GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 「南アルプス山桜の森」自然体験会の開催

「南アルプス山桜の森」自然体験会の開催

2017年12月18日

10月21日(土)、南アルプス市との協働の森「南アルプス山桜の森」での活動を実施しました。今回は雨天のため「下草刈り」は、出来ず、「自然体験会」の開催となりました。

参加者:20名
富士通アイ・ネットワークシステムズ(株)


季節外れの台風が近づいている中、朝一で小雨の「山桜の森」へ行き、急いで集合写真の撮影を済ませました。続いて講師の先生から現在の森の様子と生息する植物のお話を聞かせて頂き、柵に絡まるツタや森の植物(葉っぱ)を採取しました。雨が強くなってきたところで森での活動を終了し会社へ向かいました。雨と時間と闘いながら柵に絡まるツタを外すのは思った以上に困難で苦労しました。

森の様子と植物のお話し

講師の大西さん(左)と戸田さん

森でのツタと葉っぱの採取

森でのツタと葉っぱの採取


森の中は、水滴がいっぱいで入れる状態ではなかったので、写真を見ながら植物のお話をしていただきました。講師は前回に引き続き南アルプス生態邑の大西さんと戸田さんです。事前に森に足を運んでくださり、専門家の目で見た森の様子をわかりやすく解説してくれました。

今回、自然体験会のために採取したツタですが、機械では刈ることが出来ない植物なので、下草刈りの時に集中して取り外すことも良い活動になるのではないかと講師に助言をいただきました。「なるほど!」なアイデアです。

ヤマザクラとモミジは大きく成長し、草にも負けていない姿が写真の奥に見えるでしょうか。

自然体験会、植物の採取

台風に備え森より上は通行止め!


会社では、森の植物を使ったリースと葉っぱスタンプのはがきを作りました。森には数種類のツタが生育していますが、参加者の中にはリース作りに適したツタを厳選採取し、クリスマスリースにも早変わりするような立派な作品に仕上げた方もいました。講師が事前に採取してくださった草花も加え、皆、素敵なリースを作ることが出来ました。

リース作り

リース作り

スタンプ台に悪戦苦闘中

皆さんの力作(葉っぱスタンプ)です


3年ぶりの雨天開催で下草刈りは出来ませんでしたが、台風接近中でも小雨となり、森へ行くことが出来、山桜の森製の小物作りに皆楽しく取り組むことが出来ました。あっという間に時間は過ぎ、バーベキュー場で楽しく昼食をとり、次回は晴れますようにと願いながら、10回目の山桜の森活動を終了しました。

日付: 2017年12月18日