スーパーコンピュータ「富岳」向け基板製造でJIEPおよびJPCAより表彰

2021年6月10日

 当社はこのたび、「プリント配線板製造技術(スーパーコンピュータ「富岳」用プリント配線板の製造)」で、一般社団法人 エレクトロニクス実装学会(JIEP)より、マイスター賞を受賞しました。これは、一般社団法人 日本電子回路工業会(JPCA) 第4回ものづくり大賞における準大賞に続く本年2回目の受賞となります。
 当社はこれからもプリント基板の製造を通じて、豊かで持続可能な高度情報ネットワーク社会の実現に貢献してまいります。

2020年度 マイスター賞/一般社団法人 エレクトロニクス実装学会

 ・受賞者  :製造グループ 滝澤 俊太郎
 ・受賞テーマ:プリント配線板製造技術(スーパーコンピュータ「富岳」用プリント配線板の製造)
 ・賞概要  :熟練した技量または卓越した技術により、エレクトロニクス実装技術の発展に貢献した者を表彰

 エレクトロニクス実装学会 2020年度表彰者紹介
 https://web.jiep.or.jp/about/winners/2020winners.pdf

第4回 JPCA ものづくり大賞 準大賞/一般社団法人 日本電子回路工業会

 ・受賞者  :長野本社 高多層基板製造工場
 ・受賞テーマ:スーパーコンピュータ「富岳」用基板の製造
 ・賞概要  :生産性№1を目指すべく、生産革新活動、ものづくりプロセス改革、生産性向上など、ダントツものづくりへの取り組みで優れた事例を表彰

 日本電子回路工業会 JPCAものづくりアカデミー
 https://jpca.jp/jpcaacademy/

受賞写真