GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FAQ よくあるご質問

未対応の仕様追加やカスタマイズなどのご相談もお受けします。

Arcmanager   FAQ

32ビット環境/64ビット環境への適合情報 (58 KB)

(1) 共通内容

  1. 扱えるファイルサイズの制限はありますか
  2. LHA/Zip との互換性は
  3. パスワードは大文字小文字の区別がありますか
  4. タイムスタンプが秒単位で異なる場合がありますか
  5. うるう年 および うるう秒の問題はありますか

(2) 自己復元に関する内容

  1. 自己復元(解凍)後に指定したプログラムを起動できますか
  2. 自己復元(解凍)プログラムのサイズは
  3. 自己復元(解凍)プログラムで復元先ディレクトリを指定できますか
  4. 電子署名に対応していますか

(3) GUI 製品に関する内容

  1. GUI 製品の 「開く」 で復元先ディレクトリのデフォルトを変更できますか

(4) Console 製品に関する内容

  1. Console製品のエラー番号一覧は

(5) DLL 製品に関する内容

  1. VB.NET で使用できますか
  2. マルチスレッドに対応していますか

(1) 共通内容

Q(1)-1 扱えるファイルサイズの制限はありますか
A(1)-1 あります。
DLL 製品, SO 製品, Console 製品 : 4,294,967,295バイト(4Gバイト-1)
GUI 製品 : 2,147,483,647バイト(2Gバイト-1)
自己復元プログラム : OSによる制限があります(約3.5Gバイト)

上記は、書庫ファイル全体のファイルサイズです。
製品を混在してご使用になる場合は、数値の低い方がご使用状況におけるサイズ制限となります。
例 : DLL 製品とGUI 製品をご使用で、双方で同じ書庫ファイルを処理する場合は、GUI 製品の制限サイズとなります。
Q(1)-2 LHA/Zip との互換性は
A(1)-2 ありません。
Q(1)-3 パスワードは大文字小文字の区別がありますか
A(1)-3 英字のパスワードの仕様
Windows GUI 製品、Solaris Console 製品 : 大文字小文字を 区別しません。
Windows Console 製品、DLL 製品、Solaris SO 製品 : 大文字小文字を区別します。
Q(1)-4 タイムスタンプが秒単位で異なる場合がありますか
A(1)-4 書庫ファイルに記録できる時間は、1970年1月1日0時0分0秒(UTC)を基準として経過秒数を表した32ビットの値です。
記録や設定ができない時間を扱う時は、1980年1月1日0時0分0秒(UTC)とします。

なお、下記の場合に、ディスク上のタイムスタンプや書庫内に記録されているタイムスタンプと違う値が設定される事があります。

(1)
1980年1月1日0時0分0秒(UTC)以前のタイムスタンプを持つファイルを扱う場合は、1980年1月1日0時0分0秒(UTC)として扱います。

(2)
GUI 製品および旧DLL 製品(V04L11)は、異なるファイルシステム間でファイルをコピーした時にタイムスタンプがずれる場合があります。
例 : NTFS→FAT 間の場合
書庫ファイル内でタイムスタンプが奇数秒になっているファイルをFATファイルシステムへ復元した場合は、1 秒切り上げられます。ただし、改版後のDLL 製品(V05L01 以降)およびConsole 製品は切り上げられることはありません。
Q(1)-5 うるう年 および うるう秒の問題はありますか
A(1)-5 特に問題ありません。

(2) 自己復元に関する内容

Q(2)-1 自己復元(解凍)後に指定したプログラムを起動できますか
A(2)-1 できません。
Q(2)-2 自己復元(解凍)プログラムのサイズは
A(2)-2 DLL 製品で約24KB (32ビット書庫) です。
Q(2)-3 自己復元 (解凍) プログラムで復元先ディレクトリを指定できますか
A(2)-3 できません。
Q(2)-4 電子署名に対応していますか
A(2)-4 対応していません。

(3) GUI 製品に関する内容

Q(3)-1 GUI 製品の 「開く」 で復元先ディレクトリのデフォルトを変更できますか
A(3)-1 できます。
[スタートメニュー] - [プログラム] - [Arcmanager] 内のArcmanager へのショートカットのプロパティ (マウスの右クリック) を表示させ、作業フォルダを変更してください。

(4) Console 製品に関する内容

Q(4)-1 Console 製品のエラー番号一覧は
A(4)-1 ユーザーズマニュアルの 「エラーリファレンス」 を参照ください。

(5) DLL 製品に関する内容

Q(5)-1 VB.NET で使用できますか
A(5)-1 できます。
Q(5)-2 マルチスレッドに対応していますか
A(5)-2 対応していません。

ファイル分割ツール Fdtool FAQ

Q-1 Windows の 「送る」 でファイル名を受け取る方法は
A-1 バッチファイルで実現する方法があります。
fdtool.bat の内容 fdtool.exe -f%1
このバッチファイルを fdtool.exe と同じフォルダに作成し、SendTo にこのバッチファイルを登録する ことにより可能です。
fdtool.bat を一度実行することにより fdtool.pif ファイルができますので、pif の設定で実行終了時に ウィンドウを閉じるように設定することをお勧めします。
Q-2 フロッピィディスクの書き込みまたは読み込み時にエラーが発生
A-2 フロッピィディスクが破損している可能性があります。
エラーが発生したフロッピィディスクに対してスキャンディスク ( 「完全」 でチェック) で調べてください。