GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. ワークスタイル変革への取り組み

ワークスタイル変革への取り組み
~より良い働き方と働きやすい職場環境を目指して~

富士通エフ・アイ・ピーは全ての社員が能力を最大限に発揮し、お客様に高い付加価値を提供し続けるために、企業と社員にとってより良い働き方の実現と、そのための職場環境整備を目指して、ワークスタイル変革に取り組んでいます。

ワークスタイル変革宣言の発表

ワークスタイル変革を経営の最重要課題の1つに位置づけ、全社を挙げて取り組むことを掲げて、2017年3月に「富士通エフ・アイ・ピー ワークスタイル変革宣言」を発表しました。

「富士通エフ・アイ・ピー ワークスタイル変革宣言」を発表[プレスリリース]Open a new window

2019年7月には、これまでの取り組みを発展させて、新たに目標を設定しています。

富士通エフ・アイ・ピー ワークスタイル変革宣言 宣言書(2019年7月署名)の画像富士通エフ・アイ・ピー ワークスタイル変革宣言 宣言書(2019年7月署名)

富士通エフ・アイ・ピー ワークスタイル変革宣言

当社は、富士通グループのサービスビジネスを牽引する企業として、デジタル化の進展に対応しお客様に高い付加価値を提供し続けるため、価値創出の源泉である社員一人ひとりを大切にするとともに、全ての社員が能力を最大限に発揮できる環境づくりと多様な価値を認め合う企業風土醸成を目指して、下記の通りワークスタイル変革に取り組みます。

2019年7月1日

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 代表取締役社長 島津 めぐみ

  1. ワークスタイル変革を経営の最重要課題の1つに位置付け、経営トップが自らリードします
  2. 幹部社員はマネジメントを徹底するとともに、自ら意識改革を実践します
    1) 幹部社員は法令順守のみならず、生産性向上もマネジメントし、長時間労働を前提としない職場を目指します。
    2) 幹部社員は率先して仕事の進め方を見直し、多様な価値観・働き方を認める風土醸成に努めるとともに、メリハリのある働き方や休暇取得を実践します。
  3. 以下の具体的な取り組みを実施します
    1) 仕事の進め方を見直すことにより生産性を向上し、新たな価値創出の時間をつくります。
        業務の標準化・効率化を追求/社内制度や事務プロセスの見直し・改善/社内会議は原則60分以内/オンライン会議などのICTツール活用を徹底/社内資料の作成時間を半減/資料は原則、紙を印刷しない・配らない・保管しない
    2) フレックス勤務やテレワークの活用を促進し、働く時間や場所の柔軟性を高めます。
    3) 勤務間インターバル等メリハリのある勤務と計画的な年次休暇取得を進め、社員の健康と成長をサポートします。

これらの取り組みにより、「年休取得 平均19日以上かつ全社員が10日以上」「一人当たり平均残業時間 月24時間以下」「配偶者の出産・育児サポート休暇100%取得」を目指します。

テレワーク勤務制度の導入

富士通エフ・アイ・ピーの全社員3,000人を対象として、サテライトオフィス、出張先や自宅など、場所にとらわれないフレキシブルな働き方を可能とするテレワーク勤務制度を2017年4月に導入しました。ワークスタイル変革を進めるためのツールとして活用促進に努めるとともに、より使いやすい制度とするために運用方法の見直しや環境整備にも取り組んでいます。

<制度の概要>

  1. 狙い
    • 一人ひとりの生産性の向上とチームとしての成果の最大化
    • 多様な人材が活躍し続けられる環境の構築
    • 事業継続性の確保と災害時の迅速な対応
  2. 対象者
    全社員
    • お客さまへのサービス提供に支障をきたさないこと
    • 部・チームごとに制度を利用する。育児や介護の事情がある社員は個人単位で制度の利用が可能
  3. 運用
    • 勤務場所は、サテライトオフィス、出張先、自宅(実家を含む)
    • 利用回数は、上限なし
    • テレワークは、セキュリティ基準を満たした業務パソコンを利用し、インターネットを介して社内ネットワーク にアクセスして行う。また、テレワークの基盤として、薄型軽量パソコンやスマートフォンの配備を行う
    • テレワークの実施には、原則として前日までに上司への事前連絡を行う。また、始業・終業時の業務報告を行う

ICTツールによるワークスタイル変革のサポート


ワークスタイル変革をサポートするICTツールの図ワークスタイル変革をサポートするICTツール

職場における仕事の進め方の見直し

仕事の進め方ヒント集

仕事の見直しに役立つヒント集をワークスタイルWGで作成しています。会議効率化、資料作成、コミュニケーション、休みやすい環境づくりなどのテーマに関するアイデアをまとめて、各職場での取り組みの参考にしています。

会議効率化のための12のヒントの画像会議効率化のための12のヒント

働き方の見直しプロジェクト

仕事と生活の両立やより効率の良い働き方、そしてサービス価値の向上を目指して、チームの仕事の進め方やコミュニケーションのあり方などを見直していく活動が始まっています。各職場では、メンバーが考える働き方のありたい姿を話し合い、現状の課題と解決策について定期的なチームミーティングを通じて仕事の変革に取り組んでいます。社内事例の共有なども積極的に行い、全社のワークスタイル変革を進めていきます

チームミーティングの様子の画像チームミーティングの様子

GTM-KRVVZD