GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2018年 >
  4. クラウドとエッジの連携で成長する組込み専用のAI基盤

プレスリリース

2018年9月18日
株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ

~クラウドとエッジの連携で成長する組込み専用のAI基盤~
Sensing Network Cognitive SDK Powered by Zinrai

株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ(代表取締役社長:福元 芳朗、本社:川崎市中原区上小田中4-1-1)は、組込み向けAI関連製品の開発者向けに、組込み専用AI基盤「Sensing Network Cognitive SDK」を10月18日より販売開始します。

「Sensing Network Cognitive SDK」は、FUJITSU Human Centric AI Zinraiによる学習とエッジ端末での推論を連携させ、学習→推論→再学習を繰り返すことで、機器を変更することなく成長可能なAI基盤を提供します。

また、複数の異なる種類のエッジ端末に対応可能な「遠隔管理機能」により、学習済データの配信から適用までを管理し、AI基盤の運用・保守を飛躍的に効率化できます。

「Sensing Network Cognitive SDK」は、従来クラウドAIでの課題(オフライン時動作やリアルタイム性等)とエッジAIでの課題(安定した推論性能や省電力化など)を解決します。

FUJITSU Human Centric AI Zinrai

商品の特長

  • 学習環境、エッジ端末遠隔管理、FPGAの推論回路および、これらの導入から運用までの支援を含めたソリューションサービスを提供します。
  • 学習→推論→再学習を繰り返すことにより、より精度の高い学習済モデルに成長させることができます。

Sensing Network Cognitive SDKとその運用イメージSensing Network Cognitive SDKとその運用イメージ

お客様工程とサービス

お客様工程

お客様工程とサービス

「Sensing Network Cognitive SDK」は、図中にある5つのサービスと、Sensing Network OTA(別商品)で構成されています。

サービス

お客様に合わせて、それぞれのサービス内容を最適化して提供します。

サービス 説明
FPGA実装コンサルティング 推論回路の規模や速度見積り、FPGA選定を支援します。
PoCサービス お客様に代わり、リファレンス環境で性能や回路規模の数値データを採取し、取得した数値データを提供します。
FPGAコンバートサービス 学習済ニューラルネットワークモデルから、ターゲットデバイスに対するFPGA回路データと推論ニューラルネットワークモデルデータを作成します。
FPGA推論モデルデータアップデート お客様の「運用テスト~運用」フェーズをターゲットに、推論ニューラルネットワークモデルデータのアップデートを支援します。
リファレンスプラットホーム
カスタマイズサービス
リファレンスプラットホームをお客様のターゲットデバイス用にカスタマイズをします。

利用シーン例「画像認識エンジンや監視アプリケーションのFPGA化」

画像認識エンジンのFPGA化

画像認識エンジンのFPGA化

カメラからの入力映像と学習済モデルの照合をFPGA化することで、オブジェクト認識を行う画像認識エンジンとして使用できます。

例えばデジタルサイネージに組込み、年齢や性別を画像認識エンジンで識別し、その層にあった広告を表示するアプリケーションを作成することができます。
画像エンジンの認識精度は、デジタルサイネージを見るごとに向上し、より的確な広告を表示するようになります。

監視アプリケーション

監視アプリケーション

カメラに不審者を識別する画像エンジンをFPGA化して搭載することでリアルタイムに監視し、通報可能な防犯システムを作成することができます。
また、不審者として通報しなくても良いものは、再学習することで精度が向上します。

関連ホームページ

製品・サービスに関するお問い合わせ

商品の詳細や価格については以下のページよりお問い合わせください。

製品・サービスに関するお問い合わせ


プレスリリースに記載された商品の内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


GTM-5K47P6