GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 導入事例 >
  3. 導入事例 新学社様 BPOサービス

新学社様

教育出版事業を通じて「人づくり・国づくり」に貢献し続ける新学社。
業務効率化とサービス品質向上を富士通FIPのBPOサービスで実現。

新学社様の集合写真

[2011年11月8日掲載]

前列:株式会社新学社
後列:富士通エフ・アイ・ピー株式会社

導入事例概要
業種 出版
サービス BPOサービス
導入背景と効果
  • 会員数増加に伴う受付・登録業務の増大

  • リードタイム短縮など会員様向けサービス品質の向上
  • 業務増大による残業と労働コストの増加
  • 業務効率化によるコストダウンの実現
  • 繁忙期の業務遅延によるクレームへの対応

  • 営業部門の営業活動への集中による会員数の拡大

課題は、会員数増加に伴う受付・登録業務の増大。

株式会社新学社 小川 正昭氏の写真

株式会社新学社
専務取締役
小川  正昭氏

1957年の創立以来、学校・家庭用学習教材の出版事業を展開する新学社。同社の家庭学習教材「月刊ポピー」の販売業務において、販路の拡大などにより会員数が増加し、会員申込の受付・登録業務が増大していました。深夜におよぶ残業の増加によりコストも増え、繁忙期には受付後の登録業務が追いつかず、納品が遅くなる場合があり、それがクレームに繋がっていました。これらの問題に対し、継続的に業務改善を行っていましたが、業務内容の増大に追いつかない状態となっていました。この状況を受けて、富士通FIPに業務調査を依頼、課題を明確化した後、富士通FIPのBPOサービスを導入しました。

富士通FIPをパートナーに選んだ理由について専務取締役の小川氏は、「FIPさんからは元々、学校学習教材の業務に対してアウトソーシング導入の提案をいただいていましたが、ポピーの状況を考え、ポピーの業務改善に向けた調査をお願いしたのがきっかけです。BPOサービスの提案は、綿密な調査結果と過去の実績に基づき、業務のスリム化やコストパフォーマンス向上が望める内容でした。信頼性が高く、継続的な効果が見込める提案であったことが決め手です。」と語ります。

徹底した実地調査とプロセスの再構築で、業務効率化・サービス品質向上の実現へ。

株式会社新学社 川上 登志雄氏の写真

株式会社新学社
ポピー事業部 パーソナルサービス部 課長
川上  登志雄氏

新学社の依頼を受けた富士通FIPは、まず実際に業務の現場へ赴き、徹底した現場観察とインタビューを実施。その結果、会員申込受付・仕分け・登録の一連の作業がマニュアル化されておらず、全て手作業で対応しているため、繁忙期に申込件数が増加すると遅れやミスが発生し、会員からの問い合わせが増え、さらに業務を圧迫するという悪循環に陥っていることがわかりました。これに対し、富士通FIPは業務を各プロセス毎に分解し、負荷軽減策を検討した後、プロセス全体の再構築を実施。さらに、マニュアル作成などのドキュメント化を進め、各作業の標準化を実施し、業務全体の改善提案を行いました。

この改善提案を受け、新学社では、BPOサービスの導入を決定。会員申込受付では、豊富なノウハウを持つ富士通FIPのスタッフが対応する「コールセンターサービス」により、対応品質が向上しました。また、Faxやハガキによる会員情報は、専門スタッフによる仕分け後、高品質・高セキュリティの「エントリーサービス」で、申込内容を正確にデータ化、これまでの約3倍にあたる、1日あたり1,500件もの登録を可能としました。さらに、会員シールの印刷には「プリンティングサービス」を利用するなど、富士通FIPのBPOセンターに業務を集約しました。

その効果について、パーソナルサービス部課長の川上氏は、「繁忙期だと受付から教材のお届けまでに3週間ほどかかっていたリードタイムが、BPOサービス導入後は1週間でお届けできるほど短縮され、会員様へのサービス品質が向上しました。また、受付や登録などの業務から開放され、私たちの本来の業務である営業活動に注力できたこともあり、おかげさまで会員数は導入前の2.5倍に増加しました。」と語ります。また、この会員数増加の中にあってもBPOサービスのコストは一定範囲に抑えられており、実質的にはコスト削減効果も生まれています。

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 光野 弘章の写真

富士通エフ・アイ・ピー株式会社
関西支社 アウトソーシング事業部
第一カスタマサービス部 プロジェクト課長
光野 弘章

高品質な運用サービスと継続的な改善で、事業拡大をサポート。

BPOサービスへのスムーズな移行にあたっては苦労もありました。川上氏は、「BPOサービス導入にあたり、富士通FIPのスタッフの方々が、3ヶ月にわたり当社の業務内容を調査されましたが、我々が最も忙しい時期と重なり、質問にお答えすることが大変な状況でした。しかし、現場を気遣いながら、業務実態を根気強く、正確に調査してくれたおかげで、スムーズな移行が実現できました。」と語ります。これに対し「非常にお忙しい中、ご協力いただけたことに大変感謝しています。マニュアル作成にあたり、連日深夜まで意見交換を行い、新学社様と一体となって完成させたことが、後のBPOサービスのスムーズな適用につながったのだと思います。」と富士通FIPの光野は語ります。

今後の展開について、小川氏は、「現在、様々な厳しい要求にも、誠実に対応していただいています。今後もハイクオリティなサービスを会員様に提供し続けることができるように、FIPさんと新学社が、互いに会員様の目線にたち、良きビジネスパートナーとしてお付き合いしながら、進化していければと思っています。」と語ります。これに対し「会員数が増える中、これからも高品質な運用サービスを提供し続けるとともに、これまで新学社様の運用で培った業務ノウハウと、当社が蓄積してきた運用ノウハウを融合して継続的な改善を行うことで、新学社様のさらなる事業の拡大を支援していきたいと思います。」(富士通FIP光野)

これからも新学社の企業躍進を、富士通FIPがベストパートナーとしてサポートしていきます。

株式会社新学社様 概要

「教育出版事業を通して人づくり・国づくりに貢献する」という創業精神のもと、全国の小・中学生を対象とした学校学習教材や「月刊ポピー」などの家庭学習教材のほか、一般書の出版などを行なっています。また、出版・情報事業と併せて社会的使命として、“義仲寺・落柿舎”の2つの文化遺産保護を通じ、日本の文化・伝統の保持にも努めています。

新学社ロゴ

所在地:〒607-8501  京都市山科区東野中井ノ上町11-39
設立:昭和32年3月22日
資本金:5,390万円
従業員数:241人(子会社含まず)(平成22年11月現在)
ホームページ:http://www.sing.co.jp




【ご紹介したサービス】

BPOサービス

 

【導入事例(PDF版)】

本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は2011年11月のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

GTM-KRVVZD