GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 「南アルプス山桜の森」下草刈り・春の森調査体験会の開催

「南アルプス山桜の森」下草刈り・春の森調査体験会の開催

2016年6月13日

5月28日(土)、南アルプス市との協働の森「南アルプス山桜の森」で下草刈り活動と森の調査体験会を開催しました。

今回は調査体験会ということで、「山桜の森」で開花している花・成長している植物について実際に見た様子や講師の説明などを調査記録表に書きとめ、森の植物をあらためて確認した後に草刈りを行いました。

参加者:32名
南アルプス市役所・高尾山財産区
富士通(株)山梨支店・富士通アイ・ネットワークシステムズ(株)


朝の会は、FINET)山口環境施設管理部長のあいさつではじまり、高尾山財産区委員代表の斉藤様、南アルプス市役所農林商工部みどり自然課課長)森本様からご挨拶をいただきました。記念写真の撮影を済ませ、森の調査体験会へと進みました。

朝の会直前

調査体験会の事前説明

森の調査体験会 【大西班】

森の調査体験会 【松本班】


森の調査体験会は、2班に分かれて行いました。講師は、南アルプス生態邑より鹿の専門家大西さんと庭師の経験もあり鳥に詳しい松本さんにお越し頂きました。お二人とも自然が大好きでとても詳しい方々なので、楽しくてためになるお話を聞くことが出来ました。

4年目の春を迎えた山桜の森ですが、まだ大きな木が無いので日光が大好きな草花が生息しています。「コゴメウツギ」「キオン」「ヤマハタザオ」「ジシバリ」「シロツメグサ」等、見たことの有るもの無いもの様々です。多くの草花と共に、私たちの山桜やモミジも力強く成長してきました。今回、一番驚いたのは「アヤメ」が咲いていたことです。自然の中で育つアヤメは今、とても貴重なのだそうです。アヤメ畑に育ってくれたら素敵ですね。

「コゴメウツギ」
小さなお米を付けているようです

誰もが知っている「アヤメ」
乾燥した山の草地に自生します


この半年の間に山桜とモミジはますます成長し、しっかりしてきました。大きく伸びる草たちに負けずに頑張っている姿を見ると自然と草刈りにも力が入ります。皆、汗を流しながら大いに頑張りました。中でも看板付近はとてもきれいになりました。

たくさんの葉がついているモミジ

2mを越えた高さのヤマザクラ


活動するには少し暑いくらいの天候でしたが、濃い緑に包まれた山桜の森の中で気持ちよく下草刈りを終えることができました。お昼は場所を移して山菜天ぷらそばで心と体を癒し、2016年度春の山桜の森での活動を終了しました。

日付: 2016年6月13日