情報一元管理と作業負荷軽減を強力にサポートする、SaaS型サービス。

安全性情報一報・詳細報収集支援サービス
FUJITSU ライフサイエンスソリューション
tsClinical Colle-Spo(コレスポ)

「tsClinical Colle-Spo(コレスポ)」とは?

 製薬企業が従来、紙や人力で収集していた医薬品の副作用情報に関する自発報告の収集業務を電子化するSaaS型サービスです。MR入力による連絡票(一報)から医師入力による詳細調査(詳細報)までをインターネットを介して収集することで情報一元管理と作業負荷軽減を強力にサポートします。

2019年7月に一報の収集業務機能をリリースし、2020年3月に詳細報の収集業務機能をリリースしました。

「tsClinical Colle-Spo(コレスポ)」の特長


「tsClinical Colle-Spo(コレスポ)」の機能

機能名 機能概要
連絡票、詳細調査票入力
  • 必須項目の論理チェック
  • マスタデータ検索・補填
安全性管理システム連携
  • ICSR形式の症例データをダウンロードし、ご利用中の安全性管理システムへ取込み
調査依頼
  • 再調査依頼は、要調査項目に対し画面で指示
  • 連絡票は担当MRへ自動でメール配信
ファイル添付
  • 臨床検査値データ・画像データ等をそのままファイル添付し、送信可(症例データとの紐付け可能)
期限管理
  • 調査の進捗状況を一覧化で確認
  • 期限の迫った調査の自動警告メール配信(アラート機能)
マスタ管理
  • 施設名、医師名、医薬品名等の辞書データを管理
  • マスタデータ検索・補填
セキュリティ・監査証跡
  • ユーザごとの権限(更新・参照等)設定
  • ログイン/ログアウト等の操作履歴、症例データ更新履歴の取得
トレーニング
  • 初回ログイン時には操作説明ページを表示し、教育記録として自動取得
帳票出力
  • 連絡票、詳細調査票、連絡票一覧、更新履歴等の帳票を標準帳票として搭載
SOP用期限管理設定
  • 各種タスクごと(症例収集、再調査収集等)に作業期限を柔軟に設定可能
【MR】連絡票起票画面

【医師】連絡票起票画面

本サービスは下記OSとブラウザが快適に動作する環境で利用されることを前提としています。

動作確認環境
  • Windows 8.1
    Internet Exploer 11
  • Windows 10
    Internet Exploer 11、Microsoft Edge 18.x
  • macOS 10.x
    Safari 13.x
  • iOS 12.x、13.x
    Safari 12.x、13.X
動作確認時期 2020年6月

「tsClinical Colle-Spo(コレスポ)」のサービス提供時間とお客様サポート

サービス提供時間

月~土曜日6時~24時
日曜日終日停止

お客様サポート(CSD)

月~金曜日9時~17時30分(祝祭日、年末年始を除く)

お問い合わせ

「tsClinical Colle-Spo(コレスポ)」に関するお問い合わせ


導入をご検討されている、お客様の各種ご質問、お見積りやサービス導入のご相談などを承ります。
ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど、当社担当者より折り返しご連絡させていただきます。

  •               
                      
    • 入力フォームへ
    •               

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。