GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業継続マネジメントシステム「ISO22301」認証

事業継続マネジメントシステム「ISO22301」認証

富士通エフ・アイ・ピーは、アウトソーシングサービスの基盤となるデータセンター機能において、三大都市圏の主要データセンター7か所を対象に事業継続マネジメントシステムの国際規格である「ISO22301」を取得しています。

当社は、不測の事態発生時にも事業を継続し、お客様のシステムを停止させることなくデータセンターアウトソーシングサービスを提供できるよう、体制を構築し、継続的な改善と訓練を行っています。

2011年の東日本大震災においては、東北データセンター(仙台市)をはじめ、全国のデータセンターアウトソーシングサービスを継続的に提供することができ、お客様システムの安全かつ安定した運用に貢献しました。

そのような取り組みの中、特にお客様が多く集中する三大都市圏の主要データセンター7か所を対象に、データセンター機能を担うセンター基盤サービス(ファシリティ提供サービス、監視サービス、共通ネットワーク提供サービス)を登録活動範囲として認証を取得しました。

今後も富士通エフ・アイ・ピーは、事業継続マネジメントへの取り組みとしてさまざまな対策を実施し、事業継続能力の向上に努め、お客様システムの安定稼動を実現するデータセンターアウトソーシングサービスを提供することにより、社会インフラの安定とお客様の企業価値向上に貢献していきます。



事業継続マネジメントシステム「ISO22301」認証

登録活動範囲

センター基盤サービス

  1. ファシリティ提供サービス
  2. 監視サービス
  3. 共通ネットワーク提供サービス

登録事業者

富士通エフ・アイ・ピー株式会社 ソリューションサービスグループ

認証取得日

2013年10月25日

有効期限

2019年10月24日

関連事業所

  • 横浜港北データセンター
  • 横浜データセンター
  • 東京データセンター
  • 大阪千里データセンター
  • 中部データセンター
  • 館林データセンター
  • 明石データセンター

審査登録機関

(財)日本品質保証機構(JQA)

登録番号

JQA-BC0010

関連リンク

GTM-KRVVZD