GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2019年 >
  4. 映像管理を支援する新サービス「メディアリュック」を販売開始

プレスリリース

2019年7月31日
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

映像管理を支援する新サービス「メディアリュック」を販売開始

~映像コンテンツをクラウド上でセキュアに共有、
プレビュー用低解像度映像やメタデータ検索で課題を解決~

富士通エフ・アイ・ピー株式会社注1(以下 富士通エフ・アイ・ピー)は、映像コンテンツを扱う企業に向けて、映像管理を支援する新サービス「FUJITSU メディアソリューション メディアクラウド® メディアリュック(以下 メディアリュック)」を、2019年7月31日(水曜日)から販売開始します。

本サービスは、映像コンテンツをクラウド上でセキュアに管理・共有できるSaaS型のサービスです。プレビュー用の低解像度映像の自動生成やメタデータ注2の入力・検索などにより、企業の映像管理における負担を軽減します。また、二段階認証やSSL-VPN通信注3などセキュリティにも配慮し、ブラウザ上の操作でインターネットを介して関係者への映像の共有が可能です。

本サービスの提供を通じて、富士通エフ・アイ・ピーは、映像を活用したより豊かで快適な生活に向けて、映像コンテンツの流通活性化に貢献していきます。

近年、SNSや動画配信サービスなどにより、映像コンテンツの視聴が日常的な習慣として定着してきています。映像コンテンツはVRやAR、ドローンによる空撮映像など新技術を使った映像や、4Kや8Kの高解像度な映像のほか、AIの画像認識技術の向上など、その種類や利活用の幅において広がりを見せています。さらに、世界各国で2020年までに次世代通信規格である5Gの商用化が進められており、映像視聴環境の飛躍的な向上により映像に対するニーズが一層高まり、あらゆる分野において映像コンテンツの流通の活性化が見込まれています。

その一方で、映像コンテンツを扱う企業は、大量の映像から必要なシーンを抽出する作業や、複数の関係者へ映像を共有する作業など、映像管理における様々な負担の解消が課題となっています。さらに、磁気テープなどの物理メディアに映像を保存している企業では、保存容量の上限への対応やバックアップの確保、紛失リスクの低減なども課題となっています。

富士通エフ・アイ・ピーは、これらの課題解決のため、映像コンテンツを管理・共有するSaaS型のサービス「メディアリュック」の販売を2019年7月から開始します。本サービスは、プレビュー用の低解像度映像の自動生成やメタデータの入力・検索などの映像管理に特化した機能により、必要な映像を抽出する際の負担を軽減します。また、大容量のクラウド基盤を活用し、ブラウザ上の操作でインターネットを介して関係者への映像の共有が可能です。ユーザーの二段階認証やSSL-VPN通信などセキュリティにも配慮しており、映像コンテンツの管理から共有、活用など、映像管理における様々な課題を解決します。

「「メディアリュック」サービスイメージ「メディアリュック」サービスイメージ

特長

  1. 映像管理に特化した様々な機能と高い検索性
    高解像度でファイル容量の大きい映像コンテンツの保存が可能です。保存した映像には、作品概要やジャンルなどのメタデータをファイルごとに登録可能です。さらに、映像内の任意のシーンにはアノテーション(注釈)も自由に登録できます。メタデータとアノテーションはキーワード検索が可能なため、必要な映像を簡単に抽出することができます。また、プレビュー用の低解像度映像やシーンごとのサムネイルは自動生成され、必要なシーンや静止画を抽出することも可能です。さらに、MPEG、P2、AVC-intra、AVCHD、XDCAM、XAVC、ProRes、DNxHDなどの様々なビデオコーデックに対応しており、映像制作などでコンテンツを共有する際に、様々な映像をストレスなくプレビューすることができます。
  2. 手軽で柔軟な映像管理を実現するSaaS型サービス
    利用者は場所を問わず、インターネットを経由してクラウド上の映像コンテンツを管理することができます。VPNを含む必要な通信設定を行った端末からブラウザ上の操作で利用できるため、インターネットを介して関係者や顧客とも映像の共有が可能です。画面はわかりやすいレイアウトと操作性により、直感的な操作が可能で、手軽に映像を共有することができます。アクセス権限やログインIDは利用者が管理できるため、利用用途に応じて必要な時に必要な分だけ払い出すことで、柔軟な映像管理を実現します。
  3. 大切な映像をセキュアに管理
    ログインIDとユーザーパスワードによる第一認証に加え、メールを使用したワンタイムパスワードによる二段階認証を行います。また、社内外からの安全なリモートアクセスを実現するためにSSL-VPN通信を採用し、アップロードした映像コンテンツにはウイルススキャンを自動的に実行します。

画面イメージ

活用例

  • 映像制作企業:提案、製作、納品など、映像制作プロセスにおける取引先との映像のやりとりに活用
  • メーカー:CMや拡販イベント映像を管理し、検索やプレビュー、切り取り、再利用などに活用
  • 教育関連企業:講座映像を管理し、社内教育に活用
  • スポーツ団体:試合映像を管理し、日付や対戦相手などによる検索や、試合のシーンを切り取って再利用に活用

販売価格、および提供開始時期

内容 販売価格(税別) 提供開始時期
初期費用 個別見積 2019年7月
月額費用
(基本容量1TB、5IDの場合)
300,000円から

販売目標

5年間で140社、20億円

関連Webサイト

商標について

「メディアクラウド」は富士通株式会社の登録商標です。
その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1   富士通エフ・アイ・ピー株式会社:
本社:東京都港区、代表取締役社長:島津 めぐみ
ホームページURL:https://www.fujitsu.com/jp/fip/
注2   メタデータ:
デジタルデータの作成日時やタイトル、サイズなどをはじめとする、データに関する付帯情報。
注3   SSL-VPN:
暗号化にSSL/TLSを用いたVPN技術。

本件に関するお客さまのお問い合わせ先

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 エンタープライズサービス推進部
icon-telephone TEL:03-6722-0243  E-mail:fip-info@cs.jp.fujitsu.com
受付時間 8時45分~17時30分(土曜日・日曜日・祝日ほか当社休業日を除く)


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-KRVVZD