サステナビリティ報告書2019

近年、気候変動によるものとされる自然災害が世界中の国や地域で発生しています。地球資源の過剰消費が叫ばれる中、この緑豊かでかけがえのない地球の未来のために、我々は今まさに行動することが求められています。 国連加盟国が2030年までに達成するための目標として採択されたSDGsには、気候変動、エネルギー、環境汚染、健康と福祉、持続可能な産業や都市など、多くの項目が掲げられています。当社は、これらの課題に対し、社会的責任を持つ一企業として、長期的な視点で、自社のビジネス拡大とともに社会の中で果たすべき役割を捉え、行動していきたいと考えています。 

2019年4月、当社はデータセンターサービス事業を富士通株式会社へ統合し、「システムインテグレーション」と「SaaS」の2つのサービスを核として、サービスビジネスを展開しています。今後は、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現を支援する“ソリューション&サービスカンパニー”として、事業を通じた社会貢献を積極的に進めてまいります。 

発行17回目となる今回は、「サステナブルな社会のために。私たちは、変革し続けます。」というメッセージを掲げました。SDGsを踏まえ「富士通エフ・アイ・ピーが支えるサステナブル社会」を特集記事とし、これまで培った環境関連の技術を生かす新たな取り組みについて紹介しています。 今後とも、持続可能な社会の実現に向けて、より一層の社会的責任を果たしてまいりますので、ご指導とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

ダウンロード

サステナビリティ報告書2019

サステナビリティ報告書2019 PDF (3.54 MB/A4, 16 pages)