GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2014年 >
  4. 「古本市場」へSaaS型のポイントサービスを提供~リライト式ポイントシステムからのスムーズな移行で、会員の利便性向上と運用効率化を実現~

プレスリリース

2014年4月22日
大興電子通信株式会社
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

「古本市場」へSaaS型のポイントサービスを提供

~リライト式ポイントシステムからのスムーズな移行で、会員の利便性向上と運用効率化を実現~

大興電子通信株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長CEO兼COO:津玉 高秀、以下:大興電子通信)と富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:浜野 一典、以下:富士通FIP)は、株式会社テイツー様(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:寺田 勝宏、以下:テイツー様)が4月22日より、同社の古本、TVゲーム、トレーディングカード等の新品及びリサイクル品の販売・買取を行う「古本市場」などで開始する「TAY-TWO POINT CARD」サービス(注1)向けに、富士通FIPのSaaS型ポイントサービス「ValueFront(バリューフロント)ポイントサービス(注2)」を提供します。

このサービスは、メンバーズカード会員データの「収集」、「管理・分析」、「アプローチ」の機能をSaaS型で提供するものです。今回の導入によりテイツー様は、お客様とのコミュニケーションを増やし、新たな顧客満足度を高める施策を展開していきます。

背景

テイツー様は、「新たな出会いと懐かしい再会、好奇心と探究心、お得感と満足感、日常の中にある小さな楽しさが詰まっているお店づくり」を目指し、古本、TVゲームソフト・ハード、トレーディングカード、DVD、CDの買取および販売を、「古本市場」を中心とした国内114店舗で展開しています。

テイツー様ではこれまで、リライト式ポイントシステムを使い、店舗により、「ふる1かーど」「ブック・スクウェアカード」「3Beeカード」の3つのサービスを提供していました。しかし、長年のサービス運用を経て、会員の増加に伴うカードコストの増大、ハードの老朽化、運用の煩雑化が課題となっていました。また、会員サービスの利便性を高めるため、子会社であるカードフレックスジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:荒井 薫)が発行するプリペイドカード「TAY-TWO CARD」へのポイント交換(チャージ)を検討しており、それらの施策を実現し、同時に同社が抱えていた課題を解決できる基盤の構築を検討していました。

こうした状況において大興電子通信と富士通FIPは、大興電子通信が店舗系システムから基幹システムまで様々な企業に提供し培ってきたノウハウと、流通小売業を中心に数多くの導入実績のある富士通FIPの「ValueFrontポイントサービス」を活用し、「TAY-TWO POINT CARD」サービスを構築しました。

「TAY-TWO POINT CARD」イメージ画像

「TAY-TWO POINT CARD」イメージ

導入サービスの特長と効果

  1. お客様の利便性向上
    • 携帯電話、スマートフォン、PCから、いつでもどこでも会員情報の登録、変更することが可能になります。
    • 携帯電話、スマートフォン、PCから、会員ごとの専用サイトにアクセスすることで、いつでもポイントの残高確認や 利用履歴、お知らせ情報、会員ランク(ランクUPに必要な購入金額)などの参照が可能になります。
    • 貯まったポイントは、マイページ上で自社プリペイドカードに交換(チャージ)することが可能になります。
  2. 運用に関わるコスト・負荷の低減
    • 従来のリライト式ポイントシステムと比較して、カード一枚当たりのコストが低減されます。
    • これまでポイントカードの運用には専用端末が必要でしたが、POS端末でポイントを付与できるため、レジオペレー ションの簡素化を実現します。
    • 既存の膨大な顧客情報を、富士通FIPのデータセンターに集約することで、顧客情報管理や運用に関わる業務の コスト・負荷を軽減し、経営資源の安全かつ効率的な活用を実現します。
  3. 豊富な機能を活用した会員とのコミュニケーションの強化
    • データの「収集」、「管理・分析」、「アプローチ」機能でお客様とのコミュニケーション強化と販売促進を実現します。
    • 「一般」「VIP」の会員ランク制度を設け、会員ランクごとにポイント付与、その他インセンティブを実施することで、優良 顧客の育成を実現することが可能です。

「TAY-TWO POINT CARD」サービス システムの特長とイメージ

  1. ポイントサービス機能をワンストップで提供
    ポイント会員登録をはじめ、会員管理(ポイント履歴、有効期限、会員ランクなど)・会員向け専用サイトなどポイントサービスを実施する上で必要となる機能をワンストップで提供します。
  2. POSとのリアルタイム接続
    既存POSとリアルタイムに接続し、ポイント情報を反映します。
  3. スムーズなシステムの統合・刷新
    短期間でサービス立ち上げが可能なSaaS型サービスとしての特長に加え、これまで数十社にもおよぶ豊富な実績により培われた導入・移行のノウハウにより、リライト式ポイントシステムからスムーズなシステムの統合・刷新を実現します。


「TAY-TWO POINT CARD」サービスのシステムイメージ画像

「TAY-TWO POINT CARD」サービスのシステムイメージ

拡大イメージ (155 KB)

今後の展開

今後、テイツー様では、スマートフォンのアプリの活用など、「ValueFront ポイントサービス」をベースに、会員様の視点に立 ったサービス展開により、会員サービスのさらなる向上を検討しています。
    大興電子通信と富士通FIP は、テイツー様のパートナーとして、同社のビジネス拡大を支援していきます。

株式会社テイツー様 エンドース

株式会社テイツーは「ご家族で楽しめる廉価な娯楽の提供」を事業コンセプトに、23年前に創業し、お客様にとって親しみ やすく、小さな楽しさが詰まったお店づくりをこころがけ、事業を展開しています。

今回、大興電子通信が持つ豊富な経験に裏打ちされた提案力と、富士通エフ・アイ・ピーがもつ確かな技術力を組み合わせたソ リューションで、お客様にとって利用しやすい「TAY-TWO POINT CARD」サービスの構築することができました。

今回のサービス導入をひとつのきっかけとして、今後もお客様が私どもに求めるサービスを提供し続けることで、お客様がより多 くの「楽しさ」を得られるお店をつくりだせるよう、邁進していきます。

株式会社テイツー
社長室長付部長 関本 慎治様

株式会社テイツー様について


社名 株式会社テイツー
代表取締役社長 寺田 勝宏
資本金 11億6,550万円(2014年2月28日現在)
創業 1989年10月
本社所在地 岡山県岡山市北区今村650番111
売上高 342億02百万円(2013年2月期)
従業員数 1,760名(2013年2月28日現在)
主な事業内容 古本、TVゲームソフト・ハード、トレーディングカード、DVD、CDの買取および販売
ホームページURL http://www.tay2.co.jp/

関連ウェブサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1 「TAY-TWO POINT CARD」サービス:
「TAY-TWO POINT CARD」サービスの説明画像 
注2 ValueFront ポイントサービス:
「ValueFront ポイントサービス」は、ポイントカードを発行する企業に対し、必要な機能をSaaS型で提供するサービスで す。入会登録やポイント管理といった基本的な機能のほか、入会の促進や会員の購買意欲活性化のため、会員登録 時や会員の誕生日、月間の利用実績に基づいた会員ランクに応じて、ボーナスポイントを付与する機能があります。ま た、会員属性と利用状況を組み合わせた分析機能があり、分析結果に基づいてキャンペーンを企画するなど、会員へ の積極的なアプローチが可能です。アパレル会社やスーパーマーケットなどのお客様から、より高度な信頼性が求め られる金融機関や公共交通機関のお客様まで幅広くご導入いただいています。

本件に関するお客様お問い合わせ先

大興電子通信株式会社
リテールビジネス統括部 コンサルティング部
 icon-telephone 電話: 03-3266-8364

受付時間
8時45 分~17 時30 分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
アプリケーションサービス推進部
 icon-telephone 電話: 03-5531-5199
 icon-fax Fax: 03-5531-0345
 icon-mail E-mail: fip-info@cs.jp.fujitsu.com

受付時間
8時40分~17時30分(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始を除く)

本件に関する報道関係お問い合わせ先

大興電子通信株式会社
マーケティング本部 営業推進部
 icon-telephone 電話: 03-3266-8171(直通)
 icon-mail E-mail: planner@daikodenshi.co.jp

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
パブリックコミュニケーション部 広報担当
 icon-telephone 電話: 03-5531-0185(直通)
 icon-mail E-mail: fip-press@cs.jp.fujitsu.com

GTM-KRVVZD