GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2013年 >
  4. FCENA「粒子法による大変形地盤解析システム」の販売開始について~巨大地震による地盤の大変形・崩壊挙動シミュレーションが可能~

プレスリリース

2013年3月26日
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

FCENA「粒子法による大変形地盤解析システム」の販売開始について

~巨大地震による地盤の大変形・崩壊挙動シミュレーションが可能~

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:浜野 一典)は、粒子法による大変形地盤解析システム 「MPMSOIL-3D(エムピーエムソイル  スリーディー)」を本日より販売します。

この商品は、斜面崩壊(注1)のような地盤の大変形(注2)を解析するWindows版パッケージです。通常は、空気の動きなどの解析に用いる「粒子法」を、地盤に適用して開発された解析手法(注3)を用いることにより、斜面の崩壊と崩壊土砂の飛散を一連でシミュレーションすることができます。

近年、鉄道の沿線などにおいて、巨大地震や集中豪雨により発生する斜面崩壊・液状化など、地盤の大変形・崩壊に関わるリスクへの関心が高まっています。従来、これらのリスクが発生した場合の影響を予測するため、有限要素法(注4)を用いた地盤の変形解析が用いられてきましたが、この解析手法では、地盤の大変形への対応が困難でした。

これに対し、東京大学生産技術研究所  小長井一男教授の指導のもと、公益財団法人鉄道総合技術研究所(東京都国分寺市、以下「鉄道総合技術研究所」)が開発した粒子法を用いた解析手法は、地盤の大変形・崩壊挙動の解析が可能で、地震時の斜面崩壊や液状化などの大変形解析が行えます。

当社は2008年より本手法開発に参加し、モデル作成やシミュレーションを支援してまいりました。このたび、本手法を防災・減災に資するため、鉄道総合技術研究所と共同で、粒子法による大変形地盤解析システムを当社FCENAシリーズのひとつとして商品化し、販売します。

粒子法による大変形地盤解析例の画像

粒子法による大変形地盤解析例

販売開始時期および販売価格

  • 販売開始時期 :2013年3月26日
  • 販売価格(パッケージ):1,134千円(税込、1年間サポート料込)

その他、並列計算処理に対応したGPGPU(注5)版、当商品を用いた解析支援・受託計算も可能です。 価格などは商品サイトをご参照下さい。

活用分野

電力・鉄道などの地盤構造物の設計・防災対策など

関連ウェブサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1 斜面崩壊:
集中豪雨などにより斜面が不安定になり土砂崩れを起こすこと。
注2 地盤の大変形:
土砂崩れを引き起こすような、地盤の大規模な変形。
注3 粒子法を地盤に適用して開発された解析手法:
粒子法(MPM: Material Point Method)は水や空気などの流れを粒子の動きで表す手法。粒子法を地盤に適用して開発 された解析手法では、地盤を粒子で表し、地盤の大きな変化や土砂の飛散を扱うことができます。
注4 有限要素法:
複雑な形状・性質を持つ物体を単純な小部分に分割することで近似し、全体の挙動を予測しようとするもの。汎用性が あり応用範囲が広いため、地盤解析をはじめとして広く使われています。
注5 GPGPU:
General-purpose computing on graphics processing units。画像処理を専門とし、高い並列計算能力のあるGPUを、グラ フィックの描画だけでなく、数値計算にも利用する技術。

本件に関するお問い合わせ先

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
アプリケーションサービス推進部
受付時間: 8時40分~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
icon-telephone 電話: 03-5730-0708
icon-fax Fax: 03-5730-0745
icon-mail E-mail: fcena-sal@cs.jp.fujitsu.com

GTM-KRVVZD