GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 企業の成長を促す“攻めのIT”基盤とは

【クラウド活用術】
企業の成長を促す“攻めのIT”基盤とは

企業の成長を促す“攻めのIT”基盤とは

従来、企業ITは業務効率化やコスト削減等“守りのIT”として活用されてきました。しかし欧米などで高い収益を上げている企業では、商品開発強化やビジネスモデル変革といった“攻めのIT”への投資が進んでいるとされています。経済産業省も日本企業の競争力強化施策の中で、企業が取り組むべき重要なテーマとして捉えており、”攻めのIT”に対する感度は、ここ数年で格段に高まっています。今回は、富士通エフ・アイ・ピーのクラウドサービスを活用し、“攻めのIT”基盤を構築したお客様の事例を取り上げ、そのポイントについて解説します。

国内外のビジネスにタイムリーに貢献が出来るIT環境

グローバルな事業展開等により、安定的な成長と収益をあげている化粧品業界のお客様のクラウド導入事例をご紹介します。富士通エフ・アイ・ピーでは、ホストコンピュータの時代から同社のシステム構築と運用を支援してきました。時代に合わせて先端技術を取り入れてきた同社は、多数のシステムのハードウェアリプレースに伴う膨大な費用・工数の負荷を軽減するために、クラウド化を決断。また、併せてビジネスの変化に強い柔軟なシステム共通基盤の構築を検討していました。

富士通エフ・アイ・ピー 民需第二統括営業部 第二営業部 山上仁美

富士通エフ・アイ・ピー 民需第二統括営業部 第二営業部の山上仁美によれば、「このお客さまの情報システム部門では、販売・会計・物流部門等の業務部門からの要請を受けて、システムを構築していました。しかし従来のシステムでは、準備に大きな時間がかかっていました。その結果、部門によっては、ベンダーから提案された複数のアプリケーションや基盤を独自に利用しているケースもありました」と言います。ITリソース準備の遅滞が、シャドーITの問題を引き起こしていたのです。

同社では、ITガバナンスを強化しつつ、スピーディかつ柔軟にシステムを構築することで、国内外のビジネスにタイムリーに貢献が出来るIT環境──“攻めのIT”を実現するクラウド基盤を求めていました。

運用の負荷を極限まで削減するマネージドサービス

そうした課題を抱えた同社は、複数のクラウドサービスを比較検討した結果、もともとデータセンターサービスを利用していた富士通エフ・アイ・ピーのクラウドサービスを選択しました。

富士通エフ・アイ・ピーでは、パブリッククラウドとプライベートクラウドの双方を組み合わせてお客様専用のクラウド環境を構築。パブリックのようにコストを抑えつつ、プライベートのようにセキュアなIT基盤を提供しました。また運用や監視などのエンジニアリングの専用のメニューを作成することで、見積や契約等の手続きにかかる時間を短縮出来るようにしました。

しかし、この企業が選定にあたって最重要ポイントと考えたのは、「運用」でした。一般的なパブリッククラウドサービスはユーザーサポートが不十分で、業務部門へのサービスレベルの低下が懸念されました。従来の自社システムと同等以上のサービスを提供できるクラウドサービスが求められていたのです。

富士通エフ・アイ・ピー 民需第二統括営業部 第二営業部 担当部長 長沼良昭

富士通エフ・アイ・ピー 民需第二統括営業部 第二営業部 担当部長の長沼良昭は、「私たちのサービスでは、データセンターからクラウド環境へワンストップで移行することが可能です。さらに移行後は、専任システムエンジニアがそのまま担当できるため業務部門へのサービスレベルも同等です。」と説明します。

同社は、富士通エフ・アイ・ピーの長年にわたるデータセンター運用の実績を高く評価しており、全社的なクラウドへの移行であっても、運用負荷が増大することはない、安心して任せることができると考えたのです。

さらにこの事例では、富士通エフ・アイ・ピーがお客様担当のサービスマネージャーを配置しました。アプリケーションベンダーや業務部門からの窓口を一本化して、要望や問い合わせ、障害等の対応を行い、情報システム部門の手間を軽減すると同時に、様々な要望にいち早く対応することで業務部門にとって満足度の高いサービスを提供できるようになりました。

運用の負荷を極限まで削減するマネージドサービスイメージ

安価でセキュアなクラウド環境を提供すると共に、運用の負荷を極限まで削減するマネージドサービスによって、情報システム部門は、これまでのIT資産コントロールや運用管理中心の役割からエンドユーザー視点のIT環境の企画・実行中心等の業務へ注力することが可能になりました。

「これは、“攻めのIT”を実現するために、お客さまの要望を逐一吸収しながら、共に作り上げたお客様専用のクラウドサービスなのです」(長沼)

“攻めのIT”を進めるためにさらにクラウド化を加速

この企業のシステムは、クラウドへの移行後もトラブルなく稼働しています。当初課題であったハードウェアリプレースにかかるコストと手間は大幅に軽減されました。さらに、従来約2ヶ月を要していたシステム基盤の構築期間を約1週間に短縮することができ、スピーディにITリソースを準備できるようになりました。

「業務部門の要望に即応できるため、シャドーITの利用もほとんどなくなりました。スピーディなクラウド環境のメリットを感じ、活用意欲が高まっています」(山上)

今後、この企業では、さらに攻めのITを推進するため、クラウドの活用範囲を広げたいと考えているそうです。富士通エフ・アイ・ピーのクラウドサービスは、今後も同社のビジネスを支えていきます。

今回の化粧品業界に限らず、さまざまな企業のビジネス環境・課題は常に変化していきます。富士通エフ・アイ・ピーでは、柔軟ですばやい対応と的確な提案を行うことで、お客様の課題をいっしょに解決するサービスベンダーとして、今後も高品質なサービスを提供していきます。

著者プロフィール

富士通エフ・アイ・ピー株式会社

富士通エフ・アイ・ピー株式会社

全国に展開されている富士通のデータセンターで、お客様の大切なデータを守り運用しています。さらに、ICTサービスの提供で培ってきた業種・業務ノウハウやソフトウェア技術など、様々な素材・資源・技術を組み合わせ、お客様のご要望にマッチした最適なサービスを提供するLCMサービスベンダーとして、データセンターを基盤にアウトソーシング、クラウド、ソリューションの3つのサービスを提供しています。

関連コラム・導入事例

 クラウド  法律上規制の厳しい業界のクラウド活用法 法律上規制の厳しい業界のクラウド活用法

【クラウド活用術】企業が情報システムの設計や移行に際してクラウドサービスの採用を第一に検討する「クラウドファースト」の考え方が定着する一方で、様々な理由からクラウドの採用を見送る企業も少なくありません。また、金融や医療、製薬業、自治体等、法律上の制約からクラウドの利用ハードルが高く、普及が進んでいない業界もあります。

 クラウド  “クラウドファースト”がビジネスにもたらすメリットとは? “クラウドファースト”がビジネスにもたらすメリットとは?

【5分でわかる!クラウド入門】登場からわずか10年ほどで情報システムのプラットフォームの有力な選択肢となったクラウドコンピューティング。様々な企業での活用が進み、いまや情報システムを新しく構築したり、既存システムを移行したりする際に、クラウドサービスの採用を第一に検討する「クラウドファースト」が企業のスタンダードとなっています。そのメリットとは何か、再確認してみましょう。

 クラウド  クラウド選定時にチェックしたいセキュリティのポイント クラウド選定時にチェックしたいセキュリティのポイント

【5分でわかる!クラウド入門】企業におけるクラウド導入は拡大を続けており、総務省の発表した『平成26年通信利用動向調査』におけるクラウドの利用状況に関する調査では、何らかのクラウドサービスを利用している企業が全体の約40%となっています。一方、クラウドを利用していない企業は、「セキュリティに不安がある」(34.5%)を「必要がない」(44.7%)に次ぐ2番目の理由として挙げています。

 導入事例  株式会社 アマタケ様 株式会社 アマタケ様のロゴ

 プライベートクラウド 
富士通FIPのプライベートクラウドにより、ITコスト削減とシステムの安定稼働を実現。

 導入事例  阿部蒲鉾店様 阿部蒲鉾店のロゴ

 プライベートクラウド 
富士通FIPのデータセンターを活用し、オンラインショップのセキュリティ強化と運用効率化を実現。

 導入事例  マルコメ様 マルコメ君のキャラクターマーク

 プライベートクラウド・BPOサービス 
富士通FIPの長野データセンター活用で、システムの安定稼働と業務効率化を実現。

GTM-KRVVZD