GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス >  チャネルリンク装置(SCL4)導入支援サービス

チャネルリンク装置(SCL4)導入支援サービス

SCL4とは

ホスト(GS/PRIMEFORCE)と周辺装置は、BMC接続で100m程度、OCLINK接続で数Km以内で設置する必要があります。
SCL4(Serial Channel Link4)は、ホストと周辺装置(プリンタ装置、磁気テープ装置、コンソールアダプター装置)の運用を変えることなく、最大2000km離れた場所に設置することを可能とするために、I/Oインターフェース技術とネットワーク技術を融合した装置です。
SCL4を使用する事により、ホストと周辺装置を最大2000Km離れた拠点に配置する事が可能となります。

イメージ図

用語の説明

用語の一覧
SCL4-C
(Serial Channel Link4-Center)
センター側へ設置するチャネル延長装置
SCL4-S
(Serial Channel Link4-Station)
リモートステーション側へ設置するチャネル延長装置
GSシリーズ 富士通(株)のメインフレームの1シリーズであるグローバルサーバ(大型汎用機)製品
PRIMEFORCE(プライムフォース) グローバルサーバとPCサーバやUNIXサーバなどを同一筐体に搭載して一体化したマルチサーバ
Systemwalker Network Assist GEE GEE ネットワーク機器の管理・監視を行うWebベースの管理ソフトウェア
広域イーサネット 従来はLAN用として開発されたイーサネット技術を遠隔地を結ぶWANに応用したネットワーク接続サービスの名称
GTM-5K47P6