GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 採用情報 >
  3. 新卒募集要項(2021年度)

新卒募集要項(2021年度)

募集職種

  • システムエンジニア
    • システムコンサルティング
    • システム開発
    • システム運用サポート

採用データ

給与
2019年度実績
大卒:220,000円
大学院(修士了):234,500円
諸手当
資格取得一時金
リフレッシュ休暇補助、通勤交通費、独身寮補助
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(7月、12月)
勤務地 本社/横浜市西区みなとみらい
勤務時間 フレックスタイム制
コアタイム 10:00-15:00 標準労働時間 8時間
休日・休暇
完全週休2日制(土曜日、日曜日)、祝日、年末年始、創立記念日/年間休日129日(2019年度)、年次有給休暇(初年度10日、最高20日)、特別休暇、積立休暇、特別休日、リフレッシュ休暇(取得に一定要件あり)
保険
社会保険
厚生年金保険、雇用保険、労災保険、健康保険
生命保険/損害保険
グループ保険、職域団体生命保険、職域団体損害保険(自動車保険など)
福利厚生
制度
財形貯蓄(一般財形、住宅財形、年金財形)
財形持家融資
退職金
慶弔見舞金(結婚祝金、出産祝金、死亡弔慰金、災害見舞金、傷病見舞金)
施設
独身寮(横浜市内)
ベネフィットワン(福利厚生全般法人会員)
※情報処理、および語学の資格取得バックアップあります。
教育制度
1.階層別研修
(1)新入社員研修/入社後約3カ月間
(2)中堅社員研修
(3)幹部社員研修
2.技術教育研修
(1)社内教育講座
(2)社外講習会
3.語学研修・通信教育
募集学科
全学部全学科
採用実績校
青山学院大学、茨城大学、岩手県立大学、桜美林大学、大妻女子大学、お茶の水女子大学、香川大学、神奈川大学、学習院大学、北里大学、九州工業大学、慶應義塾大学、国学院大学、埼玉大学、静岡大学、芝浦工業大学、島根大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、都留文科大学、電気通信大学、東海大学、東京海洋大学、東京工業大学、東京女子大学、東京都市大学、東京農業大学、東京農工大学、東京薬科大学、東京理科大学、東北学院大学、東北大学、東洋英和女学院大学、徳島大学、富山大学、日本大学、福井大学、文教大学、法政大学、北海道大学、明治大学、山形大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、早稲田大学、他(50音順)
提出書類
履歴書(写真貼付)
成績証明書
卒業見込証明書
選考方法
面接などを通して、人物重視での選考を行います。
会社説明会参加・適性検査(WEB)→ 1次面接→ 2次面接 → 最終面接 → 内々定
応募資格
2021年3月大学卒業、もしくは大学院修了見込みの方
採用方針
学部・学科にとらわれることなく、SEに必要とされるセンス・資質(本質的な問題をとらえる直観力、好奇心と柔軟な発想力、また、プロフェッショナルとしての技術力だけでなくコミュニケーション能力や豊かなパーソナリティ)を持ち合わせている、あるいは近い将来身につけることが期待できる人材を採用したいと考えています。

会社説明会・インターンシップのエントリー方法

リクナビより確認ください。

インターンシップ

リクナビ2021Open a new windowよりエントリーしてください。

rekunabi2021bannerOpen a new window

連絡先・アクセス方法

連絡先

〒220-0012
横浜市西区みなとみらい3-6-3(アクセスマップ
MMパークビル15F
担当 : 管理本部 人事総務部 採用担当
電話 : 045-345-7001 (直通)

交通機関

みなとみらい線みなとみらい駅下車、4番出口から徒歩1分

リフレッシュ休暇制度

「リフレッシュ休暇制度」は、勤続年数満5年以上で、一定要件を満たしていれば、誰でも取得できます。土日や祝祭日と合わせれば、最長2週間程度の連続休暇を取得することが可能です。 旅行にでかけたり、資格取得のための勉強など自己研鑽に励む人もいます。また、リフレッシュ休暇取得時には、会社から補助金も出ます。

私たちのカジュアルデイ制度

「カジュアル(ウェア)デイ」制度は、独創性を重んじる米国西海岸のコンピュータソフト会社の社員が比較的ラフな服装で通勤していたのが始まりとされており、米国では急速に普及し、すでに全企業の70~80%が実施しているとも言われています。当社では、平成7年の8月から「カジュアルデイ」制度を導入しました。まだ、日本では「カジュアルフライデイ」などと言われ、金曜日だけ「カジュアルデイ」と定めている企業が大半ですが、当社では毎日を「カジュアルデイ」としています。「カジュアルデイ」導入のねらいは、「服装を自由にすることによって仕事にも個性と自由な発想を発揮できるようにすること」です。FETECでは、常に私たち自身がその持てる能力と実力を最大限に発揮出来るよう、新しい施策導入に積極的に取り組んでいます。