GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例 >
  3. 導入事例 阿部蒲鉾店様 プライベートクラウド

阿部蒲鉾店様

老舗かまぼこ店として地域で絶大な支持を得ている阿部蒲鉾店。
富士通FIPのデータセンターを活用し、オンラインショップのセキュリティ強化と運用効率化を実現。

阿部蒲鉾店様の集合写真
導入事例概要
業種 製造販売(かまぼこ)
サービス プライベートクラウド
導入背景と効果
  • オンラインショップのセキュリティ強化

  • 堅牢なデータセンターでデータを保護
  • サーバの運用管理が負担
  • 運用状況の可視化が実現


  • オンラインショップ運営に専念でき、売り上げが大幅増

課題は、オンラインショップのセキュリティ向上と安定運用。

阿部蒲鉾店 髙橋氏の写真

株式会社 阿部蒲鉾店
販売部 通販課 課長
髙橋  健司氏

   仙台の老舗である阿部蒲鉾店のかまぼこは、仙台のお土産としてだけでなく中元、歳暮の贈答品として高い人気を誇っています。それでも繁閑期の差が激しく、それを埋めるために、バレンタイン時期のハート型かまぼこ「ピュアハート」や、栗やきのこに見立てた秋のかまぼこ「里の秋」など、季節商品の開発にも力を注いできました。加えて新たな販路として、オンラインショップにも取り組んでおり、繁閑期の差を埋めることに貢献しています。
   同時に、オンラインショップのWebサーバの運用体制を、より強固にする必要性も感じていました。情報セキュリティが社会問題化する中で対応が必要と判断し、検討を開始。複数のサービスを比較検討した結果、阿部蒲鉾店が導入を決めたのが、富士通エフ・アイ・ピー(以下富士通FIP)のプライベートクラウドです。
   富士通FIPをパートナーに選んだ理由について販売部 通販課長の髙橋氏は「決め手はセキュリティでした。物理スペックの高さに加えて、運用がしっかりしている点も評価しました。データセンターを見学した際、エンジニアの対応が迅速で確信に満ちており、ここなら任せられると安心しました。」と語ります。

セキュリティや運用の不安がなくなり、販売に集中できた結果、売り上げが大幅増。

富士通FIP 村岡の写真

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
東北支社 
第二営業部
担当部長
村岡  賢一

   阿部蒲鉾店がWebサーバの移行に向けて準備を進めていた2011年3月、東日本大震災が起こります。工場が被害を受けたこともあって、一旦オンラインショップを閉鎖。デザイン・機能とも満足できるサイトにすべく全面的なリニューアルを行い、2012年3月、富士通FIPのプライベートクラウドをインフラに、オンラインショップを再開しました。稼働しながらのインフラの移行ではなかったことや、セキュリティ強化という目的が明確だったこともあり、移行はスムーズに進みました。
   再稼働後は売り上げが大幅に増加しています。髙橋氏は、「セキュリティや運用をプロに任せることができ、販売だけに集中できていることがいい結果につながっていると思います。思う存分売ってくださいと言われているようで、いい意味のプレッシャーを感じています。」と語ります。
   髙橋氏は、「手間もかからずその都度レポートをだしてもらったり、最新動向を教えてもらえるので安心で、導入後の対応も高く評価しています。コストとセキュリティレベルのバランスは悩ましい問題ですが、富士通FIPと相談しながら最適なレベルを探っています。」と語ります。これに対して富士通FIPの村岡は、「当社は業務領域が広く、それぞれの分野に精通したSEや営業がいるので、多彩な情報提供が可能です。サービスも開発から運用、BPOサービスなど全方位で提供できます。」と語ります。

さらなる売り上げ拡大に向けて、オンラインショップの充実を目指す。

富士通FIP 小松の写真

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
東北支社 
第二営業部
担当課長
小松  克次

   今かまぼこ業界は、需要の伸び悩みという課題もありつつ、健康によい食品という認知も広がっています。髙橋氏は、「もっと多くの人にかまぼこを食べてもらうため、オンラインショップの改善を続け、お客さまのご要望に応えられるサイトにしていきます。」と語ります。
   阿部蒲鉾店の実店舗は東北地方だけですが、オンラインショップの購入層は全国に広がり、今後は海外も視野に入れています。事業の拡大という面で、オンラインショップの持つ意味は、非常に大きなものがあります。髙橋氏の意気込みに対して富士通FIPの小松は、「オンラインショップの充実を含めた売り上げ拡大に向けて、O2O(Online to Offline:ネットと店舗などネット以外の活動の連携)の施策など優良顧客の囲い込みを目指すご提案もしていきます。」と語ります。
   髙橋氏も、「富士通FIPのクラウドサービスで、しっかりした土台ができましたので、今後は売上拡大に専念します。インフラだけでなく、マーケティング支援についてもどんどん提案していただき、いろんなことを一緒にやっていけたらいいですね。」と語ります。これからも阿部蒲鉾店を、富士通FIPがベストパートナーとしてサポートしていきます。

株式会社 阿部蒲鉾店様 概要


阿部蒲鉾店のロゴ

笹かまぼこで知られ、多くのかまぼこ店が軒を連ねる仙台の地にあって、1935年から地域で愛され続けている老舗かまぼこ店です。手づくりの伝統と近代的設備を組み合わせ、万全の品質管理により、安心して食べられるおいしいかまぼこを提供しています。2007年には第29回食品産業優良企業等表彰において「農林水産大臣賞」を受賞するなど、全国的にも高い評価を得ています。

所在地:〒980-0021  宮城県仙台市青葉区中央2丁目3番18号
設立:1935年10月
資本金:7,450万円
従業員数:322名(2012年10月1日現在)
主な事業:かまぼこの製造販売
ホームページ:http://www.abekama.co.jp/


ご紹介したサービス

プライベートクラウド

 

【導入事例(PDF版)】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は2013年12月のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

GTM-KRVVZD