GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2010年 >
  4. 子会社2社の合併について~システム開発会社の統合によりデータセンターを基盤としたサービスを強化~

プレスリリース

2010年1月28日
富士通エフ・アイ・ピー株式会社

子会社2社の合併について

~システム開発会社の統合によりデータセンターを基盤としたサービスを強化~

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:杉本 信芳)は、データセンターを基盤としたサービスの強化を図るため、株式会社平和情報センター(本社:東京都文京区、代表取締役社長:河本 稔)、株式会社ティー・エフ・シー(本社:東京都港区、代表取締役社長:腰原 貞利)を合併させ、富士通エフ・アイ・ピー・システムズ株式会社を2010年2月1日に設立いたします。

現在、ITシステムはお客様のビジネスに必要不可欠なものとなり、それに伴いITシステムの信頼性や品質の向上、コストの抑制は、お客様にとってますます重要な課題となっており、富士通エフ・アイ・ピーグループは、こうしたお客様のニーズにお応えするため、データセンターを基盤としたソーシングサービスを提供してまいりました。

このたびソーシングサービスの一層の向上を図るべくその一環として、東京地区の子会社2社を合併し、インフラ構築、アプリケーションの開発・運用・保守を強化し、グループとしてLCMビジネスを推進してまいります。

今後も、富士通エフ・アイ・ピーグループは、サービスの品質を継続的に向上させることによってお客様との信頼関係を築き、お客様にとってかけがえのないベストパートナーとなることを目指してまいります。

1.合併の目的

  1. LCMビジネスの推進
    2社に分散しているリソースを集約し、技術力・ノウハウを融合することで、より質の高い高度なサービスを提供いたします。これにより、サーバやネットワークなどのITインフラ構築、アプリケーションの開発から保守、運用まで、お客様のシステムのライフサイクル全般を一貫してサポートするLCMビジネスの拡大を図ります。
  2. 高い技術力を持った人材の育成
    クラウド等の先進的なサービスの展開に必要な技術力を持った人材の育成を図ります。
  3. 経営基盤の強化と効率化
    組織の統合、社内システムや設備などのインフラの共通化により、効率的な経営体制を構築し経営基盤の強化を図ります。

2.新会社の概要

商号 富士通エフ・アイ・ピー・システムズ株式会社
代表者 代表取締役会長 河本 稔、代表取締役社長 腰原貞利
資本金 1億円
本社 東京都文京区小石川1-3-21
売上高 70億円(2010年度目標)
従業員数 408名

3.合併する会社の概要

商号 株式会社平和情報センター 株式会社 ティー・エフ・シー
代表者 代表取締役社長 河本稔 代表取締役社長 腰原貞利
資本金 1億円 6千万円
設立年月日 1971年2月1日 1964年7月10日
本社 東京都文京区小石川1-3-21 東京都港区芝浦4-16-36
売上高 51億円(2008年度) 12.5億円(2008年度)
従業員数 310名(2010年1月1日現在) 98名(2010年1月1日現在)
主な事業内容
  • システムインテグレーションサービス
  • プロダクトサービス
  • アウトソーシングサービス
  • システムインテグレーションサービス

4.お問い合わせ

富士通エフ・アイ・ピー株式会社

報道関係(総務部)
icon-telephone 電話: 03-5531-5111
icon-mailE-mail:fip-press@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-KRVVZD