GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 「南アルプス山桜の森」下草刈り・秋の森調査体験会の開催

「南アルプス山桜の森」下草刈り・秋の森調査体験会の開催

2017年2月9日

2016年10月28日(土曜日)、南アルプス市との協働の森「南アルプス山桜の森」で下草刈り活動と森の調査体験会を開催しました。

春に引き続き調査体験会ということで、「山桜の森」に生育している植物の花や種を実際に見て、採取しました。種は必要になった時のために乾燥させて保存します。森の植物の外来種、在来種もあらためて確認し、草刈りを行いました。

参加者:21名
富士通(株)山梨支店・富士通アイ・ネットワークシステムズ(株)


今回は、南アルプス市の方々が参加できず、富士通グループのみでの活動になりました。FINET)山口環境施設管理部長のあいさつではじまり、集合写真の撮影を済ませ、森の調査体験会へと進みました。

朝の会

調査体験会の事前説明

森の調査体験会

森の調査体験会


森の調査体験会は、いつものように2班に分かれて行いました。講師は、南アルプス生態邑(むら)より鹿の専門家大西さんとコウモリやムササビなどの研究を行っている戸田さんにお越し頂きました。お二人とも観察会の講師をたくさんされている方々なので、植物や鳥にも詳しく、楽しくてためになるお話を聞くことが出来ました。

4回目の秋を迎えた山桜の森では、下草の中に降り立つ野鳥を見ることができました。この時期ならではの背高の草が生い茂っているのでこんな姿も見られるそうです。又、鹿など野生動物の食害にあった時のために種を採取しました(フシグロ・コシオガマ・アヤメなど)。乾燥に失敗してしまったので、来年も同じ植物の種を採りたいのですが森の成長は著しくかなり不安です。

下草の中にひっそりとうずくまる
野鳥を発見しました

植樹した「モミジ」
小さいながらしっかり紅葉しています


4年前に植樹した山桜やモミジも力強く成長しています。春よりも1mくらい大きくなった山桜もあり、細いながら3mを超えた樹もありました。夏の間の成長に驚き、また来年への成長を願い、下草刈りをがんばりました。

ドローンで上空から撮影

3m越えのヤマザクラ、わかりますか


前日の降雨で活動が危ぶまれましたが、曇り空ながら活動するにはちょうどよい天候となりました。お昼には場所を移してバーベキューのお肉で空腹を満たして、2016年度秋の山桜の森での活動を終了しました。(昼食時間が一番寒かったです・・・)

日付: 2017年2月9日