GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 南アルプス、夜叉神峠の登山道整備に参加

南アルプス、夜叉神峠の登山道整備に参加

2019年6月3日

2019年5月25日(土)と26日(日)、芦安ファンクラブと針葉樹会(一橋大学山岳部OB会)の南アルプス、夜叉神峠周辺の登山道整備に、ボランティアとして参加しました。

今年で8年目を迎える登山道整備は、富士通山梨支店と当社から延べ9名が参加。夜叉神トンネル入口付近から、桧尾峠、高谷山、中池へ繋がる道を整備しました。日曜は安全祈願祭が芦安村の山の神で行われ、山小屋関係者の他、環境省や南アルプス市の方も参加のもと、神事に同席しました。

登山道整備は、倒木をチェーンソーで切ったり、危険な箇所はロープを掛けたり、消えかかったトラバース道をツルハシやジョレンを使って道幅を広げたり、様々な作業を行います。この二日間は5月としては記録的な猛暑でしたが、山の上は意外に涼しく、楽しく作業ができました。また、かもしかに遭遇したり、美しい山の草花を発見したり、南アルプスの豊かな自然を楽しむこともできました。

全国の登山道は、このようなボランティア活動で、整備されているそうです。南アルプスの麓に位置する当社として、地元の芦安ファンクラブに協力しながら、この登山道整備のボランティア活動を末永く継続していきたいと思います。

特定非営利活動法人 芦安ファンクラブOpen a new window


日付: 2019年6月3日