GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. お知らせ >
  4. Ambiq Micro社と富士通エレクトロニクスが販売特約店契約を締結

PRESS RELEASE [製品]

2016年7月26日
富士通エレクトロニクス株式会社

Ambiq Micro社と富士通エレクトロニクスが販売特約店契約を締結

    米国Ambiq Micro,Inc.注1と富士通エレクトロニクス株式会社注2は、業界一の低消費電力を誇るAmbiq Micro,Inc.のARM Cortex-M4F搭載のマイクロコントローラー(以下、「Apollo MCU」)と、リアルタイムクロック(以下、RTC)に関する販売特約店契約(日本、アジア、ヨーロッパ)を締結しました。

   Ambiq Micro,Inc.(以下、Ambiq Micro)の「Apollo MCU」は、従来の課題である動作電流とスタンバイ電流 双方の低消費電力化の両立を実現し、業界一注3となる動作電流34マイクロアンペア/メガヘルツ、スリープモード時では150ナノアンペア(以下、nA)以下の電流値を達成しています。
   本製品は、Ambiq Micro独自の特許技術SPOT™注4プラットフォームを使用することで、IoTやウェアラブル・デバイスなど低消費電力を重視するアプリケーションにおいて、省エネルギーやバッテリーの長寿命化を実現することができます。

   また、「RTC」は、SPOTプラットフォームを使用した最初のIC製品であり、他社類似製品よりもはるかに低い最少14nAの消費電流を実現しています。
   より低消費なシステムパワー要求に対応したタイミング管理とパワー管理機能を有しており、最長のバッテリーライフが要求されるアプリケーションに最適です。

   Ambiq Microの「Apollo MCU」と「RTC」を採用することにより、最終製品のバッテリー小型化を図ることができ、製品設計において革新的なデザイン考案にも貢献します。

【Ambiq Micro社紹介サイト】

URL: http://www.fujitsu.com/jp/group/fei/services/maker/ambiq/index.html

【Ambiq Micro,Incについて】

    Ambiq Microは、「未来のエレクトロニクスの鍵となるのは超低消費電力である」という、シンプルだが確固たる考えに基づき、2010年に設立されました。先進的な超低消費電力テクノロジーの活用により製品の総消費電力を削減する、他社とは違う柔軟な設計開発を支援します。
    Ambiq Microが開発した独自の特許技術SPOTプラットフォームをベースとする革新的なテクノロジーを使用することで、他社をはるかに下回る半導体消費電力の劇的な削減を実現しています。消費電力を重要視するアプリケーションにおいて理想的なソリューションです。

【Ambiq Micro,Inc.CEO 江坂文秀のコメント】

    IoTは、今後のデジタル社会を支えるコンシューマー機器の発展に大きな可能性をもたらす象徴です。 富士通エレクトロニクスとAmbiq Micro社によるIoT市場のデジタル革新は、ウェアラブルなどのコンシューマー機器の価値を最大限にします。富士通エレクトロニクスと販売代理店のパートナーシップを結ぶことで、デジタル社会の革新に貢献できることを嬉しく思います。

【富士通エレクトロニクス株式会社について】

    富士通エレクトロニクスは、常に新たなご要求に対応するため、富士通グループ製品・サービスに加え、世界中の特徴ある製品を、ワンストップでご提供するグローバルディストリビューターです。
    長年蓄積してきたデバイス設計・提案力を活かしたソリューションを世界中のパートナー企業との連携により実現し、お客様の成功に貢献してまいります。


出荷時期

    「Apollo MCU」および「RTC」は、量産向けの出荷を開始しています。

商標について

    記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1 Ambiq Micro,Inc.:
本社:米国テキサス州オースティン、CEO &President:江坂 文秀
注2 富士通エレクトロニクス株式会社:
本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:柏木 茂雄
注3 業界一の低消費電力:
電力効率の指針であるEEMBC UPLBench™のベンチマーク結果(2016年3月15日)において、 「Apollo MCU」は、エネルギー消費量が他社比半分以下のMCUとして公表されています。
注4 Ambiq Microの特許技術SPOT™(Subthreshold Power Optimized Technology):
閾値を下げ、内部動作電圧を極限まで落とすことで消費電力を最小化する独自技術です。

プレスリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。