GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

事業継続基本方針

事業継続目標(基本理念)

富士通エフ・アイ・ピーは、様々なリスクに対する対応力・復旧力の向上に継続的に取り組む事により、自然災害・事故を始めとする不測の事態発生時においても重要な事業を継続し、企業としての社会的責任を遂行すると共に、お客様の求める高性能・高品質なプロダクト、サービスの安定的な供給を実現します。

リスクのイメージ画像

行動指針

上記の目標(基本理念)を実現するために、以下の行動指針を定めています。

平常時

  • 各事業において不測の事態発生時にも継続すべき重要業務と目標復旧時間を決定し、それを達成するための対策を計画的に実施します。
  • 不測の事態発生時の事業継続及び復旧のための手順書を作成し、計画的な訓練を実施します。
  • 事業環境の変化や訓練の結果を定期的に評価し、その結果に基づいた対策計画や復旧手順書の見直し、改善を継続的に実施します。

不測の事態発生時

  • 社員及び社員家族、周辺地域の人命の安全確保及び二次災害の防止を最優先事項とします。
  • 公益への貢献に配慮しながら、お客様の重要な業務継続のために必要な富士通エフ・アイ・ピーとしての活動を実施します。
  • ステークホルダに対する緊急時コミュニケーションを早期に確立し、適切な情報発信に努めます。

取り組みの概要

推進体制をはじめ設備・情報システムの安全対策や従業員の教育・訓練などについてご紹介します。

新型インフルエンザ対応

感染予防マニュアルの作成や感染疑い者の対応など、感染予防・拡大防止対策についてご紹介します。

GTM-KRVVZD