工事現場災害事例と対策 DVD 2- 日揮社内で使用している安全対策教材

概要

日揮株式会社(以下JGC)では、国内建設工事/シャットダウンメンテナンス工事の現場で過去に発生した 災害事例を現場の社内安全教育資料として製作しました。コンピューターグラフィック(動画)にて再現し、約40分のDVDに収め一般向けに販売いたします。JGCの安全管理部門が社内向けに製作し、実際にJGC及び関連会社員が日々利用している教材です。災害事例を確認することは、類似災害の防止はもとより安全意識の高揚として大きな教育効果が期待できます。

内容

先に作成したDVD「災害事例集1」に引き続き、安全教育資料をさらに充実したものにするために、同様な動画(CG)により、「災害事例集1」以外の「事故の型」を取り入れた、「災害事例集2」を制作しました。「災害事例集2」は、国内はもとより海外のプラント建設現場にて、近年発生した重大災害を含め、発生状況、災害に至った原因を紹介するとともに、安全対策では、安全教育の目的から労働安全衛生法規に沿って、講ずべき安全対策を解りやすく解説しています。

       


クレーン車転倒/物損

製油所内既設装置にて最大に張り出していたアウトリガーの1箇所が沈み始め、クレーン車が傾いて転倒



飛来・落下

同僚と架構の階段を移動し、最上部のグレーチングに乗った際、グレーチングが外れて落下、その下を移動していた被災者の頭部を直撃し、ヘルメットは飛ばされて負傷



サイトグラス破裂

機器に蒸気によるリークチェック中にサイトグラスが突然破裂し、前を歩行していた監督者が被災した



感電

送電線下で、クレーンを使用しプレキャスト基礎を据付中、置決めのために荷を降ろした際、荷に触れた瞬間、高圧電流が流れて感電



酸素欠乏

ステンレス管の突合せ溶接作業で、アルゴンガスを管内に送り続けていたが漏れ出した。作業者は管の内部を点検中に入ったが出てこない同僚を心配し、自分も管内に入って行った



激突され

トラックのバッテリーを交換し、同僚にエンジンの始動した時、車が急発進して、被災者は車と附近の足場に挟まり死亡。国内では考えられない事例



有機溶剤による引火

配管内部を吹きつけ塗装中、有機溶剤による可燃性ガス充満して、照明器の熱で発火し火傷を負った



フランジからのオイル漏れにより火災

運転中の既設装置内で配管工事のため、グラインダー掛けにより火花が落下、その附近ではフランジの隙間からオイルが漏れて引火、火災となった



土砂倒壊

作業者は掘削底部で仕上げ作業中に、附近を工事車両が通過した時、振動により法面が崩れ、土砂が瞬時に作業者の首から下を呑込み、胸部圧迫により死亡



爆発

空のドラム缶をグラインダーで半割りにしようと、砥石をあてた直後、爆発してフタが飛び附近にいた同僚の両足を直撃して骨折



導入実績

建設業・エンジニアリング業・石油精製業・製造業等

収録時間

39分21秒

価格

標準価格 50,000円(税抜)

工事現場災害事例と対策 DVDに関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ