特定通信のみ許可することで、セキュアな環境を維持しながら利便性を向上させます。
    セキュアストレージ
  • 承認ワークフロー

    事前に上長など第三者の承認を必要とする承認ワークフローで、不正な情報の持込み・持ち出しをチェックすることができます。
  • 証跡ログ

    受け渡しの履歴は自動で証跡ログとして残るため、台帳管理の手間がかかりません。
  • Active Directory連携

    ログイン認証にお客様社内のActive Directoryサーバを利用することができます。利用者はシングルサインオンでより便利に利用することができ、管理者はユーザー管理の負担が軽減されます。

メール添付ファイルの取込み

  • セキュアストレージ SanitizeFilter連携

    メール無害化ソリューション「SYNCDOT SanitizeFilter」と連携することで、外部からのメール受信時に添付ファイルをメール本文から自動で分離し、セキュアストレージサーバに格納。ウイルスチェックや無害化処理を行った安全なファイルをダウンロードすることができます。

セキュアストレージSanitizeFilter連携

導入事例

「Confidential Posting」を活用して、セキュアなファイル送受信と業務改善を実現しているお客様の事例をご紹介します。

   全日本空輸株式会社様のロゴ  

全日本空輸株式会社 様
海外利用も含む大容量データのセキュアなやり取りを実現。厳しいセキュリティ基準をクリアし、グループ全社の唯一のデータ伝送ツールに。

王子ビジネスセンター株式会社様のロゴ

王子ビジネスセンター株式会社 様
クラウドサービスによりコストと運用工数を抑えたセキュアなデータ授受の早期導入を実現。送信後も取り消し可能な強固なセキュリティと直感的に使えるわかりやすい操作性によりはじめての利用でも問題なく送信可能。

一般社団法人 日本損害保険協会様のロゴ

一般社団法人 日本損害保険協会 様
データ送受信のセキュリティ強化と業務負担軽減の両立を実現。業務に合わせたカスタマイズで手作業の多くを自動化し、作業時間が約4分の1に激減。

アフラック様のロゴ

アフラック 様
販売代理店との機密情報データ授受をセキュアな環境下で実現。誤送信の可能性がなくなり送信後の取り消しも可能に。授受履歴台帳も自動生成されるため、効率的にもれなく記録できるように。

関連情報

【製品&サービス】

【プレスリリース】

ホワイトペーパーダウンロード

無料トライアル申込み 暗号化ファイル伝送ツール ConfidentialPosting

暗号化ファイル伝送ツール Confidential Postingに関するお問い合わせはこちら


暗号化ファイル伝送ツール「Confidential Posting」の導入をご検討されているお客様・パートナー様の各種ご質問、お見積りやシステム・サービス導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者よりご連絡させていただきます。

カタログダウンロード

お問い合わせ

GTM-KRVVZD