女性の活躍推進



2016年4月1日
富士通インターコネクトテクノロジーズ株式会社

女性活躍推進に関する行動計画書


 女性の活躍推進と、従業員の仕事と子育ての両立を引き続き支援すると共に、従業員全員が、自らの能力を十分に発揮しながら、心身共に健康に、かついきいきと働くことができるよう、次の通り行動計画を策定する。

1. 計画期間

 2016年4月1日から2020年3月31日までの4年間

2. 目標と取組内容・実施時期

目標1:女性従業員の採用割合を毎年50%程度とする。

取組内容
  • 2016年04月:技術系の女性の応募を増やすため、学生向けパンフレットの内容を見直し改定する。
  • 2016年05月:女性が活躍できる職場であることについての求職者に向けた広報活動。
  • 2016年06月:新卒採用者向けサイトへのホームページ掲載による周知。
  • 2016年07月:新卒、中途採用における女性比率向上。特に事務系スタッフ、エンジニアの採用を増やす。

目標2:女性の管理職を計画期間内に1名以上登用する。

取組内容
  • 2016年09月:能力・意識が十分な候補者に対して、ポジティブアクションプログラムを実施する。
  • 2016年10月:従業員への周知。

目標3:年次休暇取得日数を一人当たり12日を必須とする。

取組内容
  • 2016年05月:年次休暇取得12日必須の通知。仕事と生活・プライベートの両立支援と、年次休暇の取得促進の観点から、年次休暇のうち年1日の取得を必須として導入済のワーク・ライフ・バランス休暇を、更に浸透させる。
  • 2016年06月:安全衛生防災委員会等の定例会議にて毎月周知。
  • 2016年11月:年次休暇取得状況について通知。12日取得にむけて再周知。

目標4:計画期間内に男性従業員の育児休職取得1名以上。

取組内容
  • 2016年08月:男性も育児休職を取得できることの広報を含め、育児に関する制度全般の職場理解浸透に向けた研修内容企画。
  • 2016年11月:講師手配、教材準備。
  • 2017年01月~02月:幹部社員を対象としたワーク・ライフ・バランス研修の企画・実施。女性の活躍推進、育児中の従業員のマネジメントを行う管理職の意識向上も含める。

3. 情報の公開(2016年3月現在)

(1) 男女の平均勤続年数の差異

エンジニア/スタッフ オペレータ
男性 10.1年 9.8年 10.0年
女性 9.6年 10.4年 10.1年
女性 - 男性 -0.5年 0.6年 0.1年


(2) 各月ごとの平均残業時間の状況 (単位:時間)

2015年10月 2015年11月 2015年12月 2016年1月 2016年2月 2016年3月
男性 23.9 26.3 27.8 24.7 25.3 22.4
女性 15.3 19.8 19.3 14.4 21.9 16.6
22.1 24.9 26.0 22.5 24.6 21.2
男女差 8.5 6.5 8.5 10.3 3.4 5.7

以上

採用情報に関するお問い合わせ

下記までお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

E-mailでのお問い合わせ



fict-recruit@cs.jp.fujitsu.com